ひとくちlw´‐ _‐ノvくりぃむ

ブーン系作品まとめブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

o川*゚ー゚)oは欝陶しいようです 2/2

45:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/01/27(水) 00:01:36.45 ID:S4Y9FaND0
キーンコーンカーンコーン…

(lll・∀・)「…やっと…昼休みか…」

(;^ω^)「だ、大丈夫かおモララー?大分やつれたみたいだけどお…殴り疲れかお?」

(lll・∀・)「ああ…まぁ…それもあるけど…単純に…あれの相手疲れる…」

( ^ω^)「でも弁当持参だったみたいだし、学食までは来ないはずだお。それに今須尚さんはお腹痛いって保健室行ってるし」

( ・∀・)「…だね。帰ってくる前にさっさと行こ」

ガラッ

o川*゚ー゚)o「たっだいまー☆」

( ・∀・)

o川*゚ー゚)o「なんかぁー、お腹痛いの気のせいだったみたいー☆キューちゃんうっかり!」

o川*゚σ゚)o「てへ!」

( ・∀・)

47:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/01/27(水) 00:07:14.20 ID:S4Y9FaND0
o川*゚ー゚)o「しかもしかも聞いてよ!保健の先生に『どっか悪いところありますか?』って言ったらね!」

o川*゚ー゚)o「『頭がすげー悪い』だって!マジウケるよね!略してマ!マ!」

( ・∀・)

( ^ω^)

( ^ω^)b「ドンマイ!!じゃ!!」

タタタタタ…

( ・∀・)「逃げおった…」

o川*゚ー゚)o「ってあれー?茂羅くん立ち尽くしてどしたのー?あ、私を見てロマンティックが止まらな」


                   _ _     .'  , ..
             _ - ― = ̄  ̄`:, .∴ '      )д゚川o 「しなあぱっ!!」
         , -'' ̄    __――=', ・,‘ r⌒>  _/ /
        /   -―  ̄ ̄   ̄"'" .   ’ | y'⌒  ⌒i
       /   ノ                 |  /  ノ |
      /  , イ )                 , ー'  /´ヾ_ノ
      /   _, \               / ,  ノ
      |  / \  `、            / / /
      j  /  ヽ  |           / / ,'
    / ノ   {  |          /  /|  |
   / /     | (_         !、_/ /   〉
  `、_〉      ー‐‐`            |_/

50:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/01/27(水) 00:11:22.77 ID:S4Y9FaND0
o川(#)ー゚)o「う、受け取った!!茂羅くんの慕情受け取ったよ!!」

( ・∀・)「うっせ!そんなもん込めてねぇ!」

o川(#)ー゚)o「照れるな照れるな♪うりうり!」

(#・∀・)「WRYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYY!!!!!」 ムダムダムダムダムダ

o川(#)д゚)o「GYAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAA!!!!!」

52:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/01/27(水) 00:17:37.56 ID:S4Y9FaND0
~学食~

( ・∀・) モグモグ

o川*´ー`)o「んはー…おいっしー♪お手製のお弁当おいしー!私お手製のお弁当おいしー!」

( ・∀・) モグモグ

o川*゚ー゚)o「ほら見て!この芋けんぴ!このイロツヤ、芸術!これもはや芸術だよ!」

( ・∀・) モグモグ

o川*゚ー゚)o「さらにこっちも芋けんぴ!アメージングな出来だよ!海原雄山も驚きだね!」

( ・∀・) モグモグ

o川*゚ー゚)o「そしてそしてー…これが芋けんぴ!!出た!!定番の芋けんぴ!!男の子もイチコロ!!」

( ・∀・) モグモグ

o川*゚ー゚)o

o川*;д;)o「う…うえぇ…間違えて弁当箱に芋けんぴ詰めて来ちゃったよぉ…ご飯欲しいよぉ…」

54:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/01/27(水) 00:23:46.24 ID:S4Y9FaND0
( ・∀・) モグモグ

o川*ぅд;)o「ぐすっ…茂羅くぅん…芋けんぴとご飯交換してよぉ…空豆でもいいよぉ…」

( ・∀・)「嫌」

o川*;д;)o「じゃ、じゃあ…きんぴr( ・∀・)「嫌」

o川*;д;)o

o川*;д;)o「塩焼きシャk( ・∀・)「嫌」

o川*;д;)o「エビフr( ・∀・)「嫌」

o川*;д;)o「トリュh( ・∀・)「嫌」

( ・∀・)「っていうかねぇよ!トリュフねぇよ!よく見ろ!」

o川*;д;)o「あるもーん!!私には見えるの!!トリュフ様が茂羅くんのお皿に鎮座なさっているのが見えるの!!」

( ・∀・)「ねぇよ!あとなんでだんだんおかずグレードアップしてんだよ!バカじゃねぇの!芋けんぴバカ!」

o川*゚ー゚)o「い…芋けんぴバカだって…わ、笑わさないでよ…」

( ・∀・)「なんで笑うんだよ!ちくしょう!学食じゃなかったらフルスイングなのに!」

56:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/01/27(水) 00:30:38.36 ID:S4Y9FaND0
o川*゚ー゚)o「…なーんてじゃれあいつつ…そこだっ!!」


           (・∀・ ) そ
 オラシャー!!     つ= と
o川*゚ー゚)つ= [ Aテイショク ]


      (・∀・ ) ヨイショ
      と    ミ
 グサッ!! ∥そ
o川*゚ー゚)つ= [ Aテイショク ]


      ∥
o川;゚д゚)つ「ぎゃあああああ!!箸!!箸!!刺さった!!」

( ・∀・)「割り箸持ってこよ…」

58:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/01/27(水) 00:35:26.69 ID:S4Y9FaND0
スタスタ…

( ・∀・)「…はぁ…あ、割り箸一膳ください」

スタスタ…

      ∥
o川*゚д゚)つ「おいしー!!A定食おいしー!!この空豆と…何!?これ何!?この茶色いの何!?」

( ・∀・)

( ・∀・)「それ芋けんぴ」

      ∥
o川*゚д゚)つ「そう!それ!って芋けんぴは私のだよ!キューちゃんうっかり!」

      ∥
o川*゚σ゚)つ「てへ!」

( ・∀・)

60:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/01/27(水) 00:37:58.74 ID:S4Y9FaND0


      /!/{  / ヾ--r
   _  /     ̄    <_
 _>`´ ※キュート __<_
  >    r‐'" ̄ ̄ ノ ̄ ̄`ヽ、―ニ 二
/ ,    |  `ヽ/ ´`ヽ _  三,:三ー二
 ̄/    |   ノヽ--/ ̄ ,    ` ̄ ̄ ̄
 / /⌒ヽ,|  ミ }  ...|  /!
 レ l d     _}`ー‐し'ゝL _
  | ヽ、_,   _,:ヘr--‐‐'´}    ;ー------
  |/|  \   ノ`ヾ:::-‐'ーr‐'"==-
    ヽ/l/|` ー------r‐'"    ̄ ̄
      |└-- 、__/`\-:、
     __,ゝ,,_____/ \_」 \



61:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/01/27(水) 00:46:08.83 ID:S4Y9FaND0
~放課後~

( ・A・) ズーン…

(;^ω^)「うわっ!モララー、口!逆になってるお!」

( ・A・)そ

(;・∀・)「ごめん…疲れすぎて口逆になってた…」

( ^ω^)「無理もないお…結局今日一日あれと一緒にいたんだし…」

o川*´ー`)o「ふへへ…なんでダイワハウスなのぉ…ぐー…」

( ・∀・)「なんだよ…その寝言なんなんだよ…」

( ^ω^)「気になりすぎるお…」

63:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/01/27(水) 00:49:54.07 ID:S4Y9FaND0
( ・∀・)「…はぁ…じゃ、僕帰るよ…」

( ^ω^)「おー、気をつけてお…今なら須尚さん寝てるし…」

o川*´ー`)o「ん…んん…」

o川*゚д゚)o「だめぇー!!それは罠よダイワマーン!!」

( ・∀・)

( ^ω^)

o川*゚д゚)o

o川*゚ー゚)o「なぁんだ夢かぁ!よかったー☆」

( ・∀・)「だから何の夢なんだよ…ダイワマンに何があったんだよ…」

o川*゚ー゚)o「おろ?知りたい?知りたい?どうしよっかなー!」

( ・∀・)「うぜぇ…」

64:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/01/27(水) 00:54:14.66 ID:S4Y9FaND0
ガラッ…

o川*゚ー゚)o「…あっるぇー?茂羅くん元気ないなぁー?どーしたんだろー?」

( ^ω^)「いや、あんたのせいな」

o川*゚ー゚)o「えぇ!?私!?うっそぉ!…あ、でも…確かに、心当たりあるかも…」

( ^ω^)「自覚してんのかお…」

o川*゚ー゚)o「そりゃまぁ…ねぇ?私、モテるし?今時珍しいかわいこちゃんだし?」

( ^ω^)

( ^ω^)「えっ」

o川*゚ー゚)o「つ・ま・り!ついに茂羅くんは私の魅力の前に陥落しちゃったんでしょ!?」

o川*゚ー゚)o「もぉー、そうならそうと言えばいいのにぃー!早く追っかけなくCHA☆」

タタタタタ…

( ^ω^)

( ^ω^)「よし!!帰るか!!」

66:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/01/27(水) 00:57:43.18 ID:S4Y9FaND0
( ・∀・)「…はあああああぁぁぁぁぁ…」

タタタタタ…

o川*゚ー゚)o「よっ!どうしたの茂羅くん、真空波動拳でも出そうな溜め息ついちゃって!」

( ・∀・)

( ・∀・)「出ねぇよ…」

o川*゚ー゚)o「なんか元気ないねー。嫌なことでもあった?」

( ・∀・)「今まさに嫌なことに遭遇してるっちゅーねん」

o川*゚ー゚)o「ちょ…関西弁とか…マジウケる…堪忍してーな…」

( ・∀・)「だから何がウケてんの…」

68:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/01/27(水) 01:02:20.26 ID:S4Y9FaND0
o川*゚ー゚)o「ま、何があったのか知らないし知りたくもないしっていうか死ぬほどどうでもいいけどさ!」

( ・∀・)「じゃあ帰れよ…ほっといて帰ってくれよ…」

o川*゚ー゚)o「これでも食べて元気出して!ね?」

( ・∀・)

( ・∀・)「余った芋けんぴじゃねぇかよ…」

o川;゚ー゚)o「あ、余ってねーし!!帰ったらおやつに美味しく頂くつもりだったし!!」

( ・∀・)「……」

( ・∀・) ポリポリ

( ・∀・)「…美味い」

o川*゚ー゚)o「でしょでしょ!これでも私、地元じゃ名の知れた芋けんぱーなんだから!」

( ・∀・)「……」

72:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/01/27(水) 01:08:11.17 ID:S4Y9FaND0
( ・∀・)「(…すげぇ鬱陶しいし…僕が疲れてんのもこいつのせいなんだけど…)」

( ・∀・)「(鬱陶しいなりに、気遣ってくれてんのかな…)」

o川*゚ー゚)o「…ってなわけで、私は世界一の芋けんぱーに…って、聞いてる?聞いてるか聞いてないかで言ったら聞いてる?」

( ・∀・)「ありがと」

o川*゚ー゚)o「…お?」

( ・∀・)「芋けんぴ、美味しかったから」

o川*゚ー゚)o「ほっほーう…この芋けんぴの良さがわかるとは、見所がありますな!」

( ・∀・)「あっそ」

o川*゚ー゚)o「そうやって私を褒め殺しにして…どこに連れて行く気なの!?ラブホ!?ラブホなのね!?」

( ・∀・)「ねぇよぶち殺すぞ」

74:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/01/27(水) 01:11:33.19 ID:S4Y9FaND0
o川*゚ー゚)o「いいのいいの隠さなくたって!私は全部わかってるの!」

( ・∀・)

o川*゚ー゚)o「さっきの長い溜め息…訳してあげる」

o川*・∀・)o「はぁ…キューちゃん、なんて可愛いんだ…セックスしてぇ…」

( ・∀・)

o川*゚ー゚)o「そういうことなんでしょ?わかってるわかってる☆」

( ・∀・)

o川*゚ー゚)o「でもでも…ごめんね!世界にはまだ見ぬキューちゃんファンがいるから…今は操を捧げるわけにはいかないの!」

o川*゚ー゚)o「あぁ…可愛いって…罪!!」

                   _ _     .'  , ..
             _ - ― = ̄  ̄`:, .∴ '      )д゚川o 「めあいおぷっ!!」
         , -'' ̄    __――=', ・,‘ r⌒>  _/ /
        /   -―  ̄ ̄   ̄"'" .   ’ | y'⌒  ⌒i
       /   ノ                 |  /  ノ |
      /  , イ )                 , ー'  /´ヾ_ノ
      /   _, \               / ,  ノ
      |  / \  `、            / / /
      j  /  ヽ  |           / / ,'
    / ノ   {  |          /  /|  |
   / /     | (_         !、_/ /   〉
  `、_〉      ー‐‐`            |_/

75:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/01/27(水) 01:15:06.11 ID:S4Y9FaND0
o川(#)ー゚)o「ま…またまた照れちゃ」

                   _ _     .'  , ..
             _ - ― = ̄  ̄`:, .∴ '      )д゚川o 「いえどがっ!!」
         , -'' ̄    __――=', ・,‘ r⌒>  _/ /
        /   -―  ̄ ̄   ̄"'" .   ’ | y'⌒  ⌒i
       /   ノ                 |  /  ノ |
      /  , イ )                 , ー'  /´ヾ_ノ
      /   _, \               / ,  ノ
      |  / \  `、            / / /
      j  /  ヽ  |           / / ,'
    / ノ   {  |          /  /|  |
   / /     | (_         !、_/ /   〉
  `、_〉      ー‐‐`            |_/

o川(#)ー゚)o「…いたたた…もう、そんなに必死にならなくても」

               _ー ̄_ ̄)’,  ・ ∴.'  , ..
            --_- ― = ̄  ̄`:, .∴ '      )゚д゚ 川o 「ぽげまびだはあああああっ!!!」
         , -'' ̄  = __――=', ・,‘ r⌒>  _/ /
        /  _-―  ̄=_  )":" .  ’ | y'⌒  ⌒i
       /   ノ  ̄ ̄=_  ` )),∴.   |  /  ノ |
      /  , イ )        ̄=       , ー'  /´ヾ_ノ
      /   _, \               / ,  ノ
      |  / \  `、            / / /
      j  /  ヽ  |           / / ,'
    / ノ   {  |          /  /|  |
   / /     | (_         !、_/ /   〉
  `、_〉      ー‐‐`            |_/

79:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/01/27(水) 01:21:23.98 ID:S4Y9FaND0
ドガッドガッドガドガドガッガラガラガラドンドンドンンパリーンバキバキバキバキィッ!!!

   _____
 /:\.____\
 |: ̄\  つ  つ <ウワー!クライヤスイウマイ!ヨシノヤカヨ!
 |:   |:. ̄ ̄ ̄ ̄ ̄:|
 |:   |:  モエルゴミハ :|
 |:   |: ゲッスイキン :|


( ・∀・)

( ・∀・)「やばい!!!!!すげぇすっきりした!!!!!帰ろ!!!!!」

81:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/01/27(水) 01:23:43.18 ID:S4Y9FaND0




                  そして

              十年の月日が流れた




84:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/01/27(水) 01:28:55.26 ID:S4Y9FaND0
(;・∀・)「(…はぁ…緊張する…)」

ガチャッ

( ・∀・)「!」

♪パパパパーン パパパパーン パパパパンパパパパンパパパパンパパパパン

o川*゚ー゚)o「あいらーびゅーなんたらかんたらなんたららーん♪」

( ・∀・)

o川*゚ー゚)o「じゃじゃーん!どうどう?似合ってる?まぁ似合ってる以外の選択肢ないけどね、キューちゃん的には!」

( ・∀・)「いや…似合ってるけど…いつもながら言う気失せた…」

o川*゚3゚)o「えーもう信じらんない!こんな時まで空気読めないとかほんともうKY星の王子様だね!」

( ・∀・)

o川*゚ー゚)o「け…KY星の王子だって…」

( ・∀・)「自分でウケんな」

86:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/01/27(水) 01:32:13.20 ID:S4Y9FaND0
( ゚д゚)「しかしまぁ…驚いたな…結婚とか…」

( ^ω^)「一番あり得ない選択肢だと思ってましたお…」

( ゚д゚)「…俺なんかドッキリだと思ってたからな…」

 [ドッキリダイセイコウ]
      ∥
( ゚д゚)つ∥「こんなもんを用意してたぞ…」

( ^ω^)「いやぁ…実は…」

   [ドッキリダイセイコウ]
         ∥
( ^ω^)つ∥「僕も…」

( ゚д゚)「……」

( ^ω^)「……」

88:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/01/27(水) 01:34:47.86 ID:S4Y9FaND0
( ゚д゚)「しかしまぁ…よくよく考えれば…当然の結果かもな…」

( ^ω^)「そうですおね…なんだかんだでずっと一緒にいたし…」

( ゚д゚)「須尚にツッコミを入れられたのは茂羅しかいなかったしな…」

( ^ω^)「他の生徒は怖くて手出せないでいたんですお…」

( ゚д゚)「まぁ…だろうな…俺も怖かったもん…」

( ^ω^)「……」

( ゚д゚)「…俺、さ…」

( ^ω^)「…はい…」

( ゚д゚)「婚活…するわ…」

( ^ω^)「…頑張ってくださいお…」

89:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/01/27(水) 01:41:00.15 ID:S4Y9FaND0
(´・ω・`)「では、新郎モララー。汝はこの女を妻とし、病める時も健やかなる時も、彼女を愛することを誓いますか?」

( ・∀・)「…はい。誓います」

(´・ω・`)「新婦キュート。汝はこの男を妻とし、病める時も健やかなる時も、彼を愛することを誓いますか?」

o川*゚ー゚)o「もっちろんです!全知全能の神様にでも何にでも誓っちゃいます!」

(´・ω・`)「よろしい。それでは、誓いのキスを」

( ・∀・)「…はぁ…十年前、こうなると誰が予想したかね…」

o川*゚ー゚)o「ふふん。私はしてたね。びびびっと来たからね!」

( ・∀・)「ああそうですか。そりゃどうも」

o川*゚ー゚)o「ま、これからも鬱陶しくずっと横にいさせてもらうから…よろしく、ダーリン☆」

( ・∀・)「ああ、よろしく」

90:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/01/27(水) 01:43:10.59 ID:S4Y9FaND0



o川*゚ー゚)oは鬱陶しいようです   はっぴーえんど♪









92:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/01/27(水) 01:45:22.73 ID:S4Y9FaND0
こんなよくわからんスレを最後までご拝読ありがとうございました
ウザカワイイっていうジャンルもあると思うんだ
じゃあまたどこかで



o川*゚ー゚)oは鬱陶しいようです
http://yutori7.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1264511372/
スポンサーサイト
  1. 2010/01/27(水) 16:54:55|
  2. 短編まとめ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<( ^ω^)伝説のアレを探しに行くようです('A`) | ホーム | o川*゚ー゚)oは欝陶しいようです 1/2>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://potenta.blog13.fc2.com/tb.php/64-dacc99f5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。