ひとくちlw´‐ _‐ノvくりぃむ

ブーン系作品まとめブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

居酒屋で騒ぐようです

158:居酒屋で騒ぐようです :2011/03/29(火) 18:04:57.59 ID:NbaX0VQx0

小さな居酒屋の前に、二人の男がいた。

( ´_ゝ`)「まだか」

(´<_` )「集合二分前だ」

( ´_ゝ`)「社会人になったら、五分……いや、十分前行動を心がけろとあれほど……」

(´<_` )「言ってないな。むしろ学生時代、遅刻率NO.1だったのは兄者だよな」

時計を見ながら軽口を叩きあう。
時間はそろそろ二十時になる。
この辺りで営業している店は少ないのか、周りは薄暗く、居酒屋の提灯が二人を照らしていた。

从 ゚∀从「げっ。兄者早いな」

女の声に二人は顔をそちらに向ける。

(´<_` )「久しぶりだな」

( ´_ゝ`)「オレだってやる気になれば十分前行動くらい余裕さっ!」

(´<_` )「ま、オレが兄者の家によって連れてきたんですけどね」

从 ゚∀从「やっぱり」

( #´_ゝ`)「やっぱりってなんだよ」

162:居酒屋で騒ぐようです :2011/03/29(火) 18:06:39.39 ID:NbaX0VQx0

从 ゚∀从「想像通りすぎて他に反応できなかったんだよww」

( ´_ゝ`)「この兄者様が昔のままだと思うなよ!」

从 ゚∀从「他の奴らは?」

(´<_` )「まだきてない」

( ´_ゝ`)「スルースキルは健在か。泣くぞ。おい、二十代後半の男が泣くぞ」

从;゚∀从「おいおい。主役もまだなのかよ」

(´<_` )「遅刻のメールもないし、そろそろ来るんじゃないか」

( ´_ゝ`)「おーい本当に泣くぞ。いいのかー?」

从 ゚∀从「早く店に入りたいんだけどなぁ」

(´<_` )「先に入るか?」

从 ゚∀从「いや、せめて主役は待とうぜ」

( つ_ゝ)「ほ、本当に……」

163:居酒屋で騒ぐようです :2011/03/29(火) 18:08:12.98 ID:NbaX0VQx0

(´<_` )「お、あの車ジョルジュのじゃないか?」

从 ゚∀从「ああ、あいつ車買ったんだっけか」
 
白いボディの車が居酒屋の横に止められる。
窓から見えるのは、馴染みのある顔ばかりだ。
 _
( ;゚∀゚)「すまん遅れた」

(´<_` )「いや、一分程度だ。気にするな」

( ´_ゝ`)「やーい遅刻ぅ」

从 ゚∀从「黙って泣いてろよ」

運転席からジョルジュが顔を出し、助手席からは今夜の主役が現れた。

ξ゚⊿゚)ξ「もー。キューがもたもたしてるからよ」

o川*゚ー゚)o「てへっ」

(´<_` )「これで全員揃ったな」

さあ入ろうと弟者が居酒屋の扉を開ける。
兄者は最後尾で泣いていた。

168:居酒屋で騒ぐようです :2011/03/29(火) 18:10:11.60 ID:NbaX0VQx0

ミセ*゚ー゚)リ「予約の流石様ですね」

( つ_ゝ;)「あ、はいそうです」

从 ゚∀从「兄者が予約してたのか」

(´<_` )「行動力はあるんだ。ただ直前になって動作が鈍るんだ」
  _
( ゚∀゚)「そういえば、文化祭とかも無駄に行動してたな」

ξ゚⊿゚)ξ「でも当日遅刻して、ブーイングくらってたわね」

o川*゚ー゚)o「懐かしいねー」

ミセ*゚ー゚)リ「それではこちらのお席へどうぞ」

案内された座席に座っていく。
自然と男女に別れてしまい、まるで合コンのようにも見える。
問題があるとするならば、六人中二人は結婚済みということだろうか。

从 ゚∀从「とりあえずビール」

( ´_ゝ`)「おっさんか」

座ると同時に、店員に声をかける。
他の者は誰一人として注文するものは決まっていない。

172:居酒屋で騒ぐようです :2011/03/29(火) 18:12:16.31 ID:NbaX0VQx0

从 ゚∀从「え、始めはビールって決まってるだろ」

o川*゚ー゚)o「キューはビールなんてのーめーなーいー」
  _
( ゚∀゚)「はいはい。うざいうざい」

o川#゚Д゚)o「うざくなーい」

(´<_` )「とりあえず落ち着け」

キュートとジョルジュが対面するように座ってしまったのは間違いだった。
ジョルジュを弟者が、キュートをツンが抑える。

( ´_ゝ`)「オレは枝豆な」

从 ゚∀从「つくねもなー」

ξ゚⊿゚)ξ「あんた達ねぇ……。今日の主役が誰か忘れてない?」
  _
( ゚∀゚)「まさか」

o川*゚ー゚)o「忘れるわけないよぉ」

(´<_` )「今日の主役は」

从 ゚∀从「ツンだろ」

( ´_ゝ`)「……え、オレの台詞は?」

178:居酒屋で騒ぐようです :2011/03/29(火) 18:14:18.44 ID:NbaX0VQx0

ξ゚⊿゚)ξ「イエス! 私が主役!」

その場で立ち上がり、高々と宣言する。

(´<_`; )「おkわかってる。だから座れ」

ξ゚⊿゚)ξ「わかってればいいのよ」

从 ゚∀从「とりあえず、今言ったのお願いしまーす」

ミセ;゚ー゚)リ「かしこまりました」

o川*゚ー゚)o「ハインちゃんって超マイペースだよねぇ」

ξ゚⊿゚)ξ「あんたにだけは言われたくないでしょうけどね」
  _
( ゚∀゚)「おい、オレらまだ飲み物頼んでなかったんだぞー」

从 ゚∀从「あたしがちゃーんと注文しておいたから問題ないって」

(´<_` )「ちなみに何頼んだんだ」

从 ゚∀从「えービール二つに、日本酒の辛口が三つ。梅酒が一つ」

(´<_` )「流石だな」

从 ゚∀从「短い付き合いでもないだろ」

179:居酒屋で騒ぐようです :2011/03/29(火) 18:16:10.68 ID:NbaX0VQx0

o川*゚ー゚)o「大学のとき、たまたま同じゼミだっただけなのに、
      こんなに長く付き合うなんて……まさに運命?」

o川*>ー<)o「キャッ」
  _
( ゚∀゚)「正直、キュートは見学にきた高校生なんだと思ってました」

( ´_ゝ`)「禿同」

o川#゚Д゚)o「……」

从 ゚∀从「兄者は第一印象もその後も変態でした」

( ;´_ゝ`)「なんだとっ」

(´<_` )「そりゃ、どこにでもノートパソコン持っていって、
       所構わず開いてはニヤニヤしてりゃあな……」

ξ゚⊿゚)ξ「それと双子であるがために、弟者も変態だと思ってたわ」

(´<_`# )「クソ兄者が……」

( ;´_ゝ`)「ギャー。助けてえええええ」
  _
( ;゚∀゚)「おいおい。オレを挟んで喧嘩するなよ」

182:居酒屋で騒ぐようです :2011/03/29(火) 18:18:10.19 ID:NbaX0VQx0

ミセ*゚ー゚)リ「お飲み物の方お先にお持ちいたしましたー」

从 ゚∀从「キターーーーーーーーーー!」

ξ゚⊿゚)ξ「ハインは昔からお酒が好きよねぇ」

テーブルに並べられた酒をそれぞれに配っていく。

ビールはハインとジョルジュに。
日本酒はツンと流石兄弟の二人に。
梅酒はキュートの前に置かれた。

( ´_ゝ`)「えーそれでは」

(´<_` )「ツンの海外進出を祝って」

o川*>ー<)o「かんぱーい!」

六つのグラスがカチンと音をたてる。

从 >∀从「……あっー。美味い!」

( ´_ゝ`)「おっさん乙」

(´<_` )「学習力会皆無乙」

从 ^∀从「あーにーじゃぁ?」

188:居酒屋で騒ぐようです :2011/03/29(火) 18:20:13.70 ID:NbaX0VQx0

( ;´_ゝ`)「ヒッ! 今までに見たこともないような極上の笑みが怖い!」

ξ゚⊿゚)ξ「もー。本当にフリーダムな連中ねぇ」
  _
( ゚∀゚)「お前が一番まともって言われてたよなー」

ξ゚⊿゚)ξ「あら、真実じゃない」
  _
( ゚∀゚)「いやーお前の料理とか、好奇心とかで何度死にかけ――ブハッ」
  _
(  ∀ )

ξ゚⊿゚)ξ「失礼ね」

o川*゚ー゚)o「でも、怪談話を検証する~とか言って、山奥に連れていかれたときは、
      正直死ぬと思ってました☆」

( ´_ゝ`)「あったなー。そんなこと」

(´<_` )「むしろ一番まともなのはオレだったと」

从 ゚∀从「兄者の弟ってだけで、まともという線は消える」

(´<_` )「はあ。兄者、死んでくれないか」

( ;´_ゝ`)そ「やだよ!」

193:居酒屋で騒ぐようです :2011/03/29(火) 18:22:30.41 ID:NbaX0VQx0

o川*゚ー゚)o「旦那さんも一緒にいくんでしょ?」

ξ*゚⊿゚)ξ「そうよ。やっぱり心配みたい」

从 ゚∀从「ツンが結婚したときは驚いたよな」

( ´_ゝ`)「あの飯を食べる奴がいるのかという意味でなら」

ξ#゚⊿゚)ξ「どういうことかしら……?」
  _
( ゚∀゚)「まあ、顔はいいし、結婚は早いと思ってたけどな」

(´<_` )「そういうジョルジュももう妻子持ちだもんな」

o川*゚ー゚)o「それも超可愛い奥さん!」

从 ゚∀从「驚くところは貧乳だったことか」
  _
( ゚∀゚)「おっと、勘違いしないでくれよ。
     ペニサスは美乳なのさ!」

( ´_ゝ`)「惚気乙」

(´<_` )「惚気乙」

从 ゚∀从「惚気乙」

o川*゚ー゚)o「死んでしまえ☆」

194:居酒屋で騒ぐようです :2011/03/29(火) 18:24:20.76 ID:NbaX0VQx0

続々と運ばれてくる料理を食べながら、六人は他愛もない話を続けた。
お互いに、メールのやりとりはしていたが、こうして顔をあわせるのは半年ほどなかった。

( ´_ゝ`)「さて、ツン」

ξ゚⊿゚)ξ「何よ」

( ´_ゝ`)「もっとも早く出世を成し遂げたお前にこれを授けよう」

ξ゚⊿゚)ξ「……なんでそんな上から目線なのよ」

(´<_` )「まあ、兄者特有の照れ隠しだと思ってくれ。
       あと、これはオレからのプレゼントだ」

从 ゚∀从「なんだ。もう渡すのか。あたしからはコレな」
  _
( ゚∀゚)「ほい。どーぞ」

次々に渡されるプレゼントと比例して、ツンの目には涙が浮かんでいる。
あと数日もすれば、数年は彼らと会えなくなってしまう。
今になって、それがとても寂しいことだと思えてきてしまった。

ξ ⊿ )ξ「その……あ、あり――」

o川*゚ー゚)o「キューからは、コレデス!」

199:居酒屋で騒ぐようです :2011/03/29(火) 18:26:09.12 ID:NbaX0VQx0

空気をぶち殺す勢いでキュートがプレゼントを持ってきた。
兄者がプレゼントを渡した段階で、どこかに行っていたのだが、どうやらこれを取りに行ってい
たようだ。

从;゚∀从「こ、これって」

ξ゚⊿゚)ξ「ジェラルミンケース」

ポツリと零す。

( ´_ゝ`)「正確にはジュラルミンケースって言うらしいぞ」

(´<_` )「いや、今言うべきなのはそれではないだろ」
  _
( ゚∀゚)「え、なんでコレ?」

o川*゚ー゚)o「だってぇー」

ツンの出世祝い兼送別会をすると決定した日のことだ。
キュートはツンにメールを送っていた。

-------

送信者 キュート
件名  ツン!
本文
今、ぱっと思いついたもの教えて!

203:居酒屋で騒ぐようです :2011/03/29(火) 18:28:10.05 ID:NbaX0VQx0

o川*゚ー゚)o「そしたら『ジュラルミンケース』って言うからぁ」

ξ;゚⊿゚)ξ「あれはそういうメールだったのね……」

从 ゚∀从「それでジュラルミンケースって返信したお前もどうかと思う」

ξ;゚⊿゚)ξ「だ、だって、ちょうど見てたドラマで出てきたんだもの」
  _
( ゚∀゚)「ジュラルミンケースってそんなに使う単語か?」

(´<` )「使わんと思う……」

o川*゚ー゚)o「キューは悪くないよ!」

ξ゚⊿゚)ξ「まあいいけどね。ありがとう」

貰ったプレゼントを、貰ったばかりのジュラルミンケースに入れていく。
こうして見ると、キュートのプレゼントは状況にあったものだったのかもしれない。

( ´_ゝ`)「……いや、ないわ」

从 ゚∀从「まあ中々みない光景だよな」
  _
( ゚∀゚) 「涙引っ込んだわww」

(´<_` )「泣いて見送るなんてオレ達らしくないだろ」

ξ゚⊿゚)ξ「確かにね」

206:居酒屋で騒ぐようです :2011/03/29(火) 18:30:11.60 ID:NbaX0VQx0

それからはまさに無礼講だった。

ハインは浴びるように酒を飲み、ジョルジュは娘の自慢を始めた。
キュートは相変わらずうざく、ツンも別れを惜しむような様子もなく笑っている。

ミセ*゚ー゚)リ「ラストオーダーのお時間ですが、何かご注文はありませんか?」

从 ゚∀从「もうそんな時間か……」

( ´_ゝ`)「あ、いいです」

ミセ*゚ー゚)リ「かしこまりました」

o川*゚ー゚)o「あっと言う間の時間だったね」

ξ゚⊿゚)ξ「でも楽しかったわ。ありがとう」

(´<_` )「いえいえ。海外からの贈り物楽しみにしてるよ」

ξ゚⊿゚)ξ「向こうで作った料理を送ってあげるわ」

( ´_ゝ`)「確実に毒物として止められるな」

ξ#゚⊿゚)ξ
  _
( ゚∀゚) 「……なあみんな」

211:居酒屋で騒ぐようです :2011/03/29(火) 18:32:19.63 ID:NbaX0VQx0

笑い合いながら、帰る準備をしていると、真剣な声がその場に響いた。

(´<_` )「……どうした」

ジョルジュの真剣な声など、そうそう聞けるものではない。
五人は静かにジョルジュの言葉を待つ。


  _
( ゚∀゚) 「オレの眉毛……実は油性マジックなんだ」



静まりかえる空間。
ハインがちらりと横にいるキュートを見た。
キュートもハインを見て、小さく頷く。
化粧品やマニキュアの入った鞄を探り、目的の物をそっとハインに手渡す。

从 ゚∀从「…………」

コットンにキュートから受け取った液を垂らす。


从 ゚∀从つ□"_ キュッキュ
        ( ゚∀゚)


从 ゚Д从つ□ ピカーン
        ( ゚∀゚)

216:居酒屋で騒ぐようです :2011/03/29(火) 18:34:11.02 ID:NbaX0VQx0



( ;´_ゝ`)ξ;゚⊿゚)ξo川;゚Д゚)o

    (((((マジだったあああああああああ)))))

                       从Д゚;从(´<_`; )



( ゚∀゚)「今まで黙ってて……すまない」

( ;∀;)「騙すつもりじゃなかったんだ」

( ;´_ゝ`)「泣くなよ!」

从;゚Д从「そそそそうだぞ。泣いてたら、~なんだからな! とか言いそうだ!」


こうして、ツンの出世祝い兼送別会は、とんでもない事実で幕を閉じた。

217:居酒屋で騒ぐようです :2011/03/29(火) 18:34:41.20 ID:NbaX0VQx0

ちなみに、家に帰ったツンが貰ったプレゼントを開けてみると、

( ´_ゝ`)=特性システムが入っているUSB

(´<_` )=人気の香水

从 ゚∀从=二十年もののワイン
  _
( ゚∀゚)=サイズピッタリのブラジャー




ξ#゚Д゚)ξ「あんの馬鹿あああああああああああああああ!」

( ;^ω^)そ「ど、どうしたんだお! 何があったんだおおおおおお!」



居酒屋で騒ぐようです 完
スポンサーサイト
  1. 2011/03/29(火) 21:03:19|
  2. 総合作品まとめ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ξ゚⊿゚)ξサプライズのようです | ホーム | ( ´_ゝ`)カリカリカリカリ、のようです>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://potenta.blog13.fc2.com/tb.php/443-4f970d88
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。