ひとくちlw´‐ _‐ノvくりぃむ

ブーン系作品まとめブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

( ^ω^)は現実的ヒーローのようです 最終回1/4

1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/06/15(火) 20:39:26.34 ID:UkZKvaDR0
このスレッドは

ひとくちlw´‐ _‐ノvくりぃむ ttp://potenta.blog13.fc2.com/blog-entry-182.html

ブーン芸VIP ttp://boonsoldier.web.fc2.com/genzituteki.htm

さんのまとめ提供でお送りします








4:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/06/15(火) 20:43:20.42 ID:UkZKvaDR0
( ^ω^)「えーと…それから…」

『番組の途中ですが、臨時ニュースをお伝えします』

( ^ω^)「ん?」

『本日未明、ヒーローの鬼面ドライバーさんが襲撃される事件がありました』

( ^ω^)「鬼面ドライバーが…」

『この事件により、鬼面ドライバーさんは全治三ヶ月の重体』

『犯人は新手の怪人であると目されますが、詳細は不明です』

( ^ω^)「……」

( ^ω^)「まぁ…そのうち、誰かが退治してくれるか…」

7:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/06/15(火) 20:45:59.04 ID:UkZKvaDR0
『ヒーロー連続襲撃事件の続報です』

(‘_L’)「…ここのところ、この事件の報道ばっかりですね」

( ^ω^)「そうですね。もう被害者は何十人にも登るとか」

(‘_L’)「でも、そんなに強い怪人がいると思えないんですけど…」

( ^ω^)「(…確かに、鬼面ドライバーのような名だたるヒーローもやられてる…)」

( ^ω^)「(本気で戦ったって、彼を倒せるような怪人はそういないはずだ…)」

( ^ω^)「(何より…自分の名前も出さずに、こんなことをしてメリットがある怪人はいない…)」

( ^ω^)「……」

(‘_L’)「早いとこ正体ぐらいでもわからないもんですかね」

9:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/06/15(火) 20:49:00.42 ID:UkZKvaDR0
ガチャ

川 ゚ -゚)「邪魔するぞ」

( ^ω^)「…どうも」

(;‘_L’)「ゲゲェーッ!!何をしに来たァーッ!!」

川 ゚ -゚)「心配しないでも取って食ったりはしない」

川 ゚ -゚)「ヒーロー襲撃事件のことは知っているな?」

( ^ω^)「ええ。犯人の目星もまだつかないとか」

川 ゚ -゚)「そのことで話があって来た。…少し、外で話そう」

(;‘_L’)「ちょ…そんなこと言ってまた、必殺技を繰り出したりするつもりじゃ…!」

( ^ω^)「大丈夫ですよ。行きましょう、クーさん」

川 ゚ -゚)「ああ」

12:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/06/15(火) 20:52:29.17 ID:UkZKvaDR0
川 ゚ -゚)「それで、犯人の怪人のことなんだがな…」

( ^ω^)「…まさか、とは思っていました」

川 ゚ -゚)「……」

( ^ω^)「そして、わざわざ私に伝えに来たということは…」

川 ゚ -゚)「…そのまさか、だ」

( ^ω^)「……」

川 ゚ -゚)「今回の事件の、犯人の名前は」


川 ゚ -゚)「流転魔王ジョルジュ」


( ^ω^)「……」

川 ゚ -゚)「お前の父親が…倒したはずの、怪人だ」

16:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/06/15(火) 20:56:03.08 ID:UkZKvaDR0
( ^ω^)「…やはり、そうなんですね」

川 ゚ -゚)「ああ。信頼できる情報筋の話だ」


~数日前~

<ヽ`∀´>「はんははんはは~ん」

<ヽ`∀´>「今日のご飯は~ハンバーグ~ニダ!」

ドカァァァン!!!

<;゚д゚>「って塀がファッビョーーーーーーーーーーーーーーーーーン!!!」

「ちっ…このヒーローも雑魚だな…ん?」

<ヽ-д->←死んだ振り中

「…巻き込んで殺しちまったか…まぁいいや」

17:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/06/15(火) 20:59:38.74 ID:UkZKvaDR0
<;-д->「(いいいいいいきなり何者ニダ!?塀をぶっ壊すとかあり得ないニダ!!)」

<;`∀´> チラッ

  _
( ゚∀゚)「なかなか骨のあるやつがいねーなー」


<;`∀´>「……!!!」
  _
( ゚∀゚)「ん?」

<ヽ-д->
  _
( ゚∀゚)「…気のせいか」

スタスタスタ…

<ヽ-∀->「……」

<;`∀´>「…あいつは…死んだはずの…どうして…!!」

<;`∀´>「こ、こうしちゃおれんニダ!!誰かにこのことを伝えないと!!」

~現在に至る~

20:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/06/15(火) 21:02:07.85 ID:UkZKvaDR0
( ^ω^)「そうですか…ニダーさんが…」

川 ゚ -゚)「当時のことを知っているらしい。さすがベテランだ」

( ^ω^)「……」

川 ゚ -゚)「それで、だ…私は、ジョルジュと戦おうと思っている」

( ^ω^)「……」

川 ゚ -゚)「ジョルジュのやっていることは確かに怪人らしいかもしれない…だが」

川 ゚ -゚)「ああいうやり方は許せん。怪人とヒーローの戦いは、名を名乗っての一騎打ちであるべきだ」

( ^ω^)「クーさんらしい意見ですね」

川 ゚ -゚)「…ジャスティスカイザーはどうするんだ?」

( ^ω^)「…私は…」
  _、_ 
( ,_ノ` )「待ちな」

( ^ω^)「…社長…」

22:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/06/15(火) 21:03:29.17 ID:UkZKvaDR0
川 ゚ -゚)「…クールダーティシブサワ、か」
  _、_ 
( ,_ノ` )「おう、名前を知ってるとはやるな嬢ちゃん」

川 ゚ -゚)「知っているさ。現役最強を謳われる男の名前ぐらいな」
  _、_ 
( ,_ノ` )「そんなもんはただの宣伝文句に過ぎねぇよ。まぁそれはともかく」
  _、_ 
( ,_ノ` )「内藤の戦いは許可できねぇ」

川 ゚ -゚)「引退した身だから、か?」
  _、_ 
( ,_ノ` )「それだけじゃねぇ。こいつじゃジョルジュには勝てねぇからだ」

( ^ω^)「……」
  _、_ 
( ,_ノ` )「うちの会社から無駄にやられるヒーローを出すわけにはいかねぇ」

川 ゚ -゚)「…ならばどうするんだ?このまま黙って怪人を見過ごすのか?」
  _、_ 
( ,_ノ` )「そうは言わねぇよ…だから、俺が出る」

( ^ω^)「社長が…!?」

25:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/06/15(火) 21:07:13.84 ID:UkZKvaDR0
  _、_ 
( ,_ノ` )「ああ。あいつには借りもあるんでな」

川 ゚ -゚)「勝てるのか?」
  _、_ 
( ,_ノ` )「わからん。五分五分ってところだろう」

( ^ω^)「社長で五分五分…」
  _、_ 
( ,_ノ` )「当時最強のヒーローでも相討ちにできないような相手だからな」

川 ゚ -゚)「…内藤の父親のことか」
  _、_ 
( ,_ノ` )「ああ。お前さんも聞いたんだな、こいつの親父の話」

( ^ω^)「社長は、親父の同期だったんです」
  _、_ 
( ,_ノ` )「進んだ方向は大分違ったがね…」

29:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/06/15(火) 21:11:23.46 ID:UkZKvaDR0
  _、_ 
( ,_ノ` )「…話はこれぐらいでいいだろう。俺は行ってくる」
  _、_ 
( ,_ノ` )「それから先に言っておくが、手出しは無用だぜ」

川 ゚ -゚)「そんな無粋なことはしない」
  _、_ 
( ,_ノ` )「…そうか。まぁ、そうだろうな」

( ^ω^)「……」
  _、_ 
( ,_ノ` )「…じゃあな」

スタスタスタ…

川 ゚ -゚)「…さて。私も準備をしよう」

( ^ω^)「戦いの、ですか」

川 ゚ -゚)「ああ。あの男が負けることがあれば、次は私の番だ」

( ^ω^)「……」

32:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/06/15(火) 21:14:34.34 ID:UkZKvaDR0
ガチャ

(‘_L’)「あ、内藤さん…」

( ^ω^)「……」

(‘_L’)「内藤さん…?」

( ^ω^)「……」

(‘_L’)「…何かあったんですか?」

( ^ω^)「え、ああ…例の事件の犯人、目星が付いたらしいです」

(;‘_L’)「ほ、本当ですか!?」

( ^ω^)「ええ。それで、社長がケリを付けに行くと」

(;‘_L’)「社長が…」

36:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/06/15(火) 21:17:25.59 ID:UkZKvaDR0
(‘_L’)「それで、内藤さんはどうするんですか?」

( ^ω^)「私はここでいつも通り仕事です」

( ^ω^)「社長にも戦わないよう釘を刺されましたし」

(‘_L’)「…そうですか…」

(‘_L’)「(そうだよな…もう、内藤さんはヒーローじゃないんだ…)」

( ^ω^)「それに、社長なら簡単に勝ちますよ。きっと」

(‘_L’)「…それもそうですね。こないだも社長、恐ろしく強かったですし」

( ^ω^)「でしょう?」

(‘_L’)「じゃあ僕も、自分の仕事をしてきます」

( ^ω^)「はい。頑張ってください」

40:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/06/15(火) 21:20:54.98 ID:UkZKvaDR0
バタン

( ^ω^)「……」

( ^ω^)「はぁ…」

( ^ω^)「親の仇も、討てないのか…」

( ^ω^)「頑張ってきたつもりだったけど…」

( ^ω^)「そうでもなかったのかな…」

( ^ω^)「……」

サッ

( ^ω^)「……」
 つΦと

(  ω )「親父…」
 つΦと

45:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/06/15(火) 21:23:48.15 ID:UkZKvaDR0
  _
( ゚∀゚)「…さーて。ここら辺まで来りゃいいだろ」
  _
( ゚∀゚)「何年振りだっけなぁ?渋沢よぉ」

…シュボッ
  _、_
( ,_ノ` )y━・~「人気のないところまで誘導してくれるとは、優しいところもあるじゃねぇか」
  _
( ゚∀゚)「てめぇと戦うのに、人やら建物やら邪魔なんでな」
  _、_  
( ,_ノ` )y━・~「そうかい…で、何を企んでやがる」
  _
( ゚∀゚)「何を…ね。破壊、かな」
  _
( ゚∀゚)「あの男が命がけで守った世界をぶち壊してぇんだよ」
  _、_  
( ,_ノ` )y━・~「…何故、ヒーローを狙う」
  _
( ゚∀゚)「そのほうが人が絶望すんだろ。お前みたいのをおびき寄せるのにもいいしな」

51:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/06/15(火) 21:27:28.36 ID:UkZKvaDR0
  _、_
( ,_ノ` )y━・~「なるほど。わかりやすいな」
  _
( ゚∀゚)「だろ?」
  _、_  
( ,_ノ` )y━・~「そんで、反吐が出る理由だ」

ジュッ…
  _、_
( ,_ノ` )「やるか、ジョルジュ」
  _
( ゚∀゚)「はっ。一度負けてるくせに粋がるんじゃねぇよ、ボケ」
  _、_
( ,_ノ` )「……」
  _
( ゚∀゚)「……」

54:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/06/15(火) 21:30:19.02 ID:UkZKvaDR0




                カッ!!




61:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/06/15(火) 21:33:15.56 ID:UkZKvaDR0
~戦場から約100m~

ザワ…

川 ゚ -゚)「…始まったか…」

川 ゚ -゚)「(渋沢は…勝つだろうか…)」

川 ゚ -゚)「(もし渋沢が負けたとして…その時、私が出ていって勝てるのか…?)」

川 ゚ -゚)「(…いや、やめよう…勝てないからといって、戦いを止める気はない…)」

川 ゚ -゚)「……」

川 ゚ -゚)「(内藤…やはり、来ないのか…)」

67:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/06/15(火) 21:38:29.60 ID:UkZKvaDR0
  _、_
(#,_ノ` )「オラアアアアアアアアアアアア!!!」


                        バキィッ!!!

                     r'´ ゙ヽ      /`ヽ
                      ヽ   ヽ从从/   /
        _、_     /⌒l     \  \/  /て
      (#,_ノ` )    |`'''|    ∑ ヽ/  /  そ           _
    / ⌒ヽ       |  |      ,)/  / \ く         (゚∀゚# )
   /  へ  \____/ /      /   /\  \        i⌒ヽ    \
 / / |          ノ    /   / YYY\   \     \ \  /⌒,
( _ ノ    |      \´    /   /       \   \     / \ \/  /l
       |       \_,/   /         \   \_/    \__ノ |\
       .|            /            \             |) )
       ヽ          /               \           ,r' /
         \      , '´                   `' ,        /ー'′
          \     (                     )     /
            \    \                  /    /


  _
(# ゚∀゚)「はっ!!相変わらずのパワー馬鹿か!!」
  _、_
(#,_ノ` )「昔から計算は苦手なんだよ!!」

79:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/06/15(火) 21:44:44.47 ID:UkZKvaDR0

オラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオ
ラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラ
オラオラ_、_ オラオラオラオラオラオラオラオラ_オラオラオラ
ラオ(#,_ノ` )=つ≡つ ⊂≡⊂= (゚∀゚#)オラオ
オ(っ ≡つ=つオラオラオラオ⊂=⊂≡ ⊂)オラ
ラ./   )オラオラオラオラオラオラオラオラオ(   \オ
オ( / ̄∪ラオラオラオラオラオラオラオラオラ∪ ̄\)ラ
ラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオ
オラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラ

バシィッ!!

  _、_
(#,_ノ` )「ちっ!!」
  _
(# ゚∀゚)「やるじゃねぇか!!だらだら過ごしてたってわけじゃなさそうだな!!」
  _、_
(#,_ノ` )「お互いにな!!」

84:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/06/15(火) 21:50:24.64 ID:UkZKvaDR0

                       バキィッ!!!

                  そ そ ∧∧∧ て て
                   _ _    _ _
             _ - ― = ̄  ̄`:, ,:` ̄  ̄= ― - _
         , -'' ̄    __――=,'=――__     ̄''- ,
        /   -―  ̄ ̄   ̄"'" . ゛'゛ ̄   ̄ ̄ ―-   \
       /   ノ        そ   YYYY  て        !、   ゙i
      /  , イ )                          ( ト ,  ゙i
      /   _, \                          / ,_   ゙i
      |  / \  `、                       /   / ゙i  |
      j  /  ヽ  |                        |  ,r'  ゙i  j
    / ノ   {  |                        |  }   !、 \
   / /     | (_                      _) |     \ \
  `、_〉      ー‐‐`                    `‐‐ー      〈_、`

  _、_
(#,_ノ` )「…てめぇ…!!」
  _
(# ゚∀゚)「ははは!!手数もパワーも互角ってか!?」
  _、_
( ,_ノ` )「…っち。ふざけやがって…!!」

88:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/06/15(火) 21:55:30.03 ID:UkZKvaDR0
  _
( ゚∀゚)「おお?何血管浮き上がらせてんだよ?」
  _、_
( ,_ノ` )「何が互角だ…てめぇ…」
  _、_
( ,_ノ` )「『俺に合わせて』やがるじゃねぇか…」
  _
( ゚∀゚)「…くくく。まぁな」
  _
( ゚∀゚)「せっかくの因縁の戦いだ…すぐに終わらせしまっちゃ、つまらねぇだろ?」
  _、_
( ,_ノ` )「余裕こきやがって…」
  _、_
( ,_ノ` )「今に後悔するぜ」

  _、_
( ,_ノ` )俺もまだ本気じゃねぇからな」

  _
( ゚∀゚)「…へぇ…そりゃ楽しみだなぁ」

94:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/06/15(火) 21:59:25.38 ID:UkZKvaDR0
シュボッ…
  _、_
( ,_ノ` )y━・~「…ふー…」

ジュッ…
  _、_
(#,_ノ` )「『開放』!!!」

メキ…
  _
( ゚∀゚)「お」

メキメキメキバリバリバリィッ!!!
  _
( ゚∀゚)「おおおおお」
  _、_
( ,_ノ` )「……」

101:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/06/15(火) 22:04:18.61 ID:UkZKvaDR0

                   _、_
                  ( ,_ノ` )「This way…ここからが俺の本気だぜ」
                __〃`ヽ 〈_
            γ´⌒´--ヾvーヽ⌒ヽ
           /⌒  ィ    `i´  ); `ヽ
           /    ノ^ 、___¥__人  |
           !  ,,,ノ爻\_ _人 ノr;^ >  )
          (   <_ \ヘ、,, __,+、__rノ/  /
           ヽ_  \ )ゝ、__,+、_ア〃 /
             ヽ、___ ヽ.=┬─┬〈  ソ、
         ド      〈J .〉、|   |, |ヽ-´   ン
                /""  |   |: |
                レ   :|:   | リ
                /   ノ|__| |
                | ,,  ソ  ヽ  )
               .,ゝ   )  イ ヽ ノ
               y `レl   〈´  リ
               /   ノ   |   |
               l  /    l;;  |
               〉 〈      〉  |
              /  ::|    (_ヽ \、
             (。mnノ      `ヽnm

  _
( ゚∀゚)「いいけど脱ぐなよ」

110:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/06/15(火) 22:10:00.56 ID:UkZKvaDR0

            ラリアット
         「『羅裏圧闘』!!!」

    ___                         |  \ \
   / ))))                         |
   ヽ_⊂ノ                    |ヽヽ . |\
  / \ \              i 、、. | ヽヽ .|\   |  \
 / / \ \    _、_      ド ド |ヽ  |    |    
/ /    \ \ (#,_ノ` )
/ /     ヽ      ⌒\
/       ノ      /> >
        /     / 6三ノ
       /=┬─┬=\ ` ̄
―    /  ノ  │\ \
――  (_ ノ_ _ノ  >  )
⌒ヽ   ’ ・`し' / /
  人, ’ ’, ( ̄ /
Y⌒ヽ)⌒ヽ、 )  |
         \_つ


メキィッ!!!
  _
(; ゚∀゚)「ごふ…!!!」

118:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/06/15(火) 22:15:41.20 ID:UkZKvaDR0

         メキメキメキィッ!!!
    , - - 、
    (    `、 ヽ  ' ' `,-‐、
    /⌒   ̄\\从/, | 刃
    / .イ    l |  ' ;  | .|      アッパー
   / ./ |     | | ∴` |  |     「『篤波』!!!」
   / ./  |    | .|/Wヽ |  | _、_ 
  / ./  |    | |、' ` |  |#,_ノ` )
 ⊂、J  (   i.  !__) ; : |    ^ム 〕
  !  !!  |  .||  | !! '   |    |.i .|
  :  ::   .|  .| |  | ::     |     |!  |
      )  ) )  ) / ̄`ヽ┬┬=| `‐´!
     .|  |  |  |  |\ "ヘ、._│ | !  :
     |  |  |  |. ! ; !\  l| ノ | .;
     .|  |.   |  |ヾ从 /, | / |.  | .
     |\__)  |\__) 、 `  `'. |.  |
     !  ! !  ! ! !!; ''     |  |
      :  : :   : ://W \   |  |
            '  ;  ,  ` 、 |  !
                      !__/
                   ! ! !
                   : : :

  _
(; ∀ )「ぐは…!!!」

122:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/06/15(火) 22:21:20.44 ID:UkZKvaDR0
  _、_
(;,_ノ` )「(く…これ以上は体が保たねぇか…!!)」
  _、_
(#,_ノ` )「…必殺技だ…!!!」


       スピニングトゥホールド
       「『回転爪先極』!!!」

            _、_
          (#,_ノ` )
         /´,mn   `ヽ
         〈 (_n ̄)ィ   〉
         ヽ_(y';、,!,/  ノ
           |ヽ、__/〈
   ガキーーー  /|  !,─┬=ヽ  ーーーン
         〈 |   | │ `i,
          ヽ/   ノ │i  ,〉
          ノ  ,./ヽ .ノ |   |
     /^ヽ_/  ヽ、 )   i  ,!
     し/´  _  /⌒'i (  ヽ
      ゝ ,(; ∀ )ノi ノ \__,)
      /  ノ  ,r-っ (ノヽ,,>
     〈_ ̄ ̄ メ  )
        ̄ ̄` ̄ ̄

  _
(; ∀ )「ガハアアアアアアアアアアアアアアアア!!!」

128:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/06/15(火) 22:29:15.24 ID:UkZKvaDR0
  _、_
(;,_ノ` )「はぁ…はぁ…」

シュウウウ…
  _、_
(;,_ノ` )「3HITで活動限界か…俺の体もヤキが回ったもんだぜ…」
  _
(  ∀ )

┣¨┣¨┣¨
  _、_
(;,_ノ` )「……」

┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨
  _、_
(;,_ノ` )「…っち…やはりそう甘くはねぇよな…」

             _
┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨(  ∀ )┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨


            カッ!!
             _
           ( ゚∀゚)

133:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/06/15(火) 22:34:45.63 ID:UkZKvaDR0
ドン!!
  _
( ゚∀゚)「あー…いってぇなぁ」
  _、_
(;,_ノ` )「説得力のねぇ台詞だぜ」
  _
( ゚∀゚)「いてぇのはほんとだぜ。倒れるほどじゃねぇけどよ。…しかしまぁ」
  _、_
(;,_ノ` )「……」
  _
( ゚∀゚)「大分息切れてんじゃねぇか?」
  _、_
( ,_ノ` )「…馬鹿言うなよ。まだゴングは鳴ったばかりだ」
  _
( ゚∀゚)「そりゃそうだ…んじゃ」



次へ

( ^ω^)は現実的ヒーローのようです 目次へ
スポンサーサイト
  1. 2010/06/16(水) 03:07:07|
  2. 長編まとめ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<( ^ω^)は現実的ヒーローのようです 最終回2/4 | ホーム | ξ゚⊿゚)ξフリーター伝説ツンのようです 第弐話2/2>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://potenta.blog13.fc2.com/tb.php/225-65352497
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。