ひとくちlw´‐ _‐ノvくりぃむ

ブーン系作品まとめブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

(,,゚Д゚)吾が輩は猫であるようです

325:いやあ名無しってほんとにいいもんですね :2010/05/25(火) 21:49:13 発信元:119.245.203.2

猫が自己紹介を始めるにふさわしいのは、やはりこの一言だろう。

(,,゚Д゚)吾が輩は猫であるようです

吾が輩…いや、俺には名前があった。もう何年前だろう、名付けの親の下を去ったのは。

(゚、 。 フ「なしてこんな酷い環境を選んだのよ

(,,゚Д゚)「…言わせるなよ

(゚、 。 フ「まあ、あんたのことだから、予想はつくけどさ

327:(,,゚Д゚)吾が輩は猫であるようです :2010/05/25(火) 21:50:44 発信元:119.245.203.2

隣に寝そべる、俺と同じ野良猫の彼女は、語感からするに興味がないようだ。

(゚、 。 フ「それで、要するに、これからあんたはどうするわけ?

(,,゚Д゚)「一度、挨拶に行こうかと

(゚、 。 フ「珍しいわね、親の死に際に会いたいなんて

確かに猫の中では珍しいだろう、野良猫では尚更に。

(,,゚Д゚)「心残りがあってな

(゚、 。 フ「それは、なに?

329:いやあ名無しってほんとにいいもんですね :2010/05/25(火) 21:54:15 発信元:119.245.203.2
(,,゚Д゚)「俺さ、何も言わずに出て行ったからさ

彼と別れるその日、世話になったのに何も言わず、静かに消えた。

(゚、 。 フ「ふうん、そんなことだと思ったわ

(,,゚Д゚)「そうなのか

(゚、 。 フ「だってあんた、眠っている人間と話したあと、いつも苦々しい顔なんだもの。見ているこっちまで悲しくなるわよ

俺は眠っている人間と意志の疎通が図れる。今まで数多くの人間と話してきたが、そんな顔をしていたとは。

334:(,,゚Д゚)吾が輩は猫であるようです :2010/05/25(火) 21:58:26 発信元:119.245.203.2
(,,゚Д゚)「…自覚はなかったがな、そうだったのか

(゚、 。 フ「だからさ、はやく言ってきなさいな。私のことは良いから

(,,゚Д゚)「…すまん

(゚、 。 フ「なんで謝るのよ、ちゃんと帰ってくるんでしょ?

(,,゚Д゚)「もちろんだ

(゚、 。 フ「なら良いじゃない。いってらっしゃい、いつまでも暗いあなたは見たくないわ

良くできた妻に感謝しつつ、俺は彼の元へ走った。彼女の笑顔と彼の無表情が、俺の四肢を休ませなかった。
途中で何度か死にかけたが、やがて五体満足のまま彼の家に辿りつくと、広い庭を望む窓から、家の中をのぞき込む。
すると彼の姿を見つけた、随分と老いてはいるものの、面影はちゃんと残っていた。

336:(,,゚Д゚)吾が輩は猫であるようです :2010/05/25(火) 22:01:59 発信元:119.245.203.2
(,,゚Д゚)…

かりかりと爪で窓を擦るも、布団に横になる彼は気づかない。

(,,゚Д゚)……

かりかり、かりかりと、繰り返し爪を立て、気づいておくれと視線を送り、彼の名前を声で呼ぶ。
真上にあった太陽が傾き、空が水色や赤紫や橙色に変わっても、彼は気づかない。

(,,゚Д゚)………

確かに、俺は眠っている人間と意志の疎通ができる。だがしかし、その時の俺は、俺としては認知されない。
夢の中で俺は、あくまでも相手が望む人間としてしか、俺ではない別の誰かとしてしか、認知されない。それではだめだ。
俺は、1人の猫として、彼のかつての飼い猫として会いたかった。

だがそれは、どうやら叶いそうもない。

337:(,,゚Д゚)吾が輩は猫であるようです :2010/05/25(火) 22:04:11 発信元:119.245.203.2
(,,;Д;)

これ以上時間を無駄にできないと考え、せめて彼の会いたい人物として、彼が見ている夢(ひょっとしたら彼が見る最期の夢かもしれない)にお邪魔すべく。

俺は物陰にうずくまる。

339:(,,゚Д゚)吾が輩は猫であるようです :2010/05/25(火) 22:07:22 発信元:119.245.203.2
果たしてそこには、彼がいた。若かりし頃の彼が、座布団の上。和室でクロッキー帳を左手に、木炭を右手に。

(‘_L’)「ほう、これはまた

そして俺は、思いも寄らない状態で。俺の姿のままで畳の上に。

(,,゚Д゚)…

(‘_L’)「久しぶりだな。良いタイミングだ、ちょうど会いたいところだった

(,,゚Д゚)ミャーオ

(‘_L’)「ほら、おいで。煮干しも出せんが、撫でてやるくらいはできる

340:(,,゚Д゚)吾が輩は猫であるようです :2010/05/25(火) 22:08:31 発信元:119.245.203.2
(,,゚Д゚)…

(‘_L’)「よしよし、うん、変わりはないようだな。首輪は…もとから無かったな、そういえば

(,,゚Д゚)ミャウ

(‘_L’)「ふむ、よし、せっかくだからお前を描こう。シャーペンの方がいいな

昔のように、彼は俺を紙に写し取る。

(‘_L’)お前には世話になったな

珍しく、彼が描きながら喋る。

(‘_L’)お前のことは、なんでも覚えているぞ

341:(,,゚Д゚)吾が輩は猫であるようです :2010/05/25(火) 22:11:42 発信元:119.245.203.2

(,,゚Д゚)…ナーゴ

(‘_L’)「尤も、見てないことは知らんがな

(,,゚Д゚)…ミャウ

(‘_L’)「うん?なにを謝ることがある。ダンボールで寝ていたお前を、俺は勝手に拾い上げた。断りもせず飼っていた者の元を去るのに、何を断る必要がある

(,,゚Д゚)ナー…

(‘_L’)「ふむん、まったくお前は、堅物だったのか

彼の腕が、はたと止まる。

344:(,,゚Д゚)吾が輩は猫であるようです :2010/05/25(火) 22:18:26 発信元:119.245.203.2
(‘_L’)「できたぞ、堅物。だいぶ雑だが、スケッチなど何年ぶりだ、赦せよ

(,,゚Д゚)ミャーゴ

(‘_L’)「はっはっは、そうかそうか、こちらこそだよ

人間の姿でなくとも、人間の言葉でなくとも、何故だろう、伝えることができる。伝えてもらうことができる。

感謝している、ありがとう、申し訳ない、ごめんなさい。
云いたいことが伝わる。

(‘_L’)「そうかそうか、気にするなよ堅物め

伝えることが、コミュニケーションが、彼の云いたいことが。

(,,;Д;)ありがとう、お父さん

(‘_L’)「はっはっは、手間のかかる息子だったよ

彼に、伝えることが。

(‘_L’)「元気でな、ギコ

(,,;Д;)うん、お父さん

吾が輩は猫である。名前は、もう無い。






345:(,,゚Д゚)吾が輩は猫であるようです :2010/05/25(火) 22:21:41 発信元:119.245.203.2
以上です、ありがとうございました

情け容赦のない批評をお願いしたい。

あと、絵題(,,゚Д゚)↓

http://imepita.jp/20100525/780810
スポンサーサイト
  1. 2010/05/25(火) 23:42:14|
  2. 総合作品まとめ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<('A`)ドクオの退屈な日常のようです | ホーム | ( ^ω^)は現実的ヒーローのようです 第三回2/2>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://potenta.blog13.fc2.com/tb.php/192-da7b5588
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。