ひとくちlw´‐ _‐ノvくりぃむ

ブーン系作品まとめブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

( ^ω^)の時間が少しずつ動き始めるようです

232:( ^ω^)の時間が少しずつ動き始めるようです :2010/03/16(火) 04:05:20 発信元:219.125.145.46
( ^ω^)「……」



十年間生活した、塀の奥を目に浮かべつつ、僕は刑務所をあとにした。


僕はその足で、ある墓地へと向かった。

墓地の隅に忘れられたように立っていた墓石。
そこに刻まれた文字。
それは僕に命を奪われた被害者達の名前。


刑務所では、僕宛に遺族からの手紙は一切来なかった。
彼女の家族は、夫だけだったから。
彼の家族は、両親だけだったから。



僕は、十年前の出来事を脳裏に浮かべた。

233:( ^ω^)の時間が少しずつ動き始めるようです :2010/03/16(火) 04:07:46 発信元:219.125.145.56 [sage]
――――――――――――――――――――――――――――


( ^ω^)「ちょっと友人の引っ越しの手伝いをしてくるお」

ξ゚⊿゚)ξ「夕飯までには帰ってきなさいよ」


( ^ω^)「わかってるお」


お腹を大きくした妻に向かって、僕は答えた。

正直、出産間近の妻の身体が心配ではあるが、友人の引っ越し手伝いは以前からの約束であった。


( ^ω^)「さっさと終わらして帰ってくるお」


僕は軽トラで友人宅へと向かった。

234:( ^ω^)の時間が少しずつ動き始めるようです :2010/03/16(火) 04:10:29 発信元:219.125.145.43 [sage]
('A`)「よぉ。助かるぜ」

( ^ω^)「ちゃっちゃと運ぶお」


あまり多くない荷物量だったため、やるべきことは順調に進んだ。


('A`)「ありがとうな」

( ^ω^)「いつでも呼んでくれお」

('A`)「……一杯どうだ?」

( ^ω^)「いや、軽トラで来たし……」

('A`)「祝いの席だし一杯位大丈夫だろ」

( ^ω^)「……じゃあ一杯だけもらうお」


今思うと、その一杯が駄目であった。
しかし、押しに弱い僕は友人に勧められる形で、酒を一杯呷った。


当初、酔った気はしなかったが、帰り道の車内で揺られていると、程よく酔いが回ってきた。

235:( ^ω^)の時間が少しずつ動き始めるようです :2010/03/16(火) 04:12:34 発信元:219.125.145.50 [sage]









( ^ω^)「――お?」

236:( ^ω^)の時間が少しずつ動き始めるようです :2010/03/16(火) 04:15:54 発信元:219.125.145.58 [sage]
僕が車内で意識をはっきりさせた時、眼前に広がっていたのは、

歩道から見た風景。



トラックに乗っていたはずなのに、と少し視線をずらすと、壊れたガードレールが見えた。




そして、フロントガラスの下方に見える、




人の足。







( ゚ω゚)「うゎ……うわあぁぁあああぁー!!!」

237:( ^ω^)の時間が少しずつ動き始めるようです :2010/03/16(火) 04:21:37 発信元:219.125.145.47
そこからどうやって家に戻ったかは覚えていない。

僕は家に戻ると妻の名前を叫んだ。



( ゚ω゚)「ツン! 何処だお! 返事をしてくれお、ツン!」



今思うと、非日常に遭遇した僕は、日常の中にいるはずの妻を探していたのだろう。



僕は多分、十数分間は叫んでいたと思う。

239:( ^ω^)の時間が少しずつ動き始めるようです :2010/03/16(火) 04:27:41 発信元:219.125.145.52
ある程度の落ち着きを取り戻した僕は、居間の机の上に書き置きを見つけた。



『散歩に行ってきます
           ツン』



( ^ω^)「散歩……」


妻が家に居ない理由を知った僕は、その紙の裏に妻への書き置きをした。



『少し出掛けてきます
          ブーン』



実を言うと、この時既に自首の気持ちは固まっていた。

妻の悲しむ顔を見たくない、という気持ちが、僕に書き置きをさせた。



僕は近くの交番へと向かった。

241:( ^ω^)の時間が少しずつ動き始めるようです :2010/03/16(火) 05:00:01 発信元:219.125.145.44
(  ω )「すいませんお」

( ^Д^)「はい、どうしました?」

(  ω )「ひき逃げ……」

( ^Д^)「はい?」

(  ω )「僕は人をひいてしまったお……」

(;^Д^)「へ? そ、それは本当ですか!?」



警官が慌てて周囲に連絡したり、事実を確かめようとしている間、僕は書き置きを見たであろう妻のことだけを考えていた。

242:( ^ω^)の時間が少しずつ動き始めるようです :2010/03/16(火) 05:06:43 発信元:219.125.145.53
それから数日が経ってから、僕は取り調べを受けた。



( ^Д^)「君がひき逃げをおこしたんだね?」

(  ω )「そうだと思いますお」

( ^Д^)「? 自覚は無かったのかい?」

(  ω )「当時少し酔っていましたお」

( ^Д^)「なるほど、飲酒運転か」

(  ω )「刑事さん、僕がひいてしまった人は……」

( ^Д^)「妊婦さんだ。残念ながら亡くなったよ。お腹の中にいた赤ちゃんもな」

(  ω )「妊婦さんでしたかお……」



僕はそれを聞くと、自分の妻と同じ、妊婦をひいてしまった事に対する、後悔の念に呑み込まれた。

243:( ^ω^)の時間が少しずつ動き始めるようです :2010/03/16(火) 05:11:12 発信元:219.125.145.56
( ^Д^)「ところで、あなたと奥さんとの夫婦関係は?」

(  ω )「仲は良かったと思いますお」

( ^Д^)「喧嘩等は?」

(  ω )「特には無かったと思いますお」

( ^Д^)「それは本当かい?」



何故だろう。妙に刑事が夫婦関係について質問をしてくる。




そう思った瞬間、僕の頭にあってはならない考えが浮かんだ。

244:( ^ω^)の時間が少しずつ動き始めるようです :2010/03/16(火) 05:16:06 発信元:219.125.145.86
(  ω )「あの、その妊婦さんの家族は……」

( ^Д^)「両親共に亡くなっていて、夫が唯一の近親者だ」



(  ω )「もしかして……」








( ;ω;)「――もしかして、その妊婦さんの名前は『内藤ツン』ですかお!?」








刑事の首が肯定を示した瞬間、僕は絶望の闇に包まれた。

245:( ^ω^)の時間が少しずつ動き始めるようです :2010/03/16(火) 05:22:08 発信元:219.125.145.54
その後、僕は裁判で懲役十年の判決を受けた。



妻を殺してしまった後悔
妻を無くした悲しみ


その二つの重い負の感情と共に過ごしていた僕に、あの刑事が一つだけ伝えてくれたことがある。


( ^Д^)「あなたの子供は、事故に遭遇した直後に産まれて、亡くなったらしい」



自分と彼女の子供がこの世に生を受けた。
例え、玉響の命であったとしても。


その事実が、わずかに、ほんの少しだけ、僕の中の闇を和らげてくれた気がした。


――――――――――――――――――――――――――――

246:( ^ω^)の時間が少しずつ動き始めるようです :2010/03/16(火) 05:24:50 発信元:219.125.145.54
テレビなどで遺族の方はよく、時計が止まったままだ、と表現されるが、本当にその通りだと思う。


僕の時間は、十年前のあの日から一切動いていない。

法律上は罪を償ったとはいえ、僕の心が晴れることは無い。




しかし、このままでは彼女に怒られてしまうだろう。


ξ゚⊿゚)ξ「何やってんのよ、早くしなさいよ」


彼女なら、今の僕にそう言う気がする。



もしかしたら、息子からも怒られるかもしれない。

247:( ^ω^)の時間が少しずつ動き始めるようです :2010/03/16(火) 05:30:30 発信元:219.125.145.55
( ・∀・)「何やってるの、父さん。早く行こうよ」



僕の中の彼は、僕の時間を動かす為に僕を引っ張ろうとし、



ξ゚⊿゚)ξ「ほら、私が一緒にいるんだから」



僕の中の彼女は、動こうとする僕を全力で支えようとしてくれる。

248:( ^ω^)の時間が少しずつ動き始めるようです :2010/03/16(火) 05:39:08 発信元:219.125.145.58
僕は電話帳を取りだして、飲酒運転被害者の会に電話をかけた。

飲酒運転撲滅の為に、被害者からの視点の他、加害者からの視点を世の中に伝える。
そうすることで、僕の中の時間が少しずつ動いていく。
そんな気がする。




僕のしたことは、一生許されないだろうし、僕自身が許すことは無い。

それでも、



( ^ω^)「僕は少しずつでも動いてみるお」

( ^ω^)「もちろん、お前たちの分も背負って」


僕は
『内藤 ツン
 内藤 茂等』
と刻まれた墓石に、そんな誓いを立て、前に歩き出した。



( ^ω^)の時間が少しずつ動き始めるようです 終
スポンサーサイト
  1. 2010/03/22(月) 23:47:41|
  2. 総合作品まとめ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<lw´‐ _‐ノvお似合いなようです | ホーム | (゚ー゚*NノV 素直パニックのようです (゚◇゚;NノV>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://potenta.blog13.fc2.com/tb.php/139-9b6fc062
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。