ひとくちlw´‐ _‐ノvくりぃむ

ブーン系作品まとめブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

総合短編

137:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/10/11(月) 13:07:06.20 ID:dO99MmE0P

('A`)「はぁ・・・」

 土曜日の駅。
周りは休日気分に浮き浮きしている人でいっぱいだ。

 そんな中、「株式会社ブラックカンパニー」勤務の俺、欝田ドクオは、
行き交うカップルやお出掛けの格好の女の子達に憂鬱な視線を送っている。
ただでさえ業界自体がブラックな上に会社がクソ人間だらけなので、ますますブラックな俺の会社は、
社内でいちばん立場の弱い俺に面倒な業務を全て押し付けてくる。

そんなわけで土曜日も、俺はこの改札前に立ち、出勤のための電車に乗り込むべく定期券を取り出すのだ。

139:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/10/11(月) 13:17:53.65 ID:dO99MmE0P

時計を見て電車に間に合うことを確認する。

('A`)「はぁ…間に合うな」

休日なのに始業時間は厳守だ

('A`)「サー残なのにな。うっぜ」

 こち、こち。動く腕時計の秒針をぼんやり眺める。
こうしてみてると、時計の針ですら、休日はのんびりと動いているように思える。

('A`)「ちえっ」

 俺は顔を上げて、緩慢な休日の時の流れから、忙しないヒトの流れに視線を移す。
休日出勤残業付きを押し付けられた苛立ちまぎれと暇つぶしを兼ねて、人間観察なんてことをやってみる。

 行きかう人々はみんな楽しそう。
友達同士、カップル同士。
これからお出掛けに、駅に入っていくやつらだ。

141:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/10/11(月) 13:20:13.44 ID:dO99MmE0P

('A`)「はぁ…」

友達ナシ彼女ナシ金ナシ
そんな俺は休日に超絶ブラック企業へ出勤させられて、
恵まれたやつらは休日に休んでエンジョイしている。

('A`)「世の中不公平すぎるだろ…」

('A`)「なんか改札通るのが嫌になってきた」

('A`)「もう俺死のうかな、生きてても何も楽しいこと無いし」

コミュ力ゼロ、卑屈、空気読めない、顔面凶器、取り得無し。
このまま生きていてもいいことが起こる確立は0.0000000001%もない

143:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/10/11(月) 13:22:57.16 ID:dO99MmE0P
 と不意に、

('A`)「おっ……ん?」

 視界の隅を、駅という場所において珍しいモノがすまし顔で横切った。
しっぽをピンと天に突き立てて、気位の高い貴婦人のような足取りで改札口へと向かうのは、

('A`)「ぬこ?」

一匹の薄汚れた白猫だった。
あのネコも文明の利器たる電車に乗って遠出したりするのか?

というか、あいつはわがもの顔で改札を通過しているけれど、あれで電車に乗り込んだら、

('A`)「ぬこでも無賃乗車になるのかな?」

気になるところではあるけれど、白猫は悠然と改札を通過した後、座り込んで足を上げて背中を舐め始めた。
きっとネコ様は電車の運賃より毛づくろいの方が重要なのであろう。

('A`)「ふむ」

俺は定期を手にもったままその場で立ち止まってぬこを観察してた

すると後ろからdqnにぶつかられて、おもいっきり舌打ちされた。
改札前で立ち止まったのは俺が悪かったので、

('A`)「ア、コゴゴゴゴコメスイマセフヒ」

と必死で誤ったが、何か俺の卑屈な態度がdqnを刺激したらしくスゲー睨み付けてきた。

145:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/10/11(月) 13:27:10.92 ID:dO99MmE0P

(,,゚Д゚)「てめー何立ち止まってんだよ」

('A`)「ア、ソ、ソノノノ、ヌヌヌ、ヌコが」

(,,゚Д゚)「ハァ?」

dqnは俺の視線の先を辿った
白猫は改札を過ぎたあたりで立ち止まって、こちらを振り返っていた。
鬱陶しいとでも言いたげなぶっちょう面を見せていた。

俺とdqnはじっと無言でネコを見てた
しばらくしてdqnがもう一度俺を見た

金髪ピアスのdqnに直視されて俺はまたキョドって、

('A`)「ア、アアアアアノデスネ、ヌコでも改札に切符がイルカナッテソノナーンチャッテ、ハハ、カンガエ、ア、ゴメ、スイマセ」

(,,゚Д゚)「は?…何言ってんのお前?」

dqnは顔を近づけてにらみつけてきた

146:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/10/11(月) 13:30:12.26 ID:dO99MmE0P

(,,゚Д゚)「お前おもしれーこと考えるなあ」

だが予想に反してdqnはけっこうフレンドリーに語りかけてきた
白猫はぷいとそっぽを向くと、俺たちにそれ以上興味は無いとでもいいたげにホームに歩み去った。

('A`)「ア、ソソソソ、ソッスカネ、ははは」

(,,゚Д゚)「ネコってマジ可愛いよな」

('A`)「ハハハ、ハハ、ソッスネ、ハハ」

dqnはそのままスイカでピッとやって去った
俺は俺を助けてくれた白猫様の可愛さに感謝していた

dqnに何もされずにほっとすると同時に、
なんとなく休日出勤残業付きの憂鬱な気持ちも少しは晴れていた

147:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/10/11(月) 13:33:54.22 ID:dO99MmE0P

後日dqnとちょっとだけ友達になった。
通勤電車で毎日顔を合わせるので、話をするようになったのだ。

(,,゚Д゚)「今度のみに行くか」

実現するかどうかはわからないが、初めて俺を飲みに誘ってくれる人ができた

それから、糞みたいな俺の出勤の毎日も、駅の改札前であの白猫を探す楽しみが加わって
少しはwktkする待ち遠しいものになった。
何でネコを探してるかってゆうと、

('A`)「あの白猫は、マジで神様かもしれない」

そう考えた俺は、今度どこかで出会ったら差し上げようと、
最近の俺は猫缶をひとつ、常に持ち歩いているのだ。





おわり
  1. 2010/10/11(月) 16:49:59|
  2. 総合作品まとめ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

( ・∀・)「そうなのか」のようです

3:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/10/09(土) 21:22:26.13 ID:hTpPhy9tO
( ・∀・)「鍋だー」

(´・ω・`)「ほう、何鍋だ」

('A`) 「闇鍋やなかったらなんでもえぇねん」

( ・∀・)「ミカン鍋」

(´・ω・`)

('A`)

( ・∀・)「えっ、なにこの沈黙」

6:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/10/09(土) 21:26:13.95 ID:hTpPhy9tO
('A`)「……さて、訳を聞こう。まず僕にはミカン鍋という概念は存在しないわけだ。美味しいのかも含めて聞いてやるから素直にミカンと柚子を変えろ」

(;´・ω・`)「柚子もミカンも要らなくない?普通の鍋が食べたいわけなんだけども」

( ・∀・)「ミカン鍋不評?あー残念だなーミカンを練り込んだ魚のつみれもあるというのに」

('A`)「いや許さん、いや……断じて許さん」

8:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/10/09(土) 21:30:43.92 ID:hTpPhy9tO
(;´・ω・`)「まず、ミカン鍋は食べたことはあるの?」

( ・∀・)「いや、もちろん初めてだよ。いやー世の中広いねぇ」

('A`) キエローミカンキエロー

(;´・ω・`)「通販であとは入れるだけみたいなあれかい?正直味は期待しないほうが」

( ・∀・)「そうなのか、だが今日はミカン鍋を止めるつもりは毛頭ない。諦めろ」

('A`) オコタトミカンデヌックヌクー

10:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/10/09(土) 21:35:13.54 ID:hTpPhy9tO
( ・∀・)「まぁもう食べれる、期待してろ」

(;´・ω・`)「地雷臭しかないような……」

('A`)「ミカンが皮ごと4つ……」

( ・∀・)「あ、俺2つ食べるから」

(;´・ω・`)「え、かじるの?」

( ・∀・)「当たり前だろ!ミカン鍋だからな!」

('A`)「鍋ときいてぼかぁ日本酒買ってきたのにこれだよ……」

14:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/10/09(土) 21:39:51.78 ID:hTpPhy9tO
( ・∀・)「……」

(´・ω・`)

('A`)

( ・∀・)「ああ、ミカン鍋のミカンは……うん」

('A`) デスヨネー

(´・ω・`)「ミカン鍋……」

( ・∀・)「いや、むしろなぜミカンを入れるのか。そこが問題なわけだ」

(´・ω・`)「……香り付け」

( ・∀・)

( ・∀・)「そうなのか!」

17:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/10/09(土) 21:45:22.25 ID:hTpPhy9tO
( ・∀・)「いやーおかしいとは思っていたわけだよ、ミカン鍋なんてねぇ」

(´・ω・`)「あ、ツミレは美味しいよ。爽やかだ」

('A`) ニホンシュトアウヤン!

( ・∀・)「ほんとだ、日本酒と合う味だね。爽やかな中に風味がある」

(´・ω・`)「出汁が……さっぱりなのに濃いよね」

( ・∀・)「これは好みじゃないかな?」

('A`)「……ミカンうめぇ」

19:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/10/09(土) 21:48:27.30 ID:hTpPhy9tO
( ・∀・)「……えっ」

('A`)「このミカンうめぇ!鍋つついた後ならうめぇ!」

(´・ω・`)「あ……ほんとだ。苦味が対して気にならない金柑みたいな……」

( ・∀・)「うわーなにこれ、えーミカンは最初に食べちゃダメなのか」

('A`)「説明書」

( ・∀・)

( ・∀・)「そうなのか!」

22:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/10/09(土) 21:53:16.35 ID:hTpPhy9tO
( ・∀・)「さて、中身のイカ、牡蠣、ツミレなどが瞬く間になくなってだな」

(´・ω・`)「まさか……」

('A`)「……」

( ・∀・)「そうだよ!ミカン雑炊の時間がやって来ました!」

('A`) ボクカエル

( ・∀・)「メレンゲは既に準備済みだ……」

(´・ω・`)「なんでメレンゲ?」

( ・∀・)「……さぁ?」

28:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/10/09(土) 21:58:24.59 ID:hTpPhy9tO
( ・∀・)「いいか、メレンゲだ。卵白だ」

(´・ω・`)「ああ、卵白だ」

('A`)「ご飯をかえせー」

( ・∀・)「もういれちった。さて、説明書にはミカンを入れろという内容がないわけですよ」

(´・ω・`)「え?」

('A`)「え?」

32:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/10/09(土) 22:03:22.59 ID:hTpPhy9tO
( ・∀・)「卵黄は後かららしい……」

(´・ω・`)「ああ……入れるんだ」

('A`)モウドウニデモシテクレ

( ・∀・)「真ん中に卵黄を注ぐ……」

(´・ω・`)「……」

('A`)「……」

( ・∀・)「えっ、ほんとミカン入れないの?これ」

34:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/10/09(土) 22:06:52.12 ID:hTpPhy9tO
( ・∀・)「蓋せず3分……」

(´・ω・`)

('A`)

( ・∀・)「いや、ミカン……」

(´・ω・`)「……メレンゲの中にある卵黄の色がミカンに見えるとか……」

('A`)「……見えなくも……ないわな」

( ・∀・)「そうなのか……君には失望したよ、ミカン鍋君」

(´・ω・`)「味は美味しいよ?」

( ・∀・)「それだけが救いだわ」

40:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/10/09(土) 22:10:58.36 ID:hTpPhy9tO
あのミカン鍋から一週間後……





( ・∀・)「さぁ、鍋の時間がやってまいりました」

('A`)「日本酒買ってきたでぇ……鍋やでぇ……」

(´・ω・`)「気分はモツ鍋がいいなぁ、当たらないだろうけどね。で、なんだい?」





( ・∀・)「スイカ鍋」




おわーり

ミカン鍋、スイカ鍋共に実在します。実際美味しいですから一度食べてみては?





( ・∀・)「そうなのか」のようです
http://yuzuru.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1286626741/
  1. 2010/10/09(土) 23:21:18|
  2. 短編まとめ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

独り善がりのようです

619:独り善がりのようです :2010/10/08(金) 16:56:02.67 ID:H7w/EiZ2O
最近 全てどうでもいいと思うようになってきた
死にたい訳ではないが、生きたくもない
そんな感覚





(俺・∀・)
20歳 社会人
一人暮らし
貯金100万弱

620:独り善がりのようです :2010/10/08(金) 16:57:21.92 ID:H7w/EiZ2O
最近 夜はとても静か
虫の鳴き声すら聞こえない
季節の移ろいのせいなのはわかっているが なんだか違和感がある

休日1日 誰にも会わずに引きこもっていた俺は
なんだか 周りが全て死に絶えてしまったのかなどと、頭の片隅で考えている




食後の錠剤依存は近年悪化

飲む
飲む
飲む
ざらり

ラリるのは 楽しい

621:独り善がりのようです :2010/10/08(金) 17:01:52.86 ID:H7w/EiZ2O
深夜二時
小腹が空いて コンビニまでお散歩

( ・∀・)「……」

道中 誰もいない
車すら見かけない
周り全てが死に絶える妄想が 拭いきれない




なんとなく不安になって、友達にメールしてみる


( ・∀・)『今、起きてる?』

622:独り善がりのようです :2010/10/08(金) 17:02:51.85 ID:H7w/EiZ2O
中学時代からの友達
高校時に告白してフられ
それからはまた友達

線を引いては越え
越えては後退する

妙にギクシャクした関係だが
どうしても忘れがたい人である


友達としてでも 彼女の傍にいたいと思っている自分がいる

まだ好きであることを
自覚してししまう


彼女の為なら全て捧げられる
そんな気がしている

最近彼女が 別の誰かを認識し始めていると知っていても

623:独り善がりのようです :2010/10/08(金) 17:05:21.43 ID:H7w/EiZ2O
( ・∀・)「……馬鹿だよな、俺」


最近書いた遺書には
俺の財産は全て彼女の元へ行くよう 書いてある

守られるかどうかは、別にして




624:独り善がりのようです :2010/10/08(金) 17:07:34.99 ID:H7w/EiZ2O
コンビニを出た頃
返信が来ていたことに気付く


(*゜ー゜)『起きてはいるよ♪』


ただそれだけの返信に
ふ と微笑んでしまう

すぐに、他愛のない返信をする




声を聞きたかっただけなのだが、
俺以外にメールしている人がいるから、今日は出来ないらしい

626:独り善がりのようです :2010/10/08(金) 17:09:57.91 ID:H7w/EiZ2O
( ・∀・)「……はぁ」

溜息を吐いて、玄関の鍵を開けた







627:独り善がりのようです :2010/10/08(金) 17:10:50.13 ID:H7w/EiZ2O
俺は次の連休で、またODをする予定でいた
死なないことはわかっているが 今までやったことのない量だから、少しだけ不安があった

彼女とは、悪い冗談のような会話を続けていく


(*゜ー゜)『遺書のことなんて考えてるからだよ』


( ・∀・)『来週の為だよ
なんてゆーか、勝手にされちゃ困ること、あるからさ』


(*゜ー゜)『来週とか言われても、ね
何をするつもりなのか知らないけれど
私にそれを止める権利はないし
そもそもモララー君の自由だからいいんだけどさ』


( ・∀・)「………」

629:独り善がりのようです :2010/10/08(金) 17:12:46.19 ID:H7w/EiZ2O

(  ∀ )「………そっ、か」


何かを期待していたつもりはなかった

ただ昔なら、何か一言 諫める言葉が返ってきていた


(  ∀ )「……何、俺
かまってちゃんみてぇ
…キモい」


返信を打つ


( ・∀・)『もし失敗したら 全部あげるね(笑)』


返信が来る


( ゜ー゜)『は、何を。』

631:独り善がりのようです :2010/10/08(金) 17:16:06.82 ID:H7w/EiZ2O





答えたくなくて
俺は携帯を放り投げた
そのまま意識を手放して 夢の世界へ


現実の彼女からも 逃げたくなってしまった


  1. 2010/10/08(金) 20:46:56|
  2. 総合作品まとめ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

侵略♪クー娘のようです

487:侵略♪クー娘のようです :2010/10/07(木) 11:22:27.31 ID:blNNnjzPO
侵略♪ 侵略♪ 侵略♪ 侵略♪ 侵略♪ 侵略♪ クー娘♪ キュッ♪




489:侵略♪クー娘のようです :2010/10/07(木) 11:25:40.33 ID:blNNnjzPO
川 ゚ -゚) と言うわけで侵略する事にした

( ^ω^) んで何故ここにいる?

川 > -<) 私ぃ今日誕生日だからぁ世界取ってほしいぃのぉ!

( ^ω^) んなゲーセンの景品をねだる馬鹿女みたいなノリで言われても……

川 ゚ 、゚) ちっ……使えねぇ

( ^ω^) お前は僕に何を期待したのか?

川 ゚ー゚) 私が世界を侵略するための、尊い犠牲となってくれればな、と

( ^ω^) ……

川 ゚ -゚) とりあえず下僕一号! 仲間を探すぞ

( ^ω^) いや僕を置いてかないで

川 ゚ -゚) 置いてなんか行かんよ? 大事な人柱を

( ^ω^) いやそういう意味じゃなくてね?
てか僕が死ぬのは確定かお?

川 > -<) 侵略♪ 侵略♪ 侵略♪ 侵略♪ 侵略♪ 侵略♪ クー娘♪ キュッ♪

( ^ω^) 人の話を聞け

490:侵略♪クー娘のようです :2010/10/07(木) 11:30:47.15 ID:blNNnjzPO
( ^ω^) と言う訳で街で仲間を探す事になったお

川 > -<) 侵略♪ 侵略♪ 侵(ry

( ^ω^) エンドレスリピートうぜぇ

ミセ*゚ー゚)リ あれ? クーさんとブーンじゃん

( ^ω^)ノ ミセリおいすー

ミセ*゚ー゚)リノ おいすー てかクーさんどったの?



川 ゚ 益゚) 侵略♪ 侵略♪ 侵(ry



( ゚ω゚) なんか凄い顔になってる!

ミセ*゚ー゚)リ  伝説のブチ切れた市松人形だね!

( ^ω^) まぁ見なかった事にするお

ミセ*゚ー゚)リ 嫌な事から目を背ける汚い大人の典型だね

491:侵略♪クー娘のようです :2010/10/07(木) 11:35:05.24 ID:blNNnjzPO
( ^ω^) お前これの相手出来ると思うのかお?

ミセ*゚ー゚)リ 無理

( ^ω^) だろ?

ミセ*゚ー゚)リ んで真面目にクーさんどうしちゃったの?

( ^ω^) なんか侵略したいらしいお

ミセ*゚ー゚)リ ?

( ^ω^) だーかーらー侵略したいらしいお

ミセ*゚ー゚)リ 頭大丈夫?

( ^ω^) クーに言ってくれ

492:侵略♪クー娘のようです :2010/10/07(木) 11:37:32.65 ID:blNNnjzPO
川 ゚ーミセ*゚ー゚)リ まぁとりあえず良くわかんないけど、頑張って!

( ゚ω゚) ミセリー後ろ後ろ!

川 ゚ ー゚) ニヤー ミセ(゚ー゚*;リ



川 > -<) 侵略♪ 侵略♪ 侵(ry

シン*゚ー゚)リャク 侵略♪ 侵略♪ 侵(ry

( ^ω^) 何これ?

493:侵略♪クー娘のようです :2010/10/07(木) 11:39:56.25 ID:blNNnjzPO
( ゚∀゚)o彡゜ おっぱい おっぱい

( ^ω^) またカオスなやつが

( ゚∀゚)o彡゜ なんかキャラが被ってる匂いを感じまして

川 ゚ -゚) なんだジョルジュ? お前も侵略されたいのか?

( ゚∀゚)o彡゜ 俺様がそう簡単に侵略されると思ってんのか?

川 ゚ー゚) 大した自信だな

( ゚∀゚)o彡゜ ふっ……お前もなぁ! 行くぜ!

川 ゚ -゚) 来い!

チュドーン! バリバリ! ズッコンバッコン!

494:侵略♪クー娘のようです :2010/10/07(木) 11:43:38.03 ID:blNNnjzPO
( ^ω^) だからなにこれ?

シン*゚ー゚)リャク さぁ?

( ^ω^) お前洗脳されたんじゃないの?

シン*゚ー゚)リャク 時給1000円で雇われただけだよ?

( ^ω^) へぇ……時給制なんだ

シン*゚ー゚)リャク あっそろそろ休憩終わりだ!

シン*゚ー゚)リャク 侵略♪ 侵略♪ 侵(ry

( ^ω^) 帰りてぇ

ズバッ! バタリ

( ^ω^) お? あっちも終わりかお?

496:侵略♪クー娘のようです :2010/10/07(木) 11:48:12.53 ID:blNNnjzPO
川 ゚ -゚)o彡゜ おっぱい おっぱい

( ゚∀゚)o彡゜ おっぱい おっぱい

( ^ω^) その発想はなかった


シン*゚ー゚)リャク 侵略♪ 侵略♪ 侵(ry


( ^ω^) そしてお前はそのままか

497:侵略♪クー娘のようです :2010/10/07(木) 11:50:38.01 ID:blNNnjzPO
川 ゚ -゚)o彡゜ 私は気付いたんだ侵略なんかより、おっぱいを世に広める方が平和へと近付く事に

( ^ω^) なんか悟っちゃったよ

川 ゚ -゚)o彡゜ ジョルジュ私を導いてくれてありがとう

( ゚∀゚)o彡゜ ははw 良いって事よ! これからもよろしくなクー!

川 ゚ -゚)o彡゜ ジョルジュ!

( ゚∀゚)o彡゜ クー!

( ^ω^) なにこの茶番

グシャッ!

シン*゚∀゚)リャク∴・∀゚)o彡゜ 侵略♪ 侵略♪ 侵(ry

川 ; -;) ジョ、ジョルジュ~!

( ゚ω゚) 急展開!

498:侵略♪クー娘のようです :2010/10/07(木) 12:00:53.53 ID:blNNnjzPO



シン*゚∀゚)リャク 侵略♪ 侵略♪ 侵(ry

川 > -<) 侵略♪ 侵略♪ 侵(ry

( ^ω^) そしてまさかの振り出しに戻る

( ゚∀゚)σ( ^ω^)ツンツン

(^ω^ ) 何?

( ゚∀゚)o彡゜ 侵略♪ 侵略♪ 侵(ry

(^ω^ ) あー増えたの? どうでも良いよ

( ;∀;)o彡゜ 侵略♪ 侵略♪ 侵(ry

499:侵略♪クー娘のようです :2010/10/07(木) 12:06:48.98 ID:blNNnjzPO
川 > -<) 侵略♪ 侵略♪ 侵(ry

シン*゚ー゚)リャク 侵略♪ 侵略♪ 侵(ry

( ゚∀゚)o彡゜ 侵略♪ 侵略♪ 侵(ry

( ^ω^) なにこの集団

イ从゚ ー゚ノi なんじゃおぬしら? 面妖な

( ^ω^) お前はこうならないと信じてる

イ从゚ ー゚ノi どう言う事じゃ?

( ^ω^) かくかくしかじか

イ从゚ ー゚ノi ほぅ? クーの暴走で侵略し始めて、ただ今絶賛洗脳中じゃと?

( ^ω^) わぁーメタって超便利!

500:侵略♪クー娘のようです :2010/10/07(木) 12:13:35.05 ID:blNNnjzPO
川 ゚ーイ从゚ ー゚ノi まぁ安心せい儂はこうはならんよ

( ゚ω゚) またこのパターン!?




川 > -<) 侵略♪ 侵略♪ 侵略♪ 侵略♪ 侵略♪ 侵略♪ クー娘♪ キュッ♪

イ从> ー<ノi 侵略♪ 侵略♪ 侵略♪ 侵略♪ 侵略♪ 侵略♪ 狐娘♪ キュッ!

( ^ω^) そーいやこいつ銀で定着してるけど、狐娘だったっけ

川 ゚ -゚) この作品は正義ヒーローの非公式サポーターです

( ^ω^) お前自由過ぎじゃね?

川 > -<) てへっ♪

( ^ω^) ちくしょう残念ながらかわいい

501:侵略♪クー娘のようです :2010/10/07(木) 12:20:19.93 ID:blNNnjzPO
ξ ⊿ )ξ あんた達! もぉー私堪忍袋の緒が切れたわよ!

ζ( ー *ζ ちょっとやり過ぎだよね

川 ゚ -゚) 誰だ? 貴様ら!

ξ゚⊿゚)ξ 大地に咲く一輪の花! キュアツンデレ!

ζ(゚ー゚*ζ 海に咲く一輪の花! キュアデレデレ!

( ^ω^) なんかキター

川 ゚ -゚) ふっ……お前ら如き私が相手するまでもないわ! 行け! ブーン!

( ^ω^) えっ? おれ?

ξ゚⊿゚)ξつ)゚ω゚(とζ(゚ー゚*ζ ジャマ

川 ゚ -゚) やるな

ξ゚⊿゚)ξ さぁ次はあんたよ!

ζ(゚ー゚*ζ 覚悟してね?

川 ゚ -゚) くくっ……血が湧いてくるね!

ドカーン! ヤキソバ! バゴーン!

502:侵略♪クー娘のようです :2010/10/07(木) 12:23:56.04 ID:blNNnjzPO
( ^ω^) またかよ

( ^ω^) てかミセリ達は?




シン*゚ー゚)リャク 侵略♪ 侵略♪ 侵(ry

ΩΩΩΩΩΩΩΩΩΩΩΩΩΩΩΩΩΩΩΩΩΩΩΩΩΩΩ侵略♪ 侵略♪ 侵(ryΩΩΩΩΩΩΩΩΩΩΩΩΩΩΩΩΩΩΩΩΩΩΩΩΩΩΩ

( ゚∀゚)o彡゜ 侵略♪ 侵略♪ 侵(ry

イ从> ー<ノi 侵略♪ 侵略♪ 侵(ry

( ゚ω゚) なんか超増えてる!

世界はそして、シン*゚ー゚)リャクによって侵略されて行った。

  1. 2010/10/07(木) 12:42:42|
  2. 総合作品まとめ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

駄菓子屋に行くようです

434:駄菓子屋に行くようです :2010/10/06(水) 23:10:12.25 ID:2fZne58HO [sage]

( ・∀・) 今日帰り駄菓子屋行こうぜー

( ><) わーい!行くんです!モロッコヨーグルなんです

( ・∀・) モロッコヨーグル美味しいよな~

( ・∀・) スプーンで食べようとしたらスプーンが入らないんだよなあれwww

( ><) あるあるww

( ><)そ あっそろそろHRが始まっちゃうんです
教室に戻りましょうモララーくん!

( ・∀・) おー

435:駄菓子屋に行くようです :2010/10/06(水) 23:11:58.89 ID:2fZne58HO [sage]

-放課後-


( ><) 相変わらずぼろっちいんです


/ ,' 3 ぼろっちくて悪かったのぉ

(; ><) ビクッ

( ・∀・) いや、駄菓子屋はぼろっちくなくちゃ

(; ><) そ その通りなんです



( ・∀・) おじちゃん!このスルメイカちょうだい!1番大きい奴!

/ ,' 3 どれも同じだと思うがねぇ 好きなのお取りよ

( ・∀・) うん!

( *><) モロッコヨーグル♪モロッコヨーグル♪

( ・∀・) あビロードーこのヤングドーナツ半分こしよーぜ!

( *><) 分かったんです!

438:駄菓子屋に行くようです :2010/10/06(水) 23:14:31.63 ID:2fZne58HO [sage]
( *><) あとこれとこれとこれと……たまにはすももも食べてやるんです

( ・∀・) ビロード小さいときすもも大好きだったよなー

( ><) 飽きちゃったから最近は滅多に食べませんけどね


( *><) フルーツの森も買うんですー! ドサドサ

( ・∀・) ビロード買い過ぎwww

( ・∀・) 一気に食うなよ~フルーツの森なんか一気に食べると気持ち悪くなるんだからな!

( ><) じゃあモララーくんにも二袋あげるんです!

( ・∀・) おサンキュー!
ん…?

( ><) どうしたんです?

( ・∀・) これ…賞味期限切れてる……
  1. 2010/10/06(水) 23:31:12|
  2. 総合作品まとめ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

( ^ω^)達は尾行するようです

360:( ^ω^)達は尾行するようです :2010/10/06(水) 17:36:56.59 ID:wIQfl3WSO [sage]
ある所に女の子がいました。


ξ゚⊿゚)ξ


彼女は制服姿で帰宅途中でした。

361:( ^ω^)達は尾行するようです :2010/10/06(水) 17:38:20.40 ID:wIQfl3WSO [sage]
その後方には、男の子がいました。


( ^ω^)


彼は数日前から、彼女に目を付けていました。


( ^ω^)「理由? 君は目の前にある山に登りたいと思ったことは無いかね?」

( ^ω^)「それと同じことさ」


ちょっとよくわかりません。



彼には、目的がありました。


( ^ω^)「彼女の制服はVIP学園の物で、スカートは股下15cmと短い」

( ^ω^)「つまり、彼女の絶対領域が見たいのだよ、明智くん」


別に格好良くも無い言葉でしたが、彼は満足しました。

362:( ^ω^)達は尾行するようです :2010/10/06(水) 17:40:23.37 ID:wIQfl3WSO [sage]
さて、彼が彼女の後を追う中、彼の後方にはおじさんがいました。


(´・ω・`)


このしょぼくれは、前から彼に目を付けていました。


(´・ω・`)「理由? 君は目の前にある穴を掘りたいと思ったことは無いかね?」

(´・ω・`)「それと同じことさ」


ただの変態です。



彼にもまた、目的がありました。


(*´・ω・`) ハァハァハァハァ


別に聞かなくても、見ればわかりました。
というより、聞きたくありません。

364:( ^ω^)達は尾行するようです :2010/10/06(水) 17:43:12.83 ID:wIQfl3WSO [sage]
その彼の後方には、若い男性がいました。


(,,゚Д゚)


この若者は、前からしょぼくれに目を付けていました。


(,,゚Д゚)「理由? 君は目の前にいる人物が危険だ、と思ったことは無いかね?」

(,,゚Д゚)「それと同じことさ」


同じことというか、まさにその状況です。



彼にもまた、目的がありました。


(,,゚Д゚)「こいつを捕まえて有名になれば、浮気で怒ってるあいつもきっと――」


ここには録な奴がいません。

365:( ^ω^)達は尾行するようです :2010/10/06(水) 17:45:58.53 ID:wIQfl3WSO [sage]
その時、風が吹きました。


ξ゚⊿゚)ξ「キャッ」


風が吹くことで、彼女のスカートは捲り上がりました。


(*゚ω゚)キター!!


彼女の絶対領域が見えた瞬間、彼はパンツをズボンごと下ろしておちんちんを扱きだしました。


(*´・ω・`) ウホッ


少年がズボンを脱いだ瞬間、彼は全裸になって彼の穴を狙いました。


(,,゚Д゚)「やりおった!」


おじさんが全裸になった瞬間、彼は全力でおじさんに抱きついて動きを制しました。

366:( ^ω^)達は尾行するようです :2010/10/06(水) 17:47:10.58 ID:wIQfl3WSO [sage]
すると、女性の叫び声が聞こえました。



(*゚o゚) キャー!!

368:( ^ω^)達は尾行するようです :2010/10/06(水) 17:50:32.78 ID:wIQfl3WSO [sage]
実は若者の後方には、若い女性がいました。


(*゚ー゚)


この女性は、若者に対して怒っていました。


(*゚ー゚)「理由? あなたは自分の恋人の浮気相手を確かめたい、と思ったことは無い?」

(*゚ー゚)「それと同じことよ」


私は彼女なんていたことが無いのでわかりません。



彼女にも目的がありました。


(*゚ー゚)「彼の浮気の真相を調べて女にも慰謝料をガッポリと……」


前にも言いましたが、録な奴がいません。

371:( ^ω^)達は尾行するようです :2010/10/06(水) 18:00:28.84 ID:wIQfl3WSO [sage]
その彼女は見ました。


おちんちんを露出している少年。
その少年のお尻におちんちんを入れようとするおじさん。
そのおじさんに抱きつく自分の彼氏。



(^ω^*)・ω・`*)゚Д゚,,)


(*゚o゚)

372:( ^ω^)達は尾行するようです :2010/10/06(水) 18:02:13.48 ID:wIQfl3WSO [sage]
こうして、少年とおじさんは猥褻物陳列罪で逮捕されました。
若者は、女性に高額な慰謝料を払うことになりました。
もちろん、しょぼくれからもガッポリ貰いました。



ちなみに、帰宅途中の彼女はある事を考えていました。


ξ゚⊿゚)ξ「昨日会ったショタ((=゚ω゚)ノ)かわいかった……」

ξ゚⊿゚)ξ「そうだ、明日あの子の後でも付けようかしら」



明日もまた、何かが起きるかもしれません。



( ^ω^)達は尾行するようです

改め

録な奴がいないようです    終
  1. 2010/10/06(水) 23:26:09|
  2. 総合作品まとめ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

3分クッキング

153:3分クッキング :2010/10/05(火) 00:04:17.52 ID:R8cBc1utO
lw´‐ _‐ノv「ロマーぁ」

( ФωФ)「なんであるか 我輩はそろそろおねむの時間故…」

lw´‐ _‐ノv「おなかすいた」

( ФωФ)「おねむ無視であるか」

lw´‐ _‐ノv「ロマごはん」

( ФωФ)「自分でやらんか。我輩は明日も早いのである」


lw´‐ _‐ノv「制限時間は三分間!よーいスタート!!」

(#ФωФ)「人の話を聞かんかッ」

154:3分クッキング :2010/10/05(火) 00:05:14.56 ID:R8cBc1utO
キッチン


( ФωФ)「……で、結局」


(´ФωФ)「こうなるわけであるか」


lw´‐ _‐ノv「チャッチャッチャッチャ
チャチャチャチャチャ♪」

lw´‐ _‐ノv「チャラチャッチャッチャ
チャラチャッチャッチャチャ
チャ☆チャ☆チャ☆
チャラチャッッチャッチャー♪」

(´ФωФ)「えーと、米であるな…よし冷や飯…」

lw´‐ _‐ノv「待てロマ」

(ФωФ`)「なんであるか 我輩明日も早いのである」

lw´‐ _‐ノv「お前も歌え」

(ФωФ )「だが断る」

155:3分クッキング :2010/10/05(火) 00:06:04.16 ID:R8cBc1utO
lw´‐ _‐ノv「許さん」

(ФωФ )「だが断」

lw´‐ _‐ノv□「この「秘蔵☆フリル猫耳ロマネスク」を明日2chに晒されても、…いいのかい?」

Σ(ФωФ;)「ちょっと待てなんだその身に覚えの無い写真は!!!!
シュー!!」


lw´‐ _‐ノv「ほぉらいくぞっ☆」

(ФωФ.´)「……一生の不覚っ!!」


lw´‐ _‐ノv 人 (ФωФ. )「チャラチャッチャッチャ
チャラチャッチャッチャチャ
チャ☆チャ☆チャ☆
チャラチャッチャッチャー♪」

156:3分クッキング :2010/10/05(火) 00:07:57.12 ID:R8cBc1utO
(´.ФωФ)「………くすん」


lw´‐ ∀‐ノv「じゃあタイマースタート☆
ロマ、後は頼んだぞえ。」


(#ФωФ)「……」


( ФωФ)「っと、腹を立てても始まらん。
時間は有効活用せねば。

歌の間に冷や飯を土鍋で煮ておいてよかったのである」

158:3分クッキング :2010/10/05(火) 00:11:12.50 ID:R8cBc1utO
( ФωФ)「冷や飯に水を足し、おじやのように煮る
柔らかくなったら弱火にし、
味の素と、鰹節を満遍なくまぶす。
鰹節はケチってはならんぞっ」

♪(ФωФ*)「かつぶしのいい香りである…」

( ФωФ)「そこに、軽く湯がいたブロッコリー(房を小さく切ったもの)を加え、
すりおろしたジャガイモを混ぜ合わせて、蓋をする」

(ФωФ )「その間に卵を割って、よーく解きほぐしておくのである。」

159:3分クッキング :2010/10/05(火) 00:13:05.75 ID:R8cBc1utO
(*ФωФ)「おっと鍋鍋…
ジャガイモのでんぷんでとろみが増しておる
ジャガイモにはビタミンCも含まれている故、肌にもよいぞ」


( ФωФ)「ダシしか味がついていない。
我輩はこれで充分なのだが、シューの為にめんつゆを少々
火を止め、菜箸から伝わせるよううにして卵を満遍なく流し込み…蓋をする」

(ФωФ )「土鍋は熱がこもりやすい。蓋をするだけで卵は半熟になる」



(*ФωФ)「これにて完成。

さぁて、シュー?」




lw´‐ _‐ノv 「ぐぅ…」



(#ФωФ)「貴様あぁぁぁっ!!!!」


おわり
  1. 2010/10/05(火) 18:47:35|
  2. 総合作品まとめ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ひきこもりの行く末のようです

54:ひきこもりの行く末のようです :2010/10/04(月) 16:42:42.63 ID:AOmvnA4HO
(-_-)「………」

今日、何日だっけ

(-_-)「………」

誰かと話をしたのは、どれくらい前だっけ

(-_-)「………」

前回部屋から出たのは、いつだっけ

(-_-)「………」

毛布の外に出たのは、いつだっけ

(-_-)「………」

家から出なくななったのは、いつからだっけ…?



ひきこもりの行く末のようです

55:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/10/04(月) 16:45:13.81 ID:AOmvnA4HO
('A`)「………」

ケータイを開く
今日も一回も鳴らない

( 'A`)「………」

新しく立てたスレも、レスがつかない

('A` )「………」

鏡の自分と目が合う

( '∀`) ∥ ('∀` )
気持ち悪い

('A`)「………」



( ´_ゝ`)「………」

カタカタ カチカチ

( ´_ゝ`)「おk」

(´<_`#)「ブラクラゲットふざけんな」

( ´_ゝ`)「………おかえり」

56:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/10/04(月) 16:46:03.37 ID:AOmvnA4HO


トントン
ノック音。母親だろう

(-_-)「………」

勿論出ない
置いといてくれと 大分前に伝えてある

ドアの向こうから気配が消え、階段を下る音を確認してから、ドアを開ける

(-_-)「………」

温かい料理
見向きもせずにペットボトルだけを取って、

またドアを閉めた

57:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/10/04(月) 16:49:30.39 ID:AOmvnA4HO
コンコン
ノック音。カーチャンの声

J( '-`)し「ドクオ、ごはんよ」

('A`)「うるせーよ。」

ドアは開けない

J( '-`)し「…一緒に食べない?」

('A`)「誰が食うか
さっさと失せろババァ」

58:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/10/04(月) 16:51:22.14 ID:AOmvnA4HO
J( '-`)し「…ごめんね」

かたん

盆を 廊下に置く音


J( '-`)し「此処に置いとくね。
……ドクオ。お洗濯、ありがと」


そう言ってカーチャンは階段を下っていった。


母子家庭、一人で頑張ってるカーチャン。
家に居ないうちに、俺はこっそりと家事をやっている。

('A`)「……チッ」

礼を言われると、バツ悪い

ドアを開けて、湯気が立つ料理を部屋に入れた

59:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/10/04(月) 16:52:26.52 ID:AOmvnA4HO
 @@@
@#_、_@
 (  ノ`)「あんた達降りといで!」

号令

(*´_ゝ`)「待ってましたーぁ♪」

部屋から踊り出る

(´<_` )「お前が真っ先に行ってどうする兄者。恥を知れ」

从・∀・ノ!リ人「働らかざる者食うべからず なのじゃっ!」

(;´_ゝ`)「うっっ」

(´<_` )「働け童貞」

 @@@
@#_、_@
 (  ノ`)「まったく」

从・∀・ノ!リ人「のじゃ!」

言葉は辛辣だが 会話はある。
ちゃんと俺の飯も ある。
恵まれている と、俺は思う

60:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/10/04(月) 16:54:30.64 ID:AOmvnA4HO
(-_-)「……」

あれから丸二日
母親は部屋に来なかった

毎日必ず三食運んでくる母親が、丸二日来なかった

(-_-)「……?」

遂に見放されたか
しかし忠告も宣告もなかった

あと1日 様子を見てみようと思った

61:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/10/04(月) 16:55:37.36 ID:AOmvnA4HO
('A`)「………」

これは、どういうことだろう?

カーチャンが出掛けてから、部屋を出た。
昨日使った食器を洗うことから始めよう

そう思って居間に向かった
居間に入って、不自然なものが目に入る

テーブルの上に、
いくつかの紙と、判子
通帳と、カード


真っ白な封筒

62:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/10/04(月) 16:56:26.92 ID:AOmvnA4HO


あれから24時間が経過
久々に時計を何度も見た


耳をすますも、階下からは音がしない

流石に不審だった

(;-_-)「………」

しばらく迷っていたが、決意を固めた
深呼吸して、ドアノブを掴み 捻った



慎重に階段を下りる

洗面所へ行く
誰も居ない

63:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/10/04(月) 16:58:33.11 ID:AOmvnA4HO


『ドクオへ
ごめんね。カーチャン、仕事クビになっちゃった
これじゃあ暮らしていけないね ごめんね。
でも大丈夫だよ、ドクオ。
カーチャン、ちょっとだけど、貯蓄はあるんだ。
ドクオがお金をせびらないいい子だったから、貯めることが出来ました。
通帳とカードがああるから、それを使ってください。
暗証番号は ****』


手紙はまだ続いている
いやな予感しかしない。

64:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/10/04(月) 16:59:28.15 ID:AOmvnA4HO


どちらか迷ったが
居間に足を向けた

擦り硝子がはめ込まれたドアを ゆっくりと開ける



(-_-)「…………おかあ、さん…?」

暫く喋っていないせいで、声は掠れていた

67:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/10/04(月) 17:02:18.82 ID:AOmvnA4HO
『あと、ドクオにプレゼント
カーチャンから最後にしてあげられる、精一杯のプレゼント』


土地の 権利書
この家の売り払い方が書かれた紙

手紙と一緒に同封されていた 銀色の鍵

生命保険の契約書
契約者はカーチャン
受取人は自分

申請書と、申請の仕方を事事細かに書かれた紙


手紙には、
『ごめんね』『ありがとう』がたくさん散りばめられていて、
所々はぼやけていた



――― 全てを 理解した

(;'A`)「カーチャン!!」


迷わず、家を飛び出した

68:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/10/04(月) 17:04:46.74 ID:AOmvnA4HO
(-_-)「……」

どういうことだ

よくわからなかった
理解出来なかった


何故母親は そこで俯せに倒れているのだ

パリパリに固まった 血液の海の中で


(-_-)「…おかあ、さん?」

掠れた喉を、慣らすように

(-_-)「…おかあさん?」

だんだんと


(-_-)「お母さん!?」


感情を帯びて

70:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/10/04(月) 17:06:30.49 ID:AOmvnA4HO
J( '-`)し「………」


ドクオは、ちゃんと一人で生きていけるかしら

当分生活するだけの資金は、無理矢理捻出してきた

ドクオは家事をしてくれていたから、きっと一人でもやっていける

…あぁでも、料理って作れたかしら?

……きっと大丈夫。
あの子は、ややれば出来るのだもの。

私があと、あの子の為にしてあげられること


事故を装って 車道に飛び出すこと

保険金がおりないと、あの子は生活していけないのだから

73:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/10/04(月) 17:08:56.07 ID:AOmvnA4HO
首筋に指をあてた
当然、脈はない

姿の見えない父親も気になった

寝室へ走り、かじり付くようにドアを開ける


そこにも 同じ光景
暴れた痕跡がある

寝室は
滅茶苦茶に荒らされていた

多分 物取りの類



(#-_-)「………うわああぁぁぁぁぁぁぁっ!!!」

頭の中に閃光が走り 目の前が真っ白になった

74:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/10/04(月) 17:11:09.73 ID:AOmvnA4HO
(;'A`)「はぁっ…はぁっ…」

行動範囲=家の中の自分が、カーチャンを見つける前に体が悲鳴を上げるなんて
考えてみれば当然の話だった。

それでも走るしかなかった。



全身黒のスウェット
目を隠すほどに伸びた前髪を振り乱して、
脇腹を抱えながらぜぇはぁぁと走る 一見中学生に見えなくもないチビガリ

周囲の目線は痛かった

(;;'A`)(こっちみんな!!)

頭はパニックを起こしている
体は限界を超えている


俺 もう駄目かもしんね

75:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/10/04(月) 17:12:24.54 ID:AOmvnA4HO
受話器を上げた
警察に電話する

『はい、こちらヴィップ警察署です。どうされましたか?』

(#-_-)「お、おおぉ、おかっ、」

『ちょっと落ち着いてください。何がありましたか?』

(;-_-)「かっ、家族、し、しっ…ち、はっ……!!」

『血?
すみませんん。急行しますので住所とお名前を…』
(;;-_-)「びびびびびっぷちょ…さささささん、さんちょうめ…にーはっ、よんっいいいいちまっさん」

76:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/10/04(月) 17:14:38.82 ID:AOmvnA4HO
『ヴィップ町、三丁目…ええと、番地、もう一度いいですか?』

(;#-_-)「に、は、よん いちまっ …さん」
『284・103…で大丈夫ですか?』

(;-_-)「ははははいっ!あ、なまっ …ウツダヒキ…ウツダ、ウツダ!」

『鬱田さんですね。すぐ向… ―』


聞ききる前に電話を切った

77:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/10/04(月) 17:16:10.90 ID:AOmvnA4HO
路地に逃げ込み、ポケットを漁る
ロクに使っていない携帯を掴み上げ、
かけたことのない番号に電話をかけた

『01 カーチャン』

78:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/10/04(月) 17:17:09.50 ID:AOmvnA4HO
携帯が鳴る
設定してから 一度も鳴ることのなかった着信音

ハッとして、電話に出た

J( '-`)し「…もしもし?」

『カーチャン!今何処にいんだよ!!』

まくし立てるような、息子の声
怒気を孕んでいる
そして、電話の向こうから雑音
あの子は今 家の外に居るるようだ
何故?

J( '-`)し「ドクオ、手紙読んだ?あれで足りるかい?」

『知るかよ!!いいから答えろ!』

J( '-`)し「……ドクオ?」

『答えろ!!一歩も動くな!チッ…クソ、いやもういっそ家に帰ってこい!!』

帰ってこい?

81:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/10/04(月) 17:18:14.63 ID:AOmvnA4HO
『なんだよあれ!!あんなのいらねぇよ!!』

J( '-`)し「でも」

『でもじゃない!!居間で待っててやるから、早くしろよなクソババァ!!』

ぶつっ

電話は一方的に切られた

82:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/10/04(月) 17:19:44.49 ID:AOmvnA4HO
(#'A`)「…クソッ!」
携帯を地面向かって叩き付ける

バキッ 致命傷な音がした

ずっと握り締めていた手紙も その場で破いた


『保険金があれば、きっと大丈夫だから』

(#'A`)「死なせるかよ クソババァ!」

家に向かって駆け出した

84:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/10/04(月) 17:22:13.08 ID:AOmvnA4HO
警察が来るまで、ずっと母親の傍にいた

季節のおかげか 腐っているところは見かけない


ずっと 自責の念にかられていた

何故三日も放置したのか
何故気付かなかったのか
何故 最後に部屋に来たときに、言葉すら交わさなかったのか



結局 孝行をする前に逝かかれてしまった


いい年して何もしない自分を、毎日毎食面倒を見てくれた お母さん

(-_-)「…おかあさん、ごめん……」

今更だと 思うけれど

(.-_-)「ごめんなさい…ごめんなさい……!」

涙が 止まらなかった 続きを読む
  1. 2010/10/05(火) 18:43:34|
  2. 総合作品まとめ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

焼き芋のようです

970:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/10/03(日) 22:45:21.72 ID:r3P5nVe0O
(,,゚Д゚)「お題:秋はやっぱり焼き芋」

(*゚ー゚)「という訳でお芋を持って河川敷にやってきました」

ミ,,゚Д゚彡「枯葉集めてきたからなー」

(*゚∀゚)「あまり散ってなかったから時間かかったぜ!」

(,,^Д^)「周りの民家からはある程度離れてるので、苦情などは大丈夫でしょうかね?」

(#゚;;-゚)「確認しましたが、この河川敷では焚火をしても大丈夫みたいデス」





※(゚A゚* )も出したかったけど、カップリング相手に迷ったため不参加

(*゚∀゚)「作者、モナーとニダーどっちを相方にするか決められなかったんだとサ」

ミ,,゚Д゚彡「そもそも短編で六人使う時点で無理があるんだからな!」

(;゚Д゚)「お前ら、メタ話なんかしてないで準備するぞ」

972:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/10/03(日) 22:47:08.52 ID:r3P5nVe0O
ミ,,゚Д゚彡「? 枯葉用意したよ?」

(,,゚Д゚)「……火種を持ってるヤツがこの中に居なくてな」

ミ;-Д-彡「主催者それ位用意しろよ……」

(*゚∀゚)「うだうだ言ってないで火起こすぞ、フサ!」

ミ;゚Д゚彡「ええ、マジ? ライター取りに帰った方が早k……」

               wktk(O。゚;;-゚)   (^Д^;)ディサン……

ミ,,゚Д゚彡「よし、やるか」





※(;^Д^)←持ってこようかと考えたが、それくらいは用意されてるだろうと考えてた人

(*゚ー゚)「ちなみに、私とつーちゃんには持ち歩く理由が無い」

(*゚∀゚)「ギコとフサは喫煙家だが、外では吸わないから持ってないらしいぞ!」

(#゚;;-゚)←そんな危ない物を持っていたらタカラに怒られる人

975:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/10/03(日) 22:49:08.33 ID:r3P5nVe0O
(*゚ー゚)「で、どうやって火付けるの?」

(#゚;;-゚)「……ヒートさん?」

(*゚∀゚)「ヒートって名前なんだし芋も焼けるだろ」

ミ,,゚Д゚彡「お題消化乙」

(,,゚Д゚)「とりあえず、ベタに摩擦熱で起こすか?」

(#゚;;-゚)「道具、探しに行きましょう」





※ヒートは出てきません

女「AAすら出す気がないらしいぞおおおおぉぉぉぉ!!」

男「うるさい、突発的に叫ぶな」

978:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/10/03(日) 22:51:03.95 ID:r3P5nVe0O
(*゚∀゚)「木の板ハケーン!」

(,,^Д^)「誰かが日用大工にでも使ったんでしょうかね?」

(,,゚Д゚)「木の枝適当に尖らせたぞ」

(*゚ー゚)「これをぐるぐるってして、煙が出たら砕いた枯葉入れたらいいかな?」

(*゚∀゚)「フサの毛ならよく燃える気がするぞ!」

ミ;゚Д゚彡「やめて、ギコになるからやめて!」





※擬人化で想像してた方々、急遽AA体に変換して下さい

(O。゚;;-゚)wktk ←実はライターを拾ったけど、面白そうだから黙ってる人

982:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/10/03(日) 22:53:12.07 ID:r3P5nVe0O
(,,゚Д゚)人”「そーれぐーりぐりっと」

(*゚ー゚)人”「そーれぐーりぐりっと」

ミ,,゚Д゚彡人”「あそーれぐーりぐりっと」

(*゚∀゚)人”「そーれぐーりぐりっと!」

(;^Д^)人”「そ、そーれぐーりぐりっと」

(*゚;;-゚)人”「……ぐりぐり」





※ノルマ:一人ニ十分

♪~(*゚;;-゚)人”    (゚Д゚;)(-ー-;) ミ-Д-;彡(^Д^;) (うん、無理だ)

(*゚∀゚)つ8<  ケガリバサミ ハケーン!

984:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/10/03(日) 22:55:06.95 ID:r3P5nVe0O
(;^Д^)「もうライターでも買ってきましょうかね?」

(,,゚Д゚)「あ、待った。ちょっと煙出てね?」

そ(*゚;;-゚)人ζ

(*゚ー゚)「ホントだ! つーちゃん、枯葉持ってk……」

(*゚∀゚)つミ

(;゚ー゚)!?





※言うまでもなく

 ∧,,∧        ∧..∧
ミ,,゚Д゚彡   →   (,,TДT彡
びふぉあ       あふたー

987:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/10/03(日) 22:57:30.46 ID:r3P5nVe0O
(;゚Д゚)「おー燃えとる燃えとる」

(,,TДT彡 ←結局燃やされた

(,,^Д^)「芋をアルミでぐるぐるっと」

(*゚ー゚)「枯葉投入するよー」

(,,^Д^)「あ、はい。芋も準備出来ました」

(,,゚Д゚)「焼き具合とかはよく分からないから任せるぞ」





※(*゚∀゚)は追加の枯葉回収中

(*゚∀゚) フサモテツダエ!

(#゚;;-゚)←お手伝い

989:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/10/03(日) 22:59:10.74 ID:r3P5nVe0O
(,,゚Д゚)「待つこと……何分?」

(,,^Д^)「まだ時間かかりますから待ってて下さいねー」

ミ,,゚Д゚彡「ちょっと復活したから!」

(,,゚Д゚)「予想の範疇だな」

(*゚ー゚)「つーちゃんでぃちゃん、集めた枯葉焚火に被せてねー」

ビシッ(*゚∀゚)ゞ (#゚;;-゚)ゞビシッ





※この中で働いてない人

ミ,,゚Д゚彡 ←最初頑張った人

(*゚ー゚) ←気付いたら他人に任せてる、他人が任されてくれてる人

(,,゚Д゚) ←回されないと仕事しない人

991:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/10/03(日) 23:01:05.14 ID:r3P5nVe0O
(,,^Д^)「……うん、良いでしょう」

(#゚;;-゚)「皆さん、芋が焼けましタ」

(*゚∀゚)つ8<「やっとかー!」

(,,゚Д゚)「おー焼けとる焼けとる」

(*゚ー゚)「黄金色ー」

(,,^Д^)「火傷しないように気をつけて食べて下さいねー」





※(*゚∀゚)つ8<   (゚Д゚;)……?

  ∧,,∧
 (,,TДT) ナゼマタカラレタシ……

992:あとこれふくめてよんれす :2010/10/03(日) 23:03:06.11 ID:r3P5nVe0O
(,゚д゚,)ウマー

(*゚;;-゚)ホフホフ

(,,^Д^)「でぃさん、火傷しないように気を付けて下さいね」

(*゚∀゚)「そういえば、バター持ってきてたの忘れてた!」

(;゚ー゚)「もしかして、常温で放置してた?」

(,,゚Д゚)「……溶けてるな」





※六行目はフサです
  ∧,,∧
 (,,゚Д゚)ウマー
 ( つ∧)

993:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/10/03(日) 23:05:02.94 ID:r3P5nVe0O
(,,゚Д゚)「食った食った、さぁて後片付けのお時間だ」ゲフ

(*゚ー゚)「近くの家から箒と塵取り借りてきたよー」

(,,^Д^)「燃えるゴミは僕が持ち帰って、明日捨てておきますね」

ミ,,゚Д゚シ「アルミはウチで処理するからな!」

(#゚;;-゚)つ[]「これはドコに捨てますカ?」

(#゚;;-゚)つ[]←拾ったライター     (゚Д゚;)





※只今でぃがタカラに怒られてます、モサモサでお待ち下さい。

            /^l
     ,―-y'"'~"゙´  |   もさもさ
     ヽ  ´ ∀ `  ゙':
     ミ  .,/)   、/)
     ゙,   "'   ´''ミ   ハ,_,ハ
  ((  ミ       ;:'  ,:' ´∀`';
      ';      彡  :: っ ,っ
      (/~"゙''´~"U    ι''"゙''u

994:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/10/03(日) 23:07:44.62 ID:r3P5nVe0O
(;-Д-)「……そういう事ですから。わかりましたか、でぃさん?」

(#゚;;-゚)「しかしおいしかったですね」ケロッ       (^Д^;)そ ムシ!?

(*゚ー゚)「また焼きに来たいね」

(,,゚Д゚)「次はちゃんとライター持って来ないとな」

ミ,,゚Д゚彡「火起こしは楽しいけど疲れるんだからな!」

(*゚∀゚)「フサ毛も準備しtミ;゚Д゚彡「止めて! すぐ生えるけど止めて!?」





※フサ毛の成長速度は刈られた量に比例します
         ,,ゞ''""""''''ヾ,,
        彡   ∧,,∧   彡,
        ,ミ"    ゚Д゚   "ミ   ソレデモ イヤナモノハ イヤナンダカラナ!
       彡;;;;        ''彡
       ミ;;;;;;;;;;         ミ
        "'ゞi;;;;;;,   , , ;;;;;;'''"
            """"""

995:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/10/03(日) 23:09:02.60 ID:r3P5nVe0O
(,,^Д^)「箒返してきましたよ」

(,,゚Д゚)「さあて、お開きにするか」

(*゚ー゚)「特にオチもないけどね」

(*゚∀゚)「つーか1レスに六行じゃ、オチ付けるにも無理があるぜ!」

ミ,,゚Д゚彡「そんな訳で無理矢理終わるんだからな!」

(*゚;;-゚)ノシ オソマツサマデシタ





※今更気付いたけど、タイトルコール入れるの忘れてました

ミ,,゚Д゚Д゚ー゚∀゚;;-゚)焼き芋のようです  (^Д^;)ハイレナイ……





女「おしまいだあああああぁぁぁぁぁあああ!!」

男「お前が言ったら夢も希望も無くなったかのような台詞に聞こえるな」
  1. 2010/10/03(日) 23:33:12|
  2. 総合作品まとめ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

川 ゚ -゚)ナスは黒く光るようです

832:川 ゚ -゚)ナスは黒く光るようです :2010/10/03(日) 03:01:24.75 ID:PguGDY/00
('A`) はい、今日の授業これでお、おわり……。号令……

キリーツレーイ

ザワワザワワワ

(*゚∀゚) なーなー、授業中ふと思ったんだけどさ

(*゚∀゚) ドクオってさ、ナスみたいだよな?

ξ゚⊿゚)ξ
ノパ⊿゚)
从'ー'从

ξ;゚ж゚)ξハ;゚ж゚);'ж'从 ブハッ

ξ*゚∀゚)ξハ*゚∀゚)*'∀'从 あはははははははwwwwそっくりそっくりwwwwww

833:川 ゚ -゚)ナスは黒く光るようです :2010/10/03(日) 03:02:48.72 ID:PguGDY/00
)))川 ゚ -゚) どうしたなんか賑やかだな?

ξ*゚∀゚)ξ ちょっとクー、あんたも混ざんなさいよ。面白いわよ?

(*゚∀゚) ドクオがナスみたいって話っさ

川 ゚ -゚)

川;゚ -゚) え!?そ、そうなのか!?そんなに似てるのか?

ξ゚⊿゚)ξ ほら、あいつ血色とか悪いしwwww

川;゚ -゚) け、血色!?そんなものあるのか!?

从'ー'从 クーちゃん酷いよ~人間だもん血色くらいあるでしょ~

川 ゚ -゚) そ、そうか、そういうものなのか。私はあまり見たことがないから……

ノパ⊿゚)つそ ってお姉ちゃん真ん前の席やないかああああああああああああいい!!!!

ノパ⊿゚) そして私も見たまんまナスって感じだと思うぞおおおおおおおおお!!

川;゚ -゚) ヒート!お前はそんなもの見ちゃいけません!!お姉ちゃん怒るよ!?

ノハ´⊿`) ナスなのに~

834:川 ゚ -゚)ナスは黒く光るようです :2010/10/03(日) 03:04:28.88 ID:PguGDY/00
(*゚∀゚) そんなものって眼中にないってことかい?

川 ゚ -゚) 入れるなら別のあ……、いや見てはいるぞ。こう――

川 ~ -゚)チラッ

川 ゚ -゚) とだが

ξ*゚∀゚)ξ チラッとってwwwwあんた授業中何してんのよwwwwwもっとちゃんと見てやんなさいよwwwww 

川;゚ -゚) じゅ、授業中!?お前たち授業中にそんなジロジロ見てるのか!?うらやしからんぞ!!

ξ*゚∀゚)ξ なに言ってんの他にいつ見んのよwwwww

从'ー'从 私この前、放課後にわかんない問題教えてもらったんだ~。そのときもすっごいダークな感じだったよ~wwwww

川;゚ -゚) 放課後学校で!?

(*゚∀゚) そーそー、あいつ真っ黒っさwwww

ξ*゚∀゚)ξ ていうか真っ暗でしょwwwww頭もペッチャリでまさにダークナスwwwwww

川;゚ -゚) あ、頭まで!?お前たちいつのまにそんなの見る間柄に!?

835:川 ゚ -゚)ナスは黒く光るようです :2010/10/03(日) 03:05:26.00 ID:PguGDY/00
ξ゚⊿゚)ξ ?みんな4月から毎日見てるでしょーが。担任なんだから

ξ-⊿-)ξ=3 だめよクー、もっと他人に関心持たないと

川;゚ -゚) 関心?関心はむしろ人よりあるぞ……、ってか何を担任されてんだお前らああああ!?

   ガラッ
|('A`) なにの、残ってんですか?用事ないなら早k
⊂  )

    _, ,_  パーン
 川#゚ -゚)
  ⊂彡☆))A`)

(メA`) え……?

       パパパパパーン
       ☆))A`)
    _, ,_ ∩☆))A`)
 川#゚ -゚)彡☆))A`)
   ⊂彡☆))A;)
     ☆))A;)

(メメA;) な、なに……?これなに……?

川#゚ -゚) このナスッ!!

836:川 ゚ -゚)ナスは黒く光るようです :2010/10/03(日) 03:06:40.77 ID:PguGDY/00
川#゚ -゚) 信じられないっ!!つーにも、ツンにも……クラスの女子生徒全員に見せていたんだろ!!

川// -//) ち……

川// -//) ぺ……

川#*゚ -゚) せ、性器様をっ!!

(;*゚3゚)ξ;゚3゚)ξハ;゚3゚);'3'从;゚*∵ ブ-ッ

川#;-;) なんでっ……、なんで私には見せてもくれないんだ!?毎日先生の下駄箱にコンドームと安産祈願のお守り入れてるのに!どうして私の気持ち気付いてくれないんだ!

(;'A`) え、えーと、皆さん、素直さんはいったい何の話を……?

(;*゚∀゚) さあ……、私達にもなんでこうなったのか……

从'ー'从 愛だよ~。きっと愛の話なんだよ~

ξ;∀;)ξ っwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

837:川 ゚ -゚)ナスは黒く光るようです :2010/10/03(日) 03:10:11.40 ID:PguGDY/00
川#;-;) みんなに聞いたんだ!みんな毎日見てるんだって!

川#;-;) ドクオ先生のがナスみたいだって!!

(*゚∀゚)゚⊿゚)ξパ⊿゚)'ー'从 『の』って?

川 ゚ -゚) え?

(*゚∀゚)゚⊿゚)ξパ⊿゚)'ー'从 え?

/ ,' 3 え?

(*゚∀゚) あ、新巻校長っさ

(;'A`) え?

/ ,' 3 ドクオ先生、ちょっとお話が

ヾ(;'A`)ノ" ちょっまっ校長!僕にもこれは何がなんだか……。素直さん、何話してたか校長と僕に説明してよ!

川 ゚ -゚) 

川// -//) ド、ドクオ先生のナスの話です

/ 。゚ 3 欝田ああああああっ!!貴様の黒光り輪切りにしてわさび漬けにしちゃるわあああああああああっ!!!

ホントニナニモシテナインデスッテバー!!

((ξ;∀;)ξ)) 秋ナスwwwwwwwウメエwwwwwwwww
  1. 2010/10/03(日) 10:31:44|
  2. 総合作品まとめ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

('A`)名も無い人々のようです

721:('A`)名も無い人々のようです :2010/10/02(土) 17:23:31.91 ID:oKNGm3EJO
四季の移り変わりが感じられる窓辺の景色を眺めながら、タバコに火を着ける。

値上げ直前に買い溜めしたものの、一週間程で灰皿の中に肥やされてしまった。

外はしとしとと、秋雨が降る。

つけっぱなしのTVからは、某国の軍が戦車泥棒にあったと伝えてくる。
軍靴の足音が少しづつ近付いていた。

723:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/10/02(土) 17:25:43.05 ID:oKNGm3EJO
先月初頭--

大国同士の緊張が、目一杯に張った弦のように限界へと近付く出来事があった。
一方の国の対外侵略である。

我が国は二つの大国に挟まれた国であり、戦火の煽りを受ける形となって行った。

食料物資の不足、景気悪化。
そして徴兵。

俺の様な一般市民でさえ、防備のために最前線の見張りに立たされるのだ。

コンコン--

部屋の戸を叩く音が聞こえる。

(´<_` )「交代の時間だぜ」

('A`)「弟者か……異常は?」

(´<_` )「特になし。静かなもんさ」

('A`)「そりゃ何よりだ」

一言、二言会話を交わし見張り台へと足を運ぶ。

見張り台に着くと、小肥りのおっさんと、小男が居た。

725:('A`)名も無い人々のようです :2010/10/02(土) 17:28:12.75 ID:oKNGm3EJO
おっさんが話掛けてくる。

( ^ω^)「おっお! 交代の時間かお?」

('A`) 「あぁ。暖かいスープでも飲んで休んでくれ」

小男が口元を緩め、答える。

(-_-)「あぁそうするよ」

( ^ω^)「んじゃ後は頼んだお~。そういえば相方は?」

('A`)「また遅れてんだろ? 気にすんな」

(-_-)「少し待とうか?」

('A`)「良いよ。どうせ異常なんか起きないだろうし」

( ^ω^)「そうかお? じゃあ失礼するお」

二人は見張り台を降りて行った。

726:('A`)名も無い人々のようです :2010/10/02(土) 17:30:25.33 ID:oKNGm3EJO
長雨でどんよりとした雲の下、俺はタバコに火を着ける。

灰皿は無いが見張り台自体が、その辺にゴミを置いている。そのためごみ箱をひっくり返したかの様な有様なので、気にせず石床に灰を落とした。

カッカッカッ--

見張り台を登る音がする。
相方が登って来たのだろう。

( ゚∀゚)「よぉ! 遅れてわりぃ」

('A`)(んな事思ってねーだろ)

俺は内心で毒吐く。
俺はこいつが苦手だ。
ここに集められた奴らは、基本的に多くを語らない。
だがこいつは違う。

俺は一瞥すると、また見張り台の窓を見つめ始めた。

( ゚∀゚) 「……」

728:('A`)名も無い人々のようです :2010/10/02(土) 17:35:09.65 ID:oKNGm3EJO
相方はどかっと汚い床に座ると、俺とは逆側の地平線を見張り始めた。

静寂に包まれる。

30分程して、雨が止み始める。
雲の隙間から陽光が漏れていた。
すると相方が話掛けてくる。

( ゚∀゚) 「雨止んじまったな」

何故かひっかかる言葉だ。
俺は地平線を眺めながら、振り向きもせず疑問を投げ掛ける。

('A`)「止んじまったって?」

730:('A`)名も無い人々のようです :2010/10/02(土) 17:38:21.82 ID:oKNGm3EJO
相方も、振り向かずに答える。

( ゚∀゚)「雨が好きなんだ」

('A`)「変わってるな」

( ゚∀゚)「良いじゃねーか」

('A`)「……なんで?」

( ゚∀゚)「あんたが、そんなに話をしたがるのは始めてだな」

('A`)「良いだろ? 別に」

( ゚∀゚)「まぁそうだわな」

('A`)「で? どうしてだよ?」

( ゚∀゚)「意味はねーよ。ただ汚い物を洗い流してくれそうだろ? それだけさ」

('A`)「汚い物ね……」

732:('A`)名も無い人々のようです :2010/10/02(土) 17:40:51.91 ID:oKNGm3EJO
そんなものだらけの世界で、何を言っているんだろうか?

だけど、その言葉は やつなりの希望なのだろう。

いつか汚い物が洗い流され、綺麗な世界に生まれ変わる様に……。

俺は始めて相方の名前を呼んだ。

('A`)「おい長岡」

( ゚∀゚)「なんだよドクオ」

('A`)「汚い物が全部流れたら、何が残ると思う?」

( ゚∀゚)「さぁね? ただ今よりマシにはなんじゃね?」

('A`)「適当だな」

( ゚∀゚)「そんなもんだろ? ただこんな下らん戦争さえ無くなりゃいい」

('A`)「確かにな」

734:('A`)名も無い人々のようです :2010/10/02(土) 17:44:25.51 ID:oKNGm3EJO
その後はまたしても静寂が支配した。

交代の時間まで何事もなく終わり、部屋へと戻る。

その途中で長岡が、口を開く。

( ゚∀゚)「ウィスキーでも飲まないか?」

('A`)「良いな」

あと少しで散る命だろう。
雨に洗い流されてしまう命なら、残された今を楽しんでやろうと思う。

('A`)名も無い人々のようです

終わり
  1. 2010/10/02(土) 21:18:43|
  2. 総合作品まとめ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

お題,ラッキーセブン,カシューナッツ

704:お題,ラッキーセブン,カシューナッツ :2010/10/02(土) 14:59:56.47 ID:6VnTYGOQ0
( ^ω^)「おっおっ今日は7月7日でデジタル時計観たら7:00だったお
       ラッキーセブンだお」

( ^ω^)「とりあえずなんか食うか」

台所

ガサゴソ
( ^ω^)「えーとなんか無いかなーと…おっガキの種を発見したお!」

( ^ω^)「コーラと一緒に食おうと♪」

J(; 'ー`)し「あっブーンそれは……」

( #^ω^)「うるせえお!!糞ババア!!!!!!息子が何を食おうが自由だお!!!!!」

ボズッ
J(; 'ー`)し「がはっ……ブーンそれはどk……」

( #^ω^)「けっ気絶しやがったお!!」

705:お題,ラッキーセブン,カシューナッツ :2010/10/02(土) 15:00:37.74 ID:6VnTYGOQ0
部屋

( ^ω^)「なんだおこのガキの種,ピーナッツじゃなくてカシューナッツだお
       まあいいおwwwwwww」

バリボリ
( ^ω^)「何々,17歳♀が全レスしちゃうよ,だって……
       はあ?構って女はVIPから消えろ……と」

( ;^ω^)「うっ……何か急に苦しい……」
バタッ

J( 'ー`)し「ブーンごめんね……カーチャンもうお前を養っていくのは無理そうなの……」

J( 'ー`)し「本当は後で二人で一緒に食べようと思ったけど……
      ごめんね今,カーチャンも行くから……」

( ゚ω゚)

おめでとうブーン
君は負け組という呪縛から解放されたよラッキーだね

終わり
  1. 2010/10/02(土) 21:13:29|
  2. 総合作品まとめ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

それでも幸せなようです

567:それでも幸せなようです :2010/10/01(金) 23:21:34.28 ID:SBwAqbMe0
(*゚‐゚) お、おおおぬ、おぬうぃ

(,,゚Д゚) ん? どうした

(*゚‐゚) お、おおおぬぁ、おぬあか

(,,゚Д゚) ああ、お腹すいたのか

(*゚‐゚) う、ううううううん

(,,゚Д゚) じゃあちょっとまってろ。すぐにお昼作ってやるから

(*゚‐゚) ある、ある、あり

(゚,, )-3 スタコラプー

568:それでも幸せなようです :2010/10/01(金) 23:22:05.93 ID:SBwAqbMe0
(*゚‐゚) (おにいちゃん、わたしのめんどうをみてくれるおにいちゃん)

(*゚‐゚) (おにいちゃん、だいすきなおにいちゃん)

(*゚‐゚) (おにいちゃん……ごめんなさい……こんな子で……)

(*゚‐゚) (しんじゃいたいけど、じぶんひとりじゃなにもできないよ)

(*;‐゚) (きえたい……)

~(,,゚Д゚)つ\_/ トテトテトテ

(,,゚Д゚) ん? どうしたしぃ。泣いてるのか?

(*゚‐゚) お、おぬ、おぬ、おぬぃ

(,,゚Д゚) はいはい、今食わせてやるから『あーん』しな

(*゚‐゚) (ちがうよ…『おなか』じゃなくて『お兄ちゃん』っていったの……)

569:それでも幸せなようです :2010/10/01(金) 23:22:37.36 ID:SBwAqbMe0

(,,゚Д゚)つ-ч(゚o゚*) アーン

(,,゚Д゚) うまいか

(*゚~゚) ングンッグ

(*゚o゚)そ ポロポロ

(,,゚Д゚) ああ、こんなにこぼして。待ってろ、今拭いてやるからな

(;゚‐゚) ご、ごむぇんぬぁすすすすぁぅいぃい

(,,゚Д゚) いいって、これも兄貴の『仕事』だから

(*゚‐゚) (『しごと』……そうだよね、おしごとじゃなきゃわたしみたいなゴミのせわなんて……)

(*;‐゚) ホロ

(*;‐;) ホロホロ

(;゚Д゚)そ

571:それでも幸せなようです :2010/10/01(金) 23:23:32.03 ID:SBwAqbMe0

(;゚Д゚) お、おい、どうしたんだよ急に!?

(;゚Д゚) おいしくなかったか? それとも嫌いなものでも入ってたか?

(*;‐;) お、おぬ、おぬぃちぃゃんぅわわわ、ぅわあたたしぃのの

(;゚Д゚) 何だ?

(*;‐;) ぅわわたたすぃぬのここと、き、きるるぁああいいいいいぃ

(,,゚Д゚) ……は?

(*;‐;) うぁたすぃあは、ぬぬぉおうすすすぇままままぃぬぉごごごごむぃだっだっかれぁ

(,,゚Д゚) ……

(*;‐;) だっだっからぁ、おぬぃちゅぅぁんうわ、わわあわたすぃがきっきら、きらうぃいい

(,,゚Д゚) ……しぃ

572:それでも幸せなようです :2010/10/01(金) 23:24:03.99 ID:SBwAqbMe0

(*;‐;) ご、っごごごむぃでええ、ごむぇんぬぬぁすっすすあああ

(,,゚Д゚) しぃ!

∑((*;‐;)) ビクリンチョ!

(,,゚Д゚) ……そんな悲しいこと言わないでくれ

(,,゚Д゚) 俺がお前のこと嫌いなわけないだろ……お前は俺の……





            






573:それでも幸せなようです :2010/10/01(金) 23:24:34.76 ID:SBwAqbMe0








               『妹』なんだから















          (*゚‐゚)「それでも幸せなようです」(゚Д゚,,) 





574:それでも幸せなようです :2010/10/01(金) 23:25:08.36 ID:SBwAqbMe0




父親は、しぃが生まれてすぐにどこかへ消えた。

曰く、

(‘_L’) こんなゴミ、俺の子じゃない

だそうだ。

かあさんはそれを聞いて狂った。いや、頭は正常だけど男に狂った。
しぃの育児もせずにとっかえひっかえ知らん男を家に連れてきては抱かれていた

しぃの脳性まひは生まれてすぐに発覚していたのだか
赤ん坊の時はそれほど目立ったものでもないらしく
当時中学生の俺でも十分に世話が出来た。

……いや、十分かどうかはわからないが
ともかくあの状態のかあさんよりかはまともに育児をこなせていたと思う。

それから俺が高校生になった時、かあさんも家をでた。

曰く、

('、`#川 もううんざりなの! なにもかも! 私は! うんざりなの!

だそうだ。

575:それでも幸せなようです :2010/10/01(金) 23:25:48.26 ID:SBwAqbMe0

周りの目もあった。娘は障害者、旦那には逃げられ、そういった近所の噂話がかあさんを更に追い詰めていったのだろう。
だからかもしれないが、かあさんのその発言に関して俺は特に驚かなかった。

しかしお金は必要な訳で。

俺やしぃの養育費や学費、それから俺が学校に言ってる間、
しぃのヘルパーを雇う代金等はとりあえずどうにかこうにかかあさんを騙くらかして手に入れた。

しかし、かあさんの稼ぎで足りるはずもなく。俺は高校入学してすぐにバイトを始めた。

俺はこの状況がむしろ清清しかった。

まるで自分の力で家庭を守ってる気がして

急に大人になった気がして

大切なものを守れてる気がして

俺は忙しいながらも満足していた。

577:それでも幸せなようです :2010/10/01(金) 23:26:23.37 ID:SBwAqbMe0

高校二年の冬。進学か就職か、まぁお金も無いし恐らく就職だろうなぁと考えていた頃
何の因果か大金が転がりこんできた。

父親の遺産の一部が俺としぃにも配分されたのだ。

あの後どこか知らん所で第二の家庭を築いた父親は
それなりに成功して小金持ちになったらしい。

そのあたりから心に余裕が出来たのか、その余裕に俺たち家族を捨てた罪悪感が蔓延ったらしい。

自分の発言や、行いを悔い、心を痛める日々が続いたそうだ(遺書に書いてあった)。

そしていざ自分がガンだと診断された時に、俺たちにも遺産を分配することを決めたそうだ。

遺書には他にも謝罪の言葉やら懺悔やらが沢山書かれていたが、正直もうどうとも思っていなかったので


(,,゚Д゚) ああ、そう


程度にしか感じなかった。

590:それでも幸せなようです :2010/10/01(金) 23:39:51.27 ID:SBwAqbMe0 [さるってました]

しかし遺産は俺の進路に大きな影響を与えた。
大学へ行き、しぃのヘルパーも雇うに十分すぎる金。
それが手元にある。

俺は迷った。就職すれば生活は更に楽になるかもしれない。
だが時間が無くなる。それこそしぃのことだ。きっと寂しがるだろう。
大学は比較的に暇だと聞く。人生の夏休み。最終モラトリアム期間。

……行きたい。大学へ行きたい。

この選択は結局のところ自分への甘えの部分が大きかったと思う。
もっとらしく『しぃとの時間を多くとる為』と言いつつ、
その実、『今までがんばってきた自分へのご褒美』的側面が強かったという自覚はある。

ともかく俺は進学を決意した。
が、それまでバイト三昧だった俺は結果的に二浪もしてしまった。
そのころになるとしぃも特別支援学校に入り、ヘルパーを雇う時間も減った、
俺も予備校に行く時間と、そのための資金を稼ぐためのバイトの時間以外は
殆どしぃとの時間に当てた。

別に親父の遺産から予備校代を出してもよかったのだが、
落ちたのは自分の責任だし、しぃが学校に行ってる間は暇だったので
結果的にバイトを継続する形に至った訳だ。

593:それでも幸せなようです :2010/10/01(金) 23:40:25.61 ID:SBwAqbMe0

そしてどうにかこうにか地元の国立に入学。
俺はあの忙しくて忙しくて友達もいなかった高校時代から
すこしだけ『普通』へと歩みを進めた。



そして今年、俺としぃは共に学校を卒業する。

俺は就職

しぃは中等部へ

今はお互い春休み。
俺は学生生活最後の、しぃは初等部最後の。

595:それでも幸せなようです :2010/10/01(金) 23:40:59.73 ID:SBwAqbMe0

***

(,,゚Д゚) ……あ、そうだ。今日は内藤が来るぞ

(*゚‐゚) ぶ、っぶぶうう

(,,゚Д゚) そうだ、ブーンが来るぞ。一緒に遊ぼうな。

(*゚‐゚) う、ううううううん

(,,゚Д゚) それまでにさっさとご飯食べちゃおうな

(*゚‐゚) (ブーンはおもしろくていいひと。おにいちゃんのほうがかっこいいけどブーンもすき)

(*゚o゚)アーン

(*゚~゚)モグモグ

(*゚o゚)そ ポロポロ

(,,^Д^) ギコハハハ! またこぼしたぞ

(;゚‐゚) ご、ごむぇ

(,,゚Д゚) いいって、後で掃除するから。ほら、もっかいあーんだぞ

597:それでも幸せなようです :2010/10/01(金) 23:41:31.55 ID:SBwAqbMe0
(*゚~゚)モグモグ

(*゚~゚)(おにいちゃんのチャーハンおいしいなぁ。なんかお休みの日のおひるはチャーハンがおいしい……)

(,,゚Д゚) うまいか?

(*゚~゚) ))  コクコク

(,,゚Д゚) そうか、よかった。水、飲むか?

(*゚~゚) ))  コクコク

(,,゚Д゚) わかった。今水筒持ってくるからな

(*゚‐゚) (ストローつき水筒。プーさんがかわいい。コップは落としちゃうからあぶない。プーさんもない)

(*゚‐゚) (でも、おにいちゃんはコップで飲む。おにいちゃんといっしょがいいなぁ。プーさんなくてもこっぷがいい)

599:それでも幸せなようです :2010/10/01(金) 23:42:05.30 ID:SBwAqbMe0
(*゚‐゚) お、おぬ、おぬ

(,,゚Д゚) ん? どうした?

(*゚‐゚) わ、っわわたぅぃも、こっこっこぷこっぷ

(,,゚Д゚) ん?こっぷで飲みたいのか? でもあぶないぞ?

(*゚‐゚) いいいいいいい

(,,゚Д゚) おし、じゃあコップで飲もうか。俺が持ってやるからゆっくり飲むんだぞ。いらなくなったら口離せな?

(*゚‐゚) う、うううん



(,,゚Д゚)つU(゚o゚;)~ ソー

(,,゚Д゚)つU゚;)ゴキュゴキュ

∑(;゚Д゚)つU ε(゚o゚;)そ プハァッ!

(;゚o゚) エホエホ

601:それでも幸せなようです :2010/10/01(金) 23:42:40.19 ID:SBwAqbMe0

(;゚Д゚) だ、大丈夫か? やっぱりコップは大変だぞ?

(;゚‐゚) だ、っだだだいじょぅううぶっぶぶ

(,,゚Д゚) でも危ないからやっぱり水筒にしなさい。また苦しくなるの嫌だろ?

(*゚‐゚) ……わ、わわわかわかわった

(,,゚Д゚) よし、いい子だ。

( ^ω^) いい子だお!

(;゚Д゚) うお!? いつからそこに!?

( ^ω^) すまんお。呼び鈴鳴らしても反応が無かったから勝手に入ってきたお!

(;゚Д゚) お前なぁ……

( ^ω^) 硬いこと抜きだお! しぃちゃん、こんにちわだお!

(*゚‐゚) こ、こんぬぅぃっちうわぁ

603:それでも幸せなようです :2010/10/01(金) 23:43:12.00 ID:SBwAqbMe0

( ^ω^) お! よく挨拶できたお! ご褒美にコレあげるお!

( ^ω^)つ◆ チロルーン

(*゚‐゚) あ、あっありありがととと

(* ^ω^) どういたしましてだお!

(,,゚Д゚) どれ、俺が包装紙を取ってやるぞ

(*゚‐゚)う、うううん

(,,゚Д゚) ……ほい、口開けな

(*゚o゚) クパァ

(*゚~゚) ングング

(*゚ワ゚) お、おおいぃしししぃ。ぶっぶぶぶうあいりありりいがありが

(* ^ω^) お!

(*゚‐゚) お!

(,,゚Д゚) (変な意思疎通だ……いい笑顔だから写メで撮ろう)

604:それでも幸せなようです :2010/10/01(金) 23:43:46.90 ID:SBwAqbMe0

(,,゚Д゚)つ白 ジー

カシャッ!

【(* ^ω^)】

NAME:内藤ホライゾン

あだ名:ブーン

 ギコと同じ大学の教育学部にかよう学生。彼もまた四年生である。
養護学校や特別支援学校の教師になるのが夢。常にお菓子を携帯している。
児童演劇サークル所属。子供向けの演劇の脚本を書いたり、小学校や養護学校の初等部の子供に
簡単に出来る創作劇を見せたりしている。同じサークルに気になる子がいるらしい。
ギコとは一年の頃、二人して履修登録であたふたしているところで知り合う。以降友達。 続きを読む
  1. 2010/10/02(土) 21:11:49|
  2. 総合作品まとめ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

総合短編

467:無題 :2010/10/01(金) 04:32:30.49 ID:J+0YVJcs0

( ^ω^)ただいま

( ^ω^)おかえりなさい(裏声)

( ^ω^)ご飯にする?お風呂にする?それとも私にする?(裏声)

( ^ω^)めしにしてくれ

( ^ω^)はあい(裏声)

( ^ω^)

( ^ω^)まあ、自分で作るんだけどね

( ^ω^)嗚呼、一人暮らしのなんと虚しきことか

468:無題 :2010/10/01(金) 04:36:34.79 ID:J+0YVJcs0

( ^ω^)カップ麺……くそ、ねえや

( ^ω^)冷蔵庫……お、豚コマとキムチ発見

( ^ω^)豚キムにすっか

( ^ω^)ジュージュー

( ^ω^)いったぁーす

( ^ω^)モシャモシャ

( ^ω^)ごっそさん

( ^ω^)風呂……は明日でいっか、明日仕事休みだし

( ^ω^)疲れたしとっとと抜いて寝るかね

469:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/10/01(金) 04:39:31.63 ID:J+0YVJcs0
( ^ω^)さて

( ^ω^)ここにございます一本のビデオ、さる同僚から借りたものでございますが

( ^ω^)その同僚というのが、なんといいますか、エロスの化身と言っても過言ではないくらい好きな奴でして

( ^ω^)これなるビデオはその同僚曰く

('A`) 「こいつはあかん……あかんでえ……SOD(ソフトオンデマンド)もまんぐり返しで逃げ出すんちゃうかってぐらいのブツや……」

( ^ω^)らしいので是非とも拝見したく思い、無理を言って借りた次第でございまして

( ^ω^)要するにここからは閲覧注意ということにございます

470:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/10/01(金) 04:41:20.52 ID:J+0YVJcs0
( ^ω^)ティッシュよし、カーテンよし、ティッシュよし

( ^ω^)つ■   [TV]

( ^ω^)再生   [TV]<ピ

( ^ω^)  [砂嵐]<ざあああああ

( ^ω^)  [砂嵐]<ざあああああ

( ^ω^)  [砂嵐]<ざあああああ

( ^ω^)  [砂嵐]<ざあああああ

( ^ω^)一時停止 [砂嵐]<ざ

471:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/10/01(金) 04:44:42.65 ID:J+0YVJcs0
( ^ω^)白

( ^ω^)白 Prrrr

「はい、昼はホームゲッツー、夜はタイムリーツーベースでおなじみのドクオです」

( ^ω^)おいドクオおま

「ただいま性的な理由で電話に出ることができません。御用の方は僕の喘ぎ声が鳴りましたらメッセージを入れてください」

( ^ω^)白

( ^ω^)白<ッハァァァァン!!

( ^ω^)白 ブチッ

( ^ω^)寝るか

( ^ω^)あーもうめんどくせえ、テレビ消すのもめんどくせえ

( ^ω^)おやすみ

( ^ω^)

( ^ω^)おやすみなさい、あなた(裏声)

472:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/10/01(金) 04:48:26.61 ID:J+0YVJcs0
( ^ω^)スピー

[砂嵐]

( ^ω^)ウーン……ゴロリ(ポチッ

[砂嵐]<ピ

[砂嵐]<ざあああああ

[砂嵐]<ざあああああ

[砂嵐]<ざあああああ
川 ズル

[砂嵐]<ざあああああ
川川 ズル

( ^ω^)ウッセー……スピー

473:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/10/01(金) 04:53:54.64 ID:J+0YVJcs0
[川嵐]<ざあああああ
川川

[川川]<ざあああああ
川川

[砂嵐]<ざあああああ

川川 ズる り

<ざあああああ
川川

<ざあああああ
川゚゚川

<ざあああああ
川д゚川 くわっ

( ^ω^)

川д゚川

( ^ω^)スピー

川д川 寝とる……

474:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/10/01(金) 04:57:53.75 ID:J+0YVJcs0
川д川 いやいや

川д川 気のせい、そう気のせいよ貞子

川д川 呪いのビデオ見てる途中で寝るとか気のせい以外のなにものでもないわ貞子

川д川 よし、ならもう一度

川д゚川 くわっ

( ^ω^)

( ^ω^)スピー

川д゚川 な

川д゚川 なんて立派な鼻ちょうちん

475:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/10/01(金) 05:02:10.07 ID:J+0YVJcs0
川д川 はっ

川д川 あまりの立派なちょうちん鼾に見とれてしまったわ

川д川 落ち着きなさい、そう落ち着くのよ貞子

川д川 いくら鼻ちょうちんを作ったって必ずしも寝てるとは限らないじゃない

川д川 なんだったっけ、グリンガムのムチじゃなくてイシュバールの民じゃなくて、シュワルツネッガーの奴でもなくって……そう、猫、なんとかの猫って奴よ

川д川 ここはしっかり確認すべきなのよ貞子

( ^ω^)⊂川д川 ソーッ

( ^ω゚)⊂川д川 めくりっ

 スピー
( ^ω゚)⊂川д川 黒目めっちゃ動いとる……

476:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/10/01(金) 05:08:56.45 ID:J+0YVJcs0
川д川 なによあの黒目……ギョロギョロして……超こわい……貞子超こわい……

川д川 目力が私のアイデンティティなのに……完全に負けだわ……

川д;川 くっ

川д;川 ぐやじいいい

川д;川 うぇぇぇ……

( ^ω^)ウーン……

( ^ω^)うっせえ……なに……?

川д;川ウェーン [砂嵐]<ざあああああ

( ^ω^)なんでテレビついてんの……なんか変な女が泣いてるし……

( ^ω^)電源オフ……

[TV] ブツン

( ^ω^)ふう……おやすみ……

( ^ω^)……

( ^ω^)なんで変な女が泣いてるの……

477:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/10/01(金) 05:13:58.21 ID:J+0YVJcs0
( ^ω^)あの……

川д;川 うぇぇ……?はい?

( ^ω^)こんな遅くに泣いてどうなさったんですか

川д;川 こっ、これは悔しいからです

( ^ω^)悔し泣き、ですか

川д;川 はい、悔し貞子です

( ^ω^)悔し貞子さんとやら、聞きたいことはたくさんありますが、まずは涙を拭きなさい。この非生産的な用途で使うはずだったティッシュをどうぞ

川うд川 どうも……グシグシ

( ^ω^)ああほら、鼻水も出てる

川h川 フキフキ

( ^ω^)箱から出しただけで終わったティッシュならたくさんあるから

479:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/10/01(金) 05:16:59.71 ID:J+0YVJcs0
( ^ω^)落ち着きましたか

川д川 はい、おかげさまで……ティッシュありがとうございます

( ^ω^)いえいえ、若い女性に使われたんならティッシュ達も本望でしょう

川д川 はあ……

( ^ω^)それで

( ^ω^)深夜に一人暮らしの男の部屋で悔し涙を流していた理由を聞かせてもらってもいいかな

川д川 ええと、長くなりますけど

( ^ω^)どうぞどうぞ

川д川 私、幽霊なんです。いわゆる呪いのビデオってやつの

( ^ω^)

( ^ω^)はあ

480:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/10/01(金) 05:21:18.63 ID:J+0YVJcs0
川д川 昔はそれは怖がられたものです。私を題材にした映画なんてハリウッドでリメイクされちゃったりもして

( ^ω^)それはすごい

川д川 でも今はなんですか?でーべーでー?ぶるれい?

( ^ω^)ああ、DVDとBDですか

川д川 そうそれ。技術の進歩だか知りませんけど……最近じゃあビデオデッキすら置いてない人ばかりで

( ^ω^)まあ、呪いのBDなんてあっても困るけど

川д川 おかげで私は世間からもどんどん忘れられて。この前やっと人の手に渡ったと思ったらAVのダビングに使われて危うく消滅しそうになったし

( ^ω^)ドクオ……

川д川 腹が立ったからその映像は消してやったんですけどね

( ^ω^)ああ、道理で砂嵐だったわけだ

481:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/10/01(金) 05:24:45.70 ID:J+0YVJcs0
川д川 それで今日久しぶりに再生されたもんだから張り切って登場したら、なんですか、寝てるじゃないですかあなたは

( ^ω^)いやあお恥ずかしい

川д川 私の何が怖いって、登場シーンが7割方占めるんですね。でもそれが報われなかったわけで、なんか張り切った分虚しくなったっていうか悔しくなったっていうか

( ^ω^)それで泣いてしまったと

川д川 はい……

( ^ω^)ちなみに残りの3割は?

川д川 これです

川д゚川 くわっ

( ^ω^)あー、確かにそれだけだとちょっとインパクトに欠けるね

川д川 でしょう?

( ^ω^)それはもう、なんといいますか……寝ちゃってごめんなさいとしか言えないね、こちらとしても

482:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/10/01(金) 05:29:25.26 ID:J+0YVJcs0
( ^ω^)でもホントあれだ、ごめんな

川д川 いいんです……なんか疲れました

川д川 はあ……もうやめよっかな、呪い

( ^ω^)え、なに?成仏するの?

川д川 いや……世の中をただぶらぶらさまよってみようかなー、なんて。基本井戸から出ないから

( ^ω^)だったらさ

川д川 はい?

( ^ω^)うちに住めば?

川д川 え

( ^ω^)君が好きだ

川*д川 そんな……いきなり言われても……

( ^ω^)俺じゃ、駄目か?

川*д川 いえ……喜んで……

483:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/10/01(金) 05:36:34.72 ID:J+0YVJcs0
('A`) っていうね、お二人の出会いは私が新郎に貸した一本のAVから始まったわけでして

('A`) ここだけの話、なんで俺が見たときに出てきてくれなかったのかと、今でも嫉妬と情欲が渦巻いております

<ドクオー!キモイゾー!

('A`) うっせえ抱くぞ。まーそんなわけで新郎の友人挨拶とさせていただきます。
   挨拶をつとめましたのは昼はポロリ、夜もポロリでおなじみのドクオでした。ブーン、貞子さん、結婚おめでとう。

***

( ^ω^)ただいま

川д川 おかえりなさい

川д川 ご飯にする?お風呂にする?それとも……

川д゚川 貴様を蝋人形にしてやろうか……!

( ^ω^)貞子、それ幽霊やない、悪魔や

川*д゚川 あらやだ



('∀`)HAPPY END('∀`)
  1. 2010/10/01(金) 12:18:08|
  2. 総合作品まとめ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

親父と私の…ようです

449:親父と私の…ようです :2010/10/01(金) 02:35:42.22 ID:+6nWuWlLO
( ^ω^)「とーちゃん。ひとりでテレビはずるいおー」


(;´・ω・`)「お前にはまだはやい!これはもっと大きくなってからだ!」


私は小さい頃部屋で1人、下半身を生まれたままの姿でこちらに背を向けている親父に話かけた時にそう言われたものだ。
今ならその状況も理解出来るが、子供特有の好奇心がそうさせたのだろう。

450:親父と私の…ようです :2010/10/01(金) 02:36:59.90 ID:+6nWuWlLO
( ^ω^)「とーちゃん。ガレージにでなにしてんだおー」

(´・ω・`)「おう。ちょっとキャブの調子がな……」


その時はガレージであった。親父は当時からバイクに乗っていた。いや、もっとずっと前からなのだろう。


( ^ω^)「おー?キャブってなんだお?」

(´・ω・`)「バイクの……うーん…」

と父は言い澱み、しばらく考えてから大事な部分だよ、と教えてくれた。

451:親父と私と…のようです :2010/10/01(金) 02:38:08.91 ID:+6nWuWlLO
私の好奇心はもちろんその説明だけではもの足りなかったが、年端もいかぬ子供にキャブレターの構造を理解出来るハズもなく、その時はうやむやになっていたと思う。
しかし、幼い頃に見たバイクの感動は深く私の脳に刻まれていたらしく、免許を取れる年頃になると私はバイクに興味を持った。

452:親父と私と…のようです :2010/10/01(金) 02:41:18.24 ID:+6nWuWlLO
ある時だった。私が居間でバイク雑誌を広げて読んでいると、親父が帰ってきた。


(´・ω・`)「ただいま。なに読んでんだ?」

( ^ω^)「おー。月刊オートバイだおー。なんかγが新しくなるそうだお」


(´・ω・`)「どれどれ。なんだ。最近のレプリカは同じ顔ばっかりだな」

( ^ω^)「終着点なのかも知れないお」


そんな談議を交わしながら、周囲がバイクブームに包まれていた事もあり、私のバイク熱はますます加熱していった。

453:親父と私と…のようです :2010/10/01(金) 02:42:22.77 ID:+6nWuWlLO
高校に入って最初夏休みに私は追試をサボタージュして二輪免許を取りに行った。
学校の成績は酷いものだったが、興味がある事となると話は別であっさり免許が取れた。
家に帰ると親父に追試を受けなかった罰として拳骨を一発もらったものだ。
その後で親父は明日を空けておけと言った。
私は明日も償いがあると思い、なんとか逃げ出そうとしたが、生憎と集合住宅住まいでそれも5階に住んでいたのでそれは叶わなかった。
あの時程自分の家を恨んだことは無いだろう。

454:親父と私と…のようです :2010/10/01(金) 02:43:18.24 ID:+6nWuWlLO
明くる朝。
まだ船を漕いでいる私を車に押し込み、親父は車を出発させた。
降りろと言われ、着いた先はバイク用品店だった。
中途半端な格好で乗られちゃ困るからな、と親父は言ってフルフェイスのヘルメットとブーツとグローブを買ってくれた。
帰り道は店に止まっていたバイクのカスタムがどうの、暴走族は電柱と喧嘩してれば良いだの、やつらバイクが好きではなくて騒々しい乗り物が好きなんだのと、盛り上がった。

455:親父と私と…のようです :2010/10/01(金) 03:02:39.75 ID:+6nWuWlLO
帰宅してから、親父は押し入れを漁ってバイク用の上着を手渡した。
型は古いものの、きちんと手入れされたものだった。


(´・ω・`)「それはな、母さんの着てた物なんだ」

(´-ω-`)y―~「いつも着ていたが、ちょっと買い物だからと普段着で出掛けた矢先に事故にあってな」

(´・ω・`)y-~「事故の状況から着ていても助かるかどうかは微妙だった。」

456:親父と私と…のようです :2010/10/01(金) 03:04:29.50 ID:+6nWuWlLO
でもな、とタバコを灰皿に押し付けながら親父は続けた。

(´・ω・`)「母さん、きっと後悔してたと思うんだ。もしかしたら死ぬことは避けれたかもしれないから……」


親父の言いたい事は国語で赤点ばかり取っていた私でも不思議と理解出来た。

457:親父と私と…のようです :2010/10/01(金) 03:05:11.39 ID:+6nWuWlLO
―そして今。私はバイクに乗っている。




( ^ω^)「わけが無いwwwwwwバイクなんざ情弱が乗るもんだぜwwwww車最強wwwwヒャッハーwwwwww」



おわり?





458:親父と私と…のようです :2010/10/01(金) 03:06:48.56 ID:+6nWuWlLO
―そして今。私はバイクに乗っている。
今日は親父とツーリングだ。
峠の駐車場でお前もなかなか速くなったな……と親父に言われ、調子に乗った俺はレースに出れるかな?
とおどけて言ってみせると親父はいつものタバコをくゆらせながら、

(´・ω・`)「お前にはまだはやい」


と目許に皺を寄せながら言ってみせた。

本当におわり
  1. 2010/10/01(金) 11:36:06|
  2. 総合作品まとめ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
前のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。