ひとくちlw´‐ _‐ノvくりぃむ

ブーン系作品まとめブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

( ´∀`)ダベるようです

558:( ´∀`)ダベるようです :2009/12/13(日) 04:11:21.38 ID:j9RzeQ1wO
( ´∀`) モララー、モララー

( ・∀・) ん? どうした、モナー?

( ´∀`)話があるモナ

( ・∀・) 何だよ、改まって?

( ´∀`)モナはもう舞台から降りるモナ

( ・∀・)何の?

( ´∀`) ブーン系小説というこの舞台から

(;・∀・) は?

559:( ´∀`)ダベるようです :2009/12/13(日) 04:13:40.39 ID:j9RzeQ1wO
(;・∀・) 冗談だよな?

( ´∀`) ギコ、しいちゃん、モララーの古参の三人は第一線で活躍してるモナ

( ´∀`) モナだけモナ

( ´∀`) 何も無いのは

(;・∀・) え、ちょ、急になんなん?

( ´∀`) 使えない老害は朽ち逝くのみモナ

(;・∀・) モナー?

( ´∀`)さよならだモナ、モララー

(;・∀・) おい、待てって、おい!

560:( ´∀`)ダベるようです :2009/12/13(日) 04:15:37.26 ID:j9RzeQ1wO
――ラー! モラ――!

( ´∀`) モララー! モララー!

(;・∀・) うお! あ? モナー?

( ´∀`) モナモナ モナ以外にモナはいるのかモナ?

(;-∀-) ……いない、よな

( ´∀`) モナモナwww

( -∀・) wwww

( ・∀・) しかし珍しいな お前が訪ねてくるなんて

( ´∀`) どうしてもモララーに聞きたい事があったモナ

562:( ´∀`)ダベるようです :2009/12/13(日) 04:17:34.44 ID:j9RzeQ1wO
( ・∀・) ふーん…… 何?

( ´∀`) あの絵の事モナ

( ・∀・) 絵?

( ´∀`) 何だったかモナ……

( ´∀`) 確か、富士山が三十六個あるやつモナ!

(;・∀・) なにそれこわい

( ´∀`) えっと、超北川広重的なモナ

( ・∀・) 何だ、超ってwww

564:( ´∀`)ダベるようです :2009/12/13(日) 04:20:01.44 ID:j9RzeQ1wO
( ´∀`) うんと、じゃあ、超葛飾北斎モナ?

( ・∀・) だから、超ってなんだよwww

( ・∀・) あ、でも葛飾北斎ならあれだろ

( ´∀`) あれ?

( ・∀・) 富獄三十六計なんたらかんたら、だと思う

( ´∀`)富獄三十六計黙死録モナ?

( ・∀・) なんだよそれwww

( ・∀・) 確かに霊峰だけどさ

( ´∀`) んむ? 違うモナ?

( ・∀・) 違うねえ

565:( ´∀`)ダベるようです :2009/12/13(日) 04:22:27.13 ID:j9RzeQ1wO
( ´∀`) 分からんモナ

( ・∀・) ってか、お前、それだけの為に来たのか?

( ´∀`) ? そうモナ?

(;・∀・) お前、バッ、何キロ離れてると思ってるんだ!

( ´∀`) モナモナ、軽く百キロくらいモナよ

(;・∀・) はあ、それなんだったらメールでいいじゃんよ

(;・∀・) あ、携帯とか無いんだっけ?

( ´∀`) 持ってるモナ

( ・∀・) お、新しく買ったんだ?

( ´∀`) 大分前から持ってるモナ

(;・∀・) え? 何、お前 持ってて俺に教えなかったの?

( ´∀`) そうモナ

567:( ´∀`)ダベるようです :2009/12/13(日) 04:25:15.95 ID:j9RzeQ1wO
(;・∀・) もしかして、俺の事嫌い?

( ´∀`) 何言ってるモナ モナはモララーと何年付き合ってるモナ

(;・∀・) だよな…… でも、何で?

( ´д`) モナ、モララーと話すのにあんなみみっちいもん使いたく無いモナ

( ´∀`) 話すなら、直接モナ

( ・∀・) ……モナー

( ・∀・) お前、いい奴だなあ

( ´∀`) 当たり前だモナ

( ・∀・) 俺が女だったら、ほっとかないよ

568:( ´∀`)ダベるようです :2009/12/13(日) 04:27:06.49 ID:j9RzeQ1wO
( ´д`) モララー……

( ・∀・) ん?

( ´д`) モナはモララーとは、結婚出来んモナ

(;・∀・) 知ってるよ! 女だったらって言ったろ!

( ´∀`) モナモナwwww

( ・∀・) wwww

終わり

( ・∀・)ノシ Bye Bye

( ´∀`)ノシ バイバイモナ
  1. 2009/12/13(日) 15:46:46|
  2. 総合作品まとめ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ショボンは、夢を見るようです

538:ショボンは、夢を見るようです :2009/12/13(日) 02:23:55.96 ID:TPpMQW/e0 [sage]


例えば、世界が平和になったとしよう…。そこで君は何を望む?平和な世界。平和な人々。そこには全てが満ち足りている。

( ・∀・)「そこで、君は、何を望む?そうだ。望むものなどないのだ。そこは、完全な世界だからだ。
しかし、それでいいのか?私が思うに完全とはどこにも行き着くことのない、どうしようもないものなのだ」

(´・ω・`)「それは、どうして?」

( ・∀・)「不完全とは常に前進する永久運動の機械のようなものだ。完全さを求めてね。
しかし完全になれば、どうだろう、もはや行き着くことがない。死んだも同然になる。我々は常に不完全でなければ、生きてゆけない」

539:ショボンは、夢を見るようです :2009/12/13(日) 02:25:55.25 ID:TPpMQW/e0 [sage]
彼は不思議な人だ。僕の夢の中にたまに現れる。その夢の中では、僕は意識が明瞭で、自分の肉体の鼓動を感じることさえできる。
明晰夢に似ているが、それに比べれば、はるかに感覚が澄んでいる。
その夢の中では、どうしてだかいつも西洋の墓場だ。とても天気が良くて、空が見渡せる丘の頂上にあった。
彼はその墓場の中にある一つの墓石の上に座っている。刻まれている名前は、ぼかすように削られていて読めない。
そして僕は、その墓石の前、気持ちの良い草地に佇んでいる。
彼はいつも喪服のような、黒いスーツを着ていた。時折、ロングピースを胸のポケットから出し、一本吸う。後ろの束ねられた長く黒い髪。東洋系の、しかし西洋のような雰囲気をかもし出す顔。
対照的に僕はいつもパジャマだ。寝るときに着るパジャマ。こんなのって何か理不尽だ。

( ・∀・)「今日は何の話をしようか?」

僕たちはよくこうやって話をしていた。状況に対して疑問などなかった。夢に対して、疑問がないのと同じだ。

540:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2009/12/13(日) 02:28:25.85 ID:TPpMQW/e0 [sage]
(´・ω・`)「僕たちが出会ったときを覚えてる?」

( ・∀・)「うむ。私がこうやって座っているときにいきなり君が現れたもんなあ。あれは驚いた。
ここには誰もこないと思っていたからね。おまけに君は無感動に周りを眺めていたからね」

(´・ω・`)「明晰夢っていうのをよく見ていたから…。同じかなと考えていたんだ。でもこの世界は違うみたいだ。
…そういえばこの世界については、まだ聞いてなかったね。すごく今更だけど」

彼は快濶に笑い、僕を見据えた。こんな気持ちよさそうに笑う男を見たことがない。

( ・∀・)「うむ。では今日はこの世界について語ろう」

そう言って彼は足を組み替え、煙草を一本取り出し火を点けた。吐き出した煙は気持ちよさそうに風に流され、丘から見下ろす行ったことの無い町へと向かう。
この町は何だろう。でも、なんとなく分かる。この町は、ただ必要だからここにあるのだ。ただ見下ろすだけのために。

( ・∀・)「昔、化物と呼ばれた男がいてね…」

その男にはとても大切なものがあった。そしてその大切なものは彼にしか見えず、彼にしか触れられなかった。
そう、それは彼のささやかな恋心だ。彼は眠りの先にある夢の中に現れる女性に恋をしていた。
夢に現れる女性は広い草原の中、男の前に立っていた。数多の草々が波打ち、太陽は彼女の背面に輝き、それはそれは美しかった。
彼女は肩までにある、黒く艶のある髪をたなびかせ微笑んでいた。
それは一瞬の夢。ただそれだけの夢。しかしその夢は彼の心を強く捉えた。そう、恋に落ちたのさ。

542:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2009/12/13(日) 02:31:17.56 ID:TPpMQW/e0 [sage]

(´・ω・`)「そんな一瞬のことで恋に落ちることがあるの?」

( ・∀・)「君の世界に良い言葉がある。運命の人、さ」

(´・ω・`)「それは寒い言葉だなあ…」

( ・∀・)「いつか君にも分かるさ」

そのためにも彼は少しでも、彼女に出会う前に素晴らしい人間になると決め、行動に移した。
そして会って、振り向かせるのだ。そして、彼女を幸せにするのだ、と。
様々な経緯は長いから省略するが、心に決めたとおり彼は少しずつ、しかし着実と地位、名誉、そうありとあらゆる力を手に入れた。

だが…彼はやがて自らの力に呑まれ、大切なものを見失っていた。

543:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2009/12/13(日) 02:35:00.92 ID:TPpMQW/e0 [sage]

( ゚∀゚ )「まだ…まだだ。もっと、もっと」

彼はいつしか、彼女の存在を忘れていた。自我や力が巨大になりすぎたのさ。もはや彼は止まらぬ。

(`・ω・´)「あなたは…あなたはそんなに力を得て、そこまでして、さらに何を求めるのです!」

彼には従者がいた。彼に憧れ、彼に尽くすことを誓った従者が。彼らの前には今たった自殺したと思われる老人の姿があった。そしてその死によって彼はさらに力を得る。さらなる権力を。
しかし従者は混乱していた。この人は何故、ここまで巨大で、恐ろしくなったのだろうと。

(  ゚∀゚ )「求める?私が?一体何を?私はもはや人ではないのだよ」

彼を恐れるものは数多もの存在していた。そして影ではこう呼ばれていた。化物、と…。
彼は乾いた笑いを上げ、打ち抜かれた老人の頭を掴み、見開いた死体の目を睨んだ。

544:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2009/12/13(日) 02:36:21.67 ID:TPpMQW/e0 [sage]

(  ゚∀゚ )「私はもはや人間を喰らう化物だ。腹が減った。腹が減った。腹が、減った」

(`・ω・´)「何故…あなたはあんなにも優しかった。あんなにも清らかだった」

(  ゚∀゚ )「何を言う。どんなに清らかな土でも、毒を孕んだものは宿る。そうだろう?」

彼はそう言って微笑んだ。その笑みを見て、従者は体中に虫が這いずり回るような寒気を覚えた。ささやかな陽だまりのような、そんな笑顔が今では…あらゆる絵画でみた化物の笑みに変貌していた。
衝動的に従者は死体の傍らに走り、その冷たい手から銃を奪った。そして銃口を彼へと向けた。

(`・ω・´)「あなたは狂った!どうしてだ!あなたは言ったじゃないですか…守りたいものがあるのだと…」

従者の目には涙が溢れていた。誰よりも誇らしかった。彼の従者という立場が。誰よりも愛していた。彼を。

(  ゚∀゚ )「守りたいもの…。ああ、今も変わらないさ。そうだとも。そのために、今私はここに立っている。そしてさらに前進する」

(`・ω・´)「行かせません。あなたを今、ここで殺す」

彼はまた笑った。さっきよりも高らかに笑いを響かせる。

545:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2009/12/13(日) 02:38:55.32 ID:TPpMQW/e0 [sage]

(  ゚∀゚ )「そうかい?ああ、そうだね。もはや私は君の敵だ。人間の敵は化物だ。天使と悪魔。コインの表と裏。人間と化物。現実と夢!苦しみと愛…。お前に分かるか!この苦しみが。いつだ。いつ報われる。私はいつ救われる?」

(`・ω・´)「それでも、あなたは救いには程遠いほどにたくさんの人間を喰っていきました。私は、これ以上苦しむ人間も、恐ろしいあなたも見たくない」

彼は右手の掌を顔に被せ、指の間から従者の目を見つめた。その目は、輝きが無く、空虚だけが佇んでいた。そして手を下げる。彼の顔には血が大量に付いた。先ほど死体の頭を掴んだ時についたものだ。

(  ゚∀゚ )「ふん。どこまでも善人面だな。この私に加担している時点でお前は…」

彼が皆まで言わずに、従者は引き金を引いた。そして弾が発射され、彼の右目に刺さり、血が飛んだ。
彼はそのまま少し静止し、やがて膝から崩れ落ちた。

まるで時間が静止したようだ…。硝煙。血の匂い。二つの死体。

やがて時間がまた動いたかのように、従者は自らのこめかみに銃を向け、そしていささかの躊躇もなく引き金を引いた。

546:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2009/12/13(日) 02:42:21.94 ID:TPpMQW/e0 [sage]

(´・ω・`)「随分暗い話だねえ。でも、それがこの世界となんの関係があるの?」

( ・∀・)「…その化物が私さ」

(´・ω・`)「え?」

( ・∀・)「me too」

(´・ω・`)「あらら。これはどうも、ってなんでかしこまらなきゃならないの」

彼はまた笑った。ううむ。やっぱり今聞いた話との彼と随分ちがうなあ。

( ・∀・)「この世界はね、私の作った私の世界だ。まあ、いわば夢と同じレベルの世界に属するね。そしてここは、私の煉獄さ」

(´・ω・`)「えっ、それって僕やばくない?」

( ・∀・)「ああ、君は大丈夫」

548:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2009/12/13(日) 02:47:06.08 ID:TPpMQW/e0 [sage]
少し焦ったぞ。…煉獄、か。しかしこの世界が何故煉獄なんだろう?煉獄といえば、もっとこう鬼が踊り狂ってて、火がぼうぼうと…。

( ・∀・)「私が課した、私の煉獄だ。私は私の罪が償われるまでここから出られない。人はね、死んだら地獄にも天国にも行かない。強いて言えば、どこにも行けるんだ。だからこそ同時に、なにも無いとも言えるがね」

(´・ω・`)「それで、どうすればお兄さんの罪は…?」

彼は微笑み、墓石から下りて立ち上がった。そして空に向かい大きく体を伸ばしながら言った。

( ・∀・)「私が納得するまでさ」

(´・ω・`)「それって罪じゃないじゃん」

そう言うと彼は大きく笑って、思わず僕もつられて笑った。…きっと従者さんもこの笑顔を見ていたのだろうな。

なるほど。優しい笑顔だ。



「君にまた逢えて、私は幸せだ」
  1. 2009/12/13(日) 15:43:30|
  2. 総合作品まとめ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ξ゚⊿゚)ξ星に願いをのようです

252:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2009/12/11(金) 06:08:06.30 ID:za9ZrNNzO



ξ゚⊿゚)ξ星に願いをのようです




253:ξ゚⊿゚)ξ星に願いをのようです :2009/12/11(金) 06:10:26.54 ID:za9ZrNNzO

まっくらな夜に皓皓と輝く月、それにたくさんの星達。
それらすべてを独占するように仰向けで空を見上げる女がいた。

ξ゚⊿゚)ξ「……」

彼女の名はツン。

ツンが寝転ぶそこは広く、見晴らしの良い丘の上。

ξ゚⊿゚)ξ「キレイ…」

星々の瞬きに合わせて瞬く瞳には、月に重ねた恋しい人の影が映る。

ξ-⊿-)ξ「月と重ねる想い人……なんて、ね。
       我ながらロマンチックだこと」

ξ゚⊿゚)ξ「あ、流れ星……」

流星がキラリと夜空を横切る。
ツンは目を閉じ、願いを懸ける。
だが、無情にも流星は消えていた。


254:ξ゚⊿゚)ξ星に願いをのようです :2009/12/11(金) 06:12:23.32 ID:za9ZrNNzO

小さなため息。
本来なら家で、二人でペアのティーカップに彼の好きなダージリンを注いで。
安らかな時間を、楽しんでいた筈なのに。

つまらない事で、つまらない喧嘩をして、飛び出してしまった。
今頃、彼は割れたカップを片付けているのだろうか。
そんな後悔ばかり押し寄せる。

ξ゚⊿゚)ξ「…寒いわね」

もう、熱々だったポットのダージリンは飲めないぐらい苦く、また冷めてしまっただろう。
ペアだったティーカップは割れてしまった。

視界が、涙で揺らぐ。

なぜ、彼の意見に少しでも譲歩出来なかったのか。

ひねくれ者だな、とツンは自嘲した。
また、ため息が出た。


255:ξ゚⊿゚)ξ星に願いをのようです :2009/12/11(金) 06:14:34.91 ID:za9ZrNNzO

( ^ω^)「やっぱりここにいたんだお?」

ξ;゚⊿゚)ξ「!」

ツンは声に驚き、起き上がって後ろを振り向いた。
その視線の先には彼女の恋人、ブーンがいた。

ブーンの手には薄茶の毛布が握られており、彼は毛布を彼女にそっと羽織らせた。

( ^ω^)「ここは風が強くて寒いお?
       家に帰ったらまたお茶を淹れなおすお」

ξ;゚⊿゚)ξ「なんで……」

ここが、という声は彼女の喉から出なかったが、ブーンはその意味を理解していた。


256:ξ゚⊿゚)ξ星に願いをのようです :2009/12/11(金) 06:16:27.78 ID:za9ZrNNzO

( ^ω^)「ツンは昔からここが好きだったお!
      ……それに僕、言い過ぎたお。ごめんだお」

ξ゚‐゚)ξ「……私こそ、言い過ぎたわ」

その先言うべき言葉が出ず、困るツン。
そんな彼女に優しく、ブーンは言った。

( ^ω^)「気にするなお。ツンとは長い付き合いだから、わかるお。
      僕も熱くなり過ぎただけだお
      だから水に流して、早く帰るお」

ξ;⊿;)ξ「ブーン……」

二人の手が重なりそうになった時。

       ドーン!!!!!

爆音と共に何かが二人のいる所に落下した。


257:ξ゚⊿゚)ξ星に願いをのようです :2009/12/11(金) 06:18:39.97 ID:za9ZrNNzO

ξ;゚⊿゚)ξ;^ω^)「!?」

二人がいる所から十メートルぐらい離れた所から、煙がもうもうとあがっていた。
数秒あって、突然の事に思考を停止していた脳が動きだし、あれはなんだ?
そう考え始めた時。

のそりと何かが動いた。
暗くてよく見えないが、丸い生き物のようである。
生き物は二人の所へやってきた。

/ ,' 3「こんばんは、お二人さん」

ξ;゚⊿゚)ξ;^ω^)「喋ったー!!!?」

話しかけて来たそれは、どう見てもアザラシのような生き物だ。
違う所があるとすれば、丸い。かなり。

/ ,' 3 「荒巻と言うのじゃが、ここはガニメデの宴会場ではないのかの?」

(;^ω^)「ガニメデ?」

ξ;゚⊿゚)ξ「知らないわ」


258:ξ゚⊿゚)ξ星に願いをのようです :2009/12/11(金) 06:20:46.56 ID:za9ZrNNzO

/ ,' 3 「また違う星か…ワシも年老いたもんじゃ」

ξ;゚⊿゚)ξ;^ω^)(なんだこいつ……?)

/ ,' 3 「まあ、ここで会ったが百年目じゃ。
    流れ星のワシが願いを叶えてやろう」

ξ;゚⊿゚)ξ「はぁ?」

( ^ω^)「あ、じゃあポテチくださいお
      リッチコンソメ味の」

/ ,' 3 「良かろう。びびでばびでブー!!」


    *``・*。
    |  `*。
  ,。 _∩_  * キラッ☆
 + /,'3 丶*+゚
 `*⊂   |*゚*
  ゚と・+。*・゚ +゚
  ☆ `(ノ′ 。*
  `・+。*・+ ゚


259:ξ゚⊿゚)ξ星に願いをのようです :2009/12/11(金) 06:23:24.44 ID:za9ZrNNzO

荒巻が呪文を唱えるとブーンの目の前にポテトチップスが現われた。

( *^ω^)「おぉ、ポテチだお!
      ありがとうだお!!」

/ ,' 3 「ふぉっふぉっふぉっ。礼には及ばんよ」

ξ*゚⊿゚)ξ「……アタシの願いも、いいかしら?」

/ ,' 3 「あぁ、お嬢ちゃんの願いはもう叶えたよ」

ξ゚⊿゚)ξ「え?」

/ ,' 3 「今度は間違わぬようにしなされ。
    っと、いかん。仲間から早く来いと電波が来ておる」

ではの、そう言って荒巻はその丸い体を浮かび上がらせて、空へ飛んでいった。

( ^ω^)「ありがとだおー!」バリバリ

ξ゚⊿゚)ξ「結局なんだったのかしらね、あのアザラシ」

(;^ω^)「知らないけどツン酷いお」

ξ゚ー゚)ξ「ま、そんな事より早く帰りましょ!」

二人は嬉しそうに手をつないで帰っていった。


260:ξ゚⊿゚)ξ星に願いをのようです :2009/12/11(金) 06:25:12.52 ID:za9ZrNNzO

/ ,' 3 「さてさて、珍しく簡単な望みだったからの
    ワシも嬉しいぞい」
ガニメデ目指して飛んでゆく荒巻もまた、嬉しそうだ。


( ^ω^)「そう言えばツンは何をお願いしたんだお?」

ξ*゚ー゚)ξ「ふふ、内緒よ」

(;^ω^)「ズルいおー」

ξ*゚⊿゚)ξ(少しは、素直になれますように)


おわり
  1. 2009/12/11(金) 15:52:34|
  2. 総合作品まとめ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

('A`)川 ゚ -゚)長ったらしい関係のようです

165:('A`)川 ゚ -゚)長ったらしい関係のようです :2009/12/10(木) 17:04:34.27 ID:Dn9UOkF70 [sage]




('A`)川 ゚ -゚)長ったらしい関係のようです




167:('A`)川 ゚ -゚)長ったらしい関係のようです :2009/12/10(木) 17:06:06.62 ID:Dn9UOkF70 [sage]
暗い部屋、俺の部屋。
梅雨ってのはどうしても調子が出ない。 
じめじめ、もくもく、ざあざあと。本当にうんざりだ。

('A`)  ウツダシノウ……

川 ゚ -゚)  まーた始まった……

で、その部屋で一緒にいるこいつは俺の彼女。
ひと月前から毎日顔を突き合わせてるほどの距離感なんだが、どうにもこう、ね。

('A`)  仕方ないじゃないっすかぁ~……

川 ゚ -゚)  気持ちはわからんでもないが

ちょっぴり怖いんです。
彼女にびびるのはどうかと自分でも思うんだけどな。

('A`)  だろ? ったく、はやくこの時期終わらないかねー

川 ゚ -゚)  一瞬で終わらせる手があるが?

('A`)  いや、遠慮しt――

声は詰まった。
これもいつも通りの挨拶みたいなノリだった。
そしてそれが、俺がこいつにちょっぴりの恐怖を抱いていた理由みたいだ。

具体的に言えば、今日俺はこの彼女「素直空」に、腹を貫かれてぶっ殺された。


168:('A`)川 ゚ -゚)長ったらしい関係のようです :2009/12/10(木) 17:07:37.83 ID:Dn9UOkF70 [sage]
寒い路地、凍える俺。
冬ってのはどうしても調子が出ない。
行く家行く家で、俺特製の燻製は突き返される。美味いんだけどなぁ。

('A`)  ウツダシノウ……

川 ゚ -゚)  まーた始まった……

で、一緒に燻製を売り歩いているこいつは俺のパートナー。
行商の途中、なりゆきで二つ後の街まで一緒に行動することになった奴なんだが、どうもなあ。

('A`)  だってこれ美味いんだぜ……?

川 ゚皿゚)  うん、美味いぞ  バリバリ

(;'A`)  やめて!

決して俺は気が弱いわけじゃないんだが、こいつには太刀打ちできない気がするんだ。
本質的な部分でこいつに丸めこまれちまってるっていうか、なぁ? よくわかんねえや。

川 ゚ -゚)  すまん、美味くてつい

('A`)  これじゃ生活できねえよ……

川 ゚ -゚)  楽にしてやろうか?

言葉を返す前に俺の世界は上に飛びあがったんだが、そのほんの一瞬で見えたことを報告しておこうか。
眼下に俺の服を着た首無し男がいて、その正面には猫のような眼で俺を見つめる女が居た。

それを具体的に言えば、俺はたまたま出会った連れ「クー・メインクーン」に、いきなり首を撥ねられたんだ。


169:('A`)川 ゚ -゚)長ったらしい関係のようです :2009/12/10(木) 17:09:28.64 ID:Dn9UOkF70 [sage]
文字の群れ、溺れる俺。
いつも通り俺はデスクワークに励んでいた。
毎日毎日繰り返される、山のように積まれた資料とのタイマン。

('A`)  ウツダシノウ……

俺はコーヒーの臭いに包まれながら、大学で地方の伝記を漁ってるところだ。
教授に託されたこの山、次に教授が帰ってくるまでに纏めとかなきゃいけない。
期限は二週間。で、時間は後三日を残してて、山はようやく半分を切り崩したところ。

要するに、もう物理的に不可能なレベルだ。
目を走らせる、要点をまとめる、読みやすくする。
適当にやっても時間が足りん。

別に厳格な人じゃないから怖いわけではないんだが、頼まれた仕事だ。
俺がこなせると思ってくれて与えてくれたものなのに、『できなかった』ってのはなぁ。

('A`)  あー……さて次、やりますかね

コーヒーを空にし、次の資料を開く。
どうも民族学ってのは、読んでて疲れるものが多いんだよなあ。

('A`)  次は……吸血鬼?

このご時世に吸血鬼ってのはどうなんだろうね。
血を飲みたくなるそういうアレな人は存在するらしいけど、それとはまた違うだろうし。

('A`)  ………

疲れるわ、ほんと。


171:('A`)川 ゚ -゚)長ったらしい関係のようです :2009/12/10(木) 17:11:30.01 ID:Dn9UOkF70 [sage]
('A`)  ふぃー

バタン

川 ゚ -゚)  やっと見つけた……

(;'A`)  ブエッ!? なんですか?

腰を回してたらいきなりドアが思いっきり開かれた。
そこにはすっげー美人さんだ。艶のある髪がなんとも美しい。
はっ! 髪……コキ……? ええじゃないか、ええじゃないか。

川 ゚ -゚)  お前を探していたんだ、ドクオ

('A`)  へ?

俺の名前はドクオじゃないんだが……。
でもそんなことを言いながら彼女はこっちに歩いてきている。

川 ゚ -゚)  すまん、私が遅れてしまうなんて

(* A )   ホボチ……

で、目の前に来たと思ったら抱きしめられた。
あったかくて、やわらかくて、いいにおいで、やさしくて。
二十一年童貞の俺から言わせれば、それはそれはすげえもんよ。

川  )  はぁ……やはりお前は良いな……


172:('A`)川 ゚ -゚)長ったらしい関係のようです :2009/12/10(木) 17:13:25.86 ID:Dn9UOkF70 [sage]

(* A )  フホッ……


俺も最高の気分なんですけど……。


川  )  じゃあ、またな


え?


急に頭に圧力がかかった。
みしみし、ってこれ俺の頭蓋骨か?


いててて、悪い冗談かy――。


ゴシャリ




173:('A`)川 ゚ -゚)長ったらしい関係のようです :2009/12/10(木) 17:15:48.77 ID:Dn9UOkF70 [sage]
川 ゚ -゚)  これでまた約束を果たせた。少々遅れたがな

私はドクオの脳漿を浴びたコートを脱ぎ、その場で舐めまわした。
やはりあいつの味だ、これは何年経っても変わらないな。

川 ゚ -゚)  愛しているぞ、ドクオ

一言でいい。
私に与えてくれたドクオはこれくらいの言葉だけで愛をくれた。
だったら私も、それを覆すことはしない。
愛してるよ、ずっと。言葉なんて二の次、三の次だ。

川 ゚ -゚)  また、お前を待とう

今と比べればそれはそれは幼いころの約束。
それは私に生きる道を示してくれた。
縛りつけられたと言ってもいい。

だが私はドクオを愛している。
もちろん、永遠に、だ。

さて、少し寝に帰ろう。
面倒事は嫌いだからな。
あいつも人が集まるのは、好きじゃなかったっけ。


175:('A`)川 ゚ -゚)長ったらしい関係のようです :2009/12/10(木) 17:17:43.94 ID:Dn9UOkF70 [sage]
……。

(;'A`)  ウツダ……

川 ゚ -゚)  ドクオ、大丈夫か?

(;'A`)  頭が痛い……

川 ゚ -゚)  今日はおじい様の言われた通り、薬草を採ってきたぞ

ゴリゴリ

川 ゚ -゚)  ほら、ゆっくり飲め

(;'A`)  悪いな、クー

川 ゚ -゚)  まったく、お父様が亡くなってからずっとその調子じゃないか

(;'A`)  う……でも、親父は俺の目標で………

川;゚ -゚)  あう、すまん……無理はしないでくれ、急かしてるわけじゃないんだ

ドクオがこうなったのはお父様、私の伯父なんだが、その人が亡くなってから。
お父様は私達吸血鬼のために、人間の『狩り』の最後の犠牲者になった。
自分が最期の一人だと示すために、本来禁忌である血抜きと、三週間の絶食をしてからのいけにえだった。

世界は私達吸血鬼に優しくは無かったのだ。
人の形をしたバケモノだと言って、次々と殺されていく同胞。
お父様はそれを見ていられなくなったんだ。だから、そうなった。


176:('A`)川 ゚ -゚)長ったらしい関係のようです :2009/12/10(木) 17:19:41.73 ID:Dn9UOkF70 [sage]
(;'A`)  少し、寝るな……

川 ゚ -゚)  ああ……

ドクオはお父様を慕っていた。
百年程の間は、ずっとその後ろに付き従っていた。
そのさらに後ろを、私は歩いていた。

私の父も『狩り』によって早くに亡くなっていて、お父様に見てもらっていたんだ。
そこで塞ぎこんでいた私に、ドクオは振り返りながら優しい言葉をかけてくれていた。
ドクオにだって、しなければならないことはたくさんあったはずなのに。

気付くころには私は彼を愛するようになっていた。
すぐに彼もその想いに応えてくれた。

そのころの彼は、本当に逞しく、理知的で、凛としていた。
何度も求めあい、愛し合ったのは言うまでもないことだろうな。

(-A-)  ・・・

川 ゚ -゚)  ドクオ……

今眠る彼はその面影すら感じられない。
ただの、弱い生き物だ。


177:('A`)川 ゚ -゚)長ったらしい関係のようです :2009/12/10(木) 17:21:38.19 ID:Dn9UOkF70 [sage]
そんなある日のこと。

('A`)  ……

川 ゚ -゚)  どうした?

('A`)  ウツダ……シノウ……

ドクオは突然この言葉しか言わなくなった。

('A`)  ウツダ……シノウ……

川;゚ -゚)  ドクオ!

何度声をかけても、ドクオは反応しなかった。

川;゚ -゚)  どうしよう、どうしよう!

確か、あの時私は急いでおじい様に相談しに行って、

/ ,' 3  ならば殺せ。余計な荷物ならば捨て置くが自然じゃろう?

川;゚ -゚)  そん、な………

/ ,' 3  ……ふむ、あれの未練などは欠片も残さぬよ、こちらへ来るがよい

抱かれたんだ。

あまり、このあたりは思い出せない。


179:('A`)川 ゚ -゚)長ったらしい関係のようです :2009/12/10(木) 17:23:28.50 ID:Dn9UOkF70 [sage]
涙は出たがすぐに渇いていった。
それこそ、血のように。

川 ゚ -゚)  ドクオ、聞こえるか?

('A`)  ウツダシノウウツダシノウ

川 ゚ -゚)  お前を助けてやる

('A`)  ウツダシノウウツダシノウ

ドクオの首元に私は手をかけた。
少し、興奮した。

私がドクオを食う。
愛する者を捕食するなんて、興奮するじゃないか。
この時の私は、おじい様に弄ばれた部分をひたすらに濡らしていたと思う。

川  - )  ・・・

噛みついた。
まずは少し、血を吸う。

('A`)  ……?

ドクオが首に噛みついた私を見た気がした。
いや、そんなことは無いと思う。
彼は既に違っていた筈だから。


181:('A`)川 ゚ -゚)長ったらしい関係のようです :2009/12/10(木) 17:25:29.85 ID:Dn9UOkF70 [sage]
('A`)  クー

川 ゚ -゚)  !

声が聞こえた気がする。
いや、違う。

('A`)  お前がそうしている間は、俺の頭痛は止むみたいだな

なにかが聞こえている気がするが、関係がないんだ。
私は彼を食べる。
体中の全てを喰らいつくすんだ。

('A`)  でも、少しずつ痛んできている。もっと勢いよく吸ってくれ

血を吸うペースをあげた。
じっくり行こうと思っていたが、もう少し欲しくなったからだ。

('A`)  それでいい……ありがとうな

目から零れたのは水滴だった。
やはり愛する者を食うのはこんなにも悲しく、こんなにも興奮することなんだろうか。

('A`)  あと、最後にお前に言っておきたいことがある

ああ、興奮する、満たされる。
あう………。

('A`)  これは一方的な話になっちまうんだが、いいか?


182:('A`)川 ゚ -゚)長ったらしい関係のようです :2009/12/10(木) 17:27:19.99 ID:Dn9UOkF70 [sage]

あう、あう、

('A`)  手、貸せ

手がドクオに絡まっていく。
私はきっと、思わずそうしてしまったのだろう。私が、自発的に。

('A`)  指きりげんまん、っと

あう、あう、

('A`)  俺達がもっとガキの頃、こんなことしてたよな

ドクオの、血、

('A`)  よし、これでもう破れないぜ?

笑い声?
おじい様の声じゃない。誰だろうな。

('A`)  じゃあ、聞いてもらうぜ

あう、あう、

('A`)  これは親父との研究で知ったことなんだがな…… 続きを読む
  1. 2009/12/11(金) 15:14:04|
  2. 総合作品まとめ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

長編一覧

( ^ω^)ブーンはひとのようです

(#゚;;-゚)「はじめのいっぽのようです」

ξ゚⊿゚)ξフリーター伝説ツンのようです

( ^ω^)は現実的ヒーローのようです

( ^ω^)裏風紀委員のようです

( ^ω^)はるろうニートなようです

('、`*川は生徒会長のようです

( ^ω^)クリスマスキャロルのようです

川 ゚ -゚)は絶対の絶対にポケモンマスターになるようです

戻る
  1. 2009/12/03(木) 00:00:00|
  2. はじめに&作品一覧
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

短編一覧

('A`)独男のグルメのようです

('A`)独男のグルメのようです

( ゚∀゚)魔法少女 夕凪☆マギカのようです

('A`)魔法少女どくお☆マギカのようです

( ゚∀゚)夕凪鳥取ケンミンショーのようです

ζ(ΦωΦ ζコワモテJKロマネス子のようです

( ^ω^)ヘイィヤレロトティーヤのようです

('A`)は眉毛の形がえげつないほどかっこいいようです

( ^ω^)地球の寿命のようです

( ^ω^)はじめてのおつかいのようです

( ・∀・)「そうなのか」のようです

('A`)朝を待ちますのようです

( ゚∀゚)夕凪天下一武闘会のようです

('A`)モンスターペアレント、略してモンペのようです

('A`)は巻き込むようです

川д川人魚の木乃伊のようです('A`)(閲覧注意)

ξ゚⊿゚)ξツンデレがバストカップを武器に戦うようです

( ゚∀゚)夕凪の夜は天の川で混じるようです

川*` ゥ´)ロケット団のようです(@∀@-)

( ゚∀゚)夕凪プラスのようです

/ ,' 3作家先生はご趣味でご多忙のようです

( ・∀・)色々噺するようです

川д川はお尻がはまって上腕筋がムキムキになったようです

( ・∀・)は野菜嫌いのようです

(#゚;;-゚)ニセモノ家族のようです(・∀・ )

('A`)ドクオは妹思いのようです

川д川はお尻がはまって抜け出せないようです

o川*゚ー゚)oは欝陶しいようです

( ^ω^)AAたちはキャラクタに固執するようです

( ・∀・)マッスル元気ボーイのようです

('A`)脳内彼女とクリスマス!のようです

( ^ω^)('A`)飲みに行くようです

ヤンデレな('A`)に死ぬほど愛されて眠れないようです

( ゚∀゚)ジョルジュは嘘つきのようです

('A`)ドクオがおもらしするようです

( ゚∀゚)僕らと教頭の700日戦争のようです

('A`)大きなたまのようです

戻る
  1. 2009/12/02(水) 00:00:00|
  2. はじめに&作品一覧
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

総合作品一覧

('A`)鬱田さんは無口なようです

世界は破滅へ向かうようです

お題「満員」「水晶」「電波」「進化」

( ´ー`)おじさんのようです

お題「みかん」

( ^ω^)めくら保守のようですlw´‐ _‐ノv

二人は戦い続けるようです

お題「日の丸弁当」「円周率」「始発」

総合短編

戦場は地獄のようです('A`)

総合作品

('A`)妹抱夢(マイホーム)のようです( ^ω^)

総合作品

( ^ω^)青すぎる海と高すぎる空のようです

総合作品

( ^ω^)の冒険の書のようです(仮)

Medal of Duty Company Fieldのようです

( ^ω^)は空に想いを馳せるようです

( ^ω^)と('A`)は適当に雑談するようです

無題

(,,゚Д゚) 昔はわりとよくあった展開のようです (*゚ー゚)

(´・ω・`)帰れないようです

( ^ω^)は黄金騎士のようです

(`・ω・´)雨のようです

ブーンの知らない家族がいたようです

( ^ω^)幽霊線にて

かごめかごめのようです

総合短編

正義の味方ブーン仮面のようです

総合短編

VIP警察のようです

ブーン少年、グリグリ眼鏡を拾う

( ^ω^)ブーン達は季節のようです

( ^ω^)ブーンは壁を超えるようです

( ^ω^)妖精との血塗られた契約のようです

異説・とある男の物語のようです

('A`)飯が美味いようです(仮)

('A`)一方通行タイムマシンのようです

从 ^∀从コシアンルーレットのようです(・∀・ ;)

lw´‐ _‐ノv熱を欲するようです。

総合短編

( ^ω^)雪の日のようです

('A`)は謙虚なようです

( ・∀・)花一匁 のようです

('A`)は代弁するようです

【+  】ゞ゚)棺桶死オサムを拾ったようですが…

ジジイ共がバンド名を決めるようです

(人)a virgin=童貞 のようです 続きを読む
  1. 2009/12/01(火) 00:00:02|
  2. はじめに&作品一覧
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

総合作品一覧

総合短編

(´<_` )は勉強嫌いなようです

[゚д゚]はっくしょん!のようです

総合短編

( ´_ゝ`)は実は兄じゃないようです

( ^ω^)はジャンプを目指すようです

マト#>Д<)メ まとまとのようです

総合短編

(´・ω・`)思いの外暖かかったようです

(,,メД゚)ギコはバーサーカーのようです

( ´_ゝ`)巡り巡って再会するようです(´<_` )

( ^ω^)彼らは('A`)意志を貫く( ・∀・)ようです

総合短編

総合短編

(´<_` )弟者は手を伸ばすようです(*゚∀゚)

ξ;゚⊿゚)ξ(;^ω^)土鳩が恩返しするようですζ(゚ー゚*ζ

( ^ω^)の毎日は日曜日のようです

(´<_` )夜中明け方ようですよ

( ´_ゝ`)知らせる者たちのようです(´<_` )

米の申し子のようです

とある男の一生のようです

紅い巫女のようです

夢から醒めるようです

総合短編

独り善がりのようです

侵略♪クー娘のようです

駄菓子屋に行くようです

( ^ω^)達は尾行するようです

3分クッキング

ひきこもりの行く末のようです

焼き芋のようです

川 ゚ -゚)ナスは黒く光るようです

('A`)名も無い人々のようです

お題,ラッキーセブン,カシューナッツ

それでも幸せなようです

総合短編

親父と私の…ようです

/ ,' 3はポケモンバトルに挑むようです

お題,天井

(*゚∀゚)は从 ゚∀从に教えてあげるようです(閲覧注意)

(//‰ ゚)は成り上がるようです

('A`)は力が欲しいようです

ブーンが携帯電話を買ったようです

('A`)と川*` ゥ´)のようです

( ゚∀゚)豊胸相談のようです从'ー'从

( ∵)繋ぐようです

(  ^^)山崎渉はテンプレに居ないようです

川*` ゥ´)女のニートのようです

総合短編

( ^ω^)は世紀末覇者のようです

七夕じゃなくて誕生日の俺たち

(  ∀ )雨は止まないようです

物語が終わるようです

(*゚∀゚)★☆从 ゚∀从 手紙のようです

( ^ω^)ふぉーびどぅんふるーつのようです

総合短編

夏の終わりのようです

総合短編

从 ゚∀从へばりつくようです( ゚д゚ )

三人(,,゚Д゚)( ・∀・)( ´∀`)兄弟です。

ノパ⊿゚)ひぐらしのようです

総合短編

(*゚ー゚)毒ニュースのようです

総合短編

総合短編

( ^ω^)子供は親の所有物のようです

総合短編

回転式拳銃狂のようです

( ´∀`)は予言者のようです

(´・ω・`)小噺のようです

( ^ω^)七夕に祈るようです

(゚、゚トソン海に行くようです( ・∀・)

( ^ω^)内藤修理センターのようです

川 ゚ 々゚)私の全ては貴方の為に、のようです

ξ-⊿-)ξ彼女が起きるまで、のようです(-ω- )

(´・ω・`)はかき氷屋さんのようです。

総合短編

( ^ω^)はポエムマスターのようです

( ^ω^)破滅を追い続けるようです

(  ω )(´ ω `)( A )僕らの青春のようです

( ^ω^)こーてーえきのようです

~⊃それいけ!精子くんのようです。

( ^ω^)これが彼の答えのようです

総合短編

ξ゚⊿゚)ξがちょっとしたいじめを受けてるようですね

('A`)桃と太郎のようです

( ^ω^)マカロニの謎に迫るようです

( ´_ゝ`)二倍のようです(´<_` )

邪道起承転結のようです

割とありがちな別れ話のようです

それでもいいようです

( ^ω^)生活習慣日誌のようです

('A`)ドクオの退屈な日常のようです

(,,゚Д゚)吾が輩は猫であるようです

('A`)世界の成れの果てのようです

( ^ω^)扇風機のようです

王道展開のようです

ξ*゚⊿゚)ξ敷衍された定義のようです(^ω^;)

( ・∀・)鏡のようです

川 ゚ -゚)風が運ぶ、五月の空――のようです

( ・∀・)ある五月の僕らのようですζ(゚ー゚*ζ

从 ∀从は五月病のようです

('A`)(´・ω・`)シャボン玉飛んだ、のようです

ひとりぼっちになってしまったようです

( ^ω^)は真っ黒な顔でも真っ赤な瞳でもないようです

( ^ω^)未来への電話なようです 続きを読む
  1. 2009/12/01(火) 00:00:01|
  2. はじめに&作品一覧
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

総合作品一覧

妹者が迷子になったようです

バーガー通のようです

('A`)リア充撲滅!のようです

春の長雨のようです

説得野郎 V チームのようです

人の夢と書いて儚いからこそのようです

( ФωФ)は魔法の杖?を作ったようです

('A`)モテドクオさんのようです

( ゚∀゚)o彡゜みんなまとめて花見のようです

(´・ω・`)娘からの手紙のようです

( ^ω^)桜が散る季節のようです

( ・∀・)色褪せたようです

( ^ω^)伝えたいことがあるようです

('A`)休日のKYDのようです

('A`)シベリアキョセイクラブのようです

( ^ω^)は湿布ソムリエを目指すようです

( ^ω^)がξ゚⊿゚)ξの家に来たようです

( ФωФ)我が家の猫は復讐上手なようです

lw´‐ _‐ノv月夜のようです

川 ゚ -゚)が漫画家を目指すようです、が……

lw´‐ _‐ノvお似合いなようです

( ^ω^)の時間が少しずつ動き始めるようです

(゚ー゚*NノV 素直パニックのようです (゚◇゚;NノV

('A`) ドクオはレイヴンになるようです

( ^ω^)司書ブーンの憂鬱だそうです

(´・ω・`)スースーするようです

(´・ω・`)バーのつもりのようです(`・ω・´)

ζ(゚ー゚*ζコンビニに通いつめだそうです

( ^ω^)が路地裏でバーを営んでいるようです

( ^ω^)は研くようです

(・∀・)デジタルリマスターして発売されるそうです 後日談

( ゚∀゚)の勧誘のようです

総合短編

(゚、゚トソン 静かに燃えていたようです

(・∀・)デジタルリマスターして発売されるそうです

小説作家

( ^ω^)白鳥が小川で死んだこと、のようです

( ^ω^)は開拓使になるようです

从 ゚∀从は赤面症のようです

('A`)は無限ループに陥るようです

川 ゚ 々゚)恋するクルウの恋愛講座のようです

('A`)ミッションインポッシブルのようです

('A`)はカード発行人になったようです

( ^ω^)は遺言を受け取ったようです

(´^ω^`)どうやら先生は道を踏み外したようです

( ・∀・)まだまだなようです

( ^ω^)と(*゚ー゚)の不思議な旅のようです

('A`)と秘密の隠れ家のようです

( ^ω^)鐘の音が響くようです

川 ゚ -゚)たった一億のようです

(#゚;;-゚)伝わらない『大好き』を伝えたいようです

( ><)宇宙色のバレンタインのようです

( ^ω^)は新商品を作り出すようです

( ´_ゝ`)と(´<_` )はスパイのようです

バレンタインイブのようです

( ^ω^)は理解に苦しむようです

三日戦争のようです

(,,゚Д゚)は確かに見たようです

( ^ω^)は恋の神様のようです

(#゚;;-゚)不器用なようです(・∀・ )

( ФωФ)人間失格のようです

川 ゚ -゚)チョコをあげるようですζ(゚ー゚*ζ

落下戦闘のようです

( ^ω^)ブーンが夏場のパチンコでツンを焼いちゃったようです

( ・∀・)は育てられるようです

シベリア道中録のようです

( ^ω^)がホテルに泊まるようです(仮)

('A`)と菊の花のようです

( ^ω^)あおぞらにとけるようです

( ^ω^)とξ゚⊿゚)ξはお花を育てるようです

( ^ω^)くらいくらいくらい、のようです

( ^ω^)は内藤ホライゾンを描くようです

('A`)丘の上のようです

<ヽ`∀´>ニダー診療所のようです

川д川きみにとどけのようです

( ^ω^)に天使が舞い落ちてきたようです

ダイバーズ!のようです

( ^ω^)は今北産業㈱に勤めるようです

( ^ω^)伝説のアレを探しに行くようです('A`)

(´・ω・`)ひとりのふたりのようです(`・ω・´)

世界一のあいつのようです

( ・∀・)今日は特に何もなかったようです

('A`)記憶と大穴のようです

( ´_ゝ`)は煙草を吸うようです

限りなく6に近いもののようです

母者とカーチャンが戦うようです

('A`)はスタート前に思い出すようです

('A`)の誕生日のようです

('A`)のクリスマスプレゼントのようです

( ^ω^)サンタさんに届きますようにのようです

ミセ*゚ー゚)リミセリが有名になってから10年後、のようです

('A`)冬の花火のやうですミセ*゚ー゚)リ

( ><)みかん早むき競争のようです

( ・∀・)女だったようです

('A`)カウンター・バーの風景

星を見に行くようです

('、`*川ペニサスはクリスマスなのに鍋を食べるようです

( ´∀`)ダベるようです

ショボンは、夢を見るようです

ξ゚⊿゚)ξ星に願いをのようです

('A`)川 ゚ -゚)長ったらしい関係のようです
続きを読む
  1. 2009/12/01(火) 00:00:00|
  2. はじめに&作品一覧
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
前のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。