header
ひとくちlw´‐ _‐ノvくりぃむ
記事の内容
*前へ | 次へ# line
icon( ^ω^)はるろうニートなようです 第二話
2009/12/16 22:45
21:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2009/12/16(水) 04:53:23.24 ID:6i8v7/1mO
第二話 始

23:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2009/12/16(水) 04:59:57.45 ID:6i8v7/1mO
( ゚∀゚)「こいつを働かせればいいんだな?」

(-@∀@)「あぁ」

( ゚∀゚)「…中々腕の立つニートみたいだな」

(-@∀@)「人雇い内藤。と言えばまだ若い貴様も知っているだろう?」

( ゚∀゚)「…!あの人雇い内藤か!」

(-@∀@)「あぁ、だからこの近辺で最強の自営業の貴様しか倒せまい」

( ゚∀゚)「へへ…アフィが唸るぜ…!」

(-@∀@)「頼んだぞ」

( ゚∀゚)「任せとけ」

(-@∀@)「ジョル速のジョルジュ…通称『ジ速』。最強の自営業だ…あの人雇い内藤でもかなうまい。くくく…」


―――――

―――



25:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2009/12/16(水) 05:04:27.36 ID:6i8v7/1mO
ξ#゚听)ξ「こら!ブーン!ちゃんと生徒に授業なさい!」

( ^ω^)「断るお」

ξ#゚听)ξ「何でよ!」

( ^ω^)「拙者はるろうニート。誰にも縛られず自由奔放に生きるからだお」

ξ゚听)ξ「…もう!」

( ゚∀゚)「たのもー!」

ξ゚听)ξ「ん?あなたは?」

( ゚∀゚)「ちょっくら用事があってな」

( ゚∀゚)「人雇い内藤に。よ」

ξ;゚听)ξ「!」

( ^ω^)「…何の用だお?」

26:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2009/12/16(水) 05:10:44.06 ID:6i8v7/1mO
( ゚∀゚)「単刀直入に言う。働け」

( ^ω^)「断る」

( ゚∀゚)「…ケッ。10年前までは馬鹿みたいに働いてたくせに良く言うぜ」

( ^ω^)「…」

( ゚∀゚)「知ってるぜ?人雇い内藤。お前のにやけ面、昔の仕事の後遺症だろ?」

( ^ω^)「…」

( ゚∀゚)「まだまだ調べて」

( ^ω^)「言いたい事はそれだけかお?」

( ゚∀゚)「…ほう」

( ^ω^)「随分と熱心に拙者の話しをしてはいるがお主は何の仕事を?」

( ゚∀゚)「アフィの管理人よ!」

27:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2009/12/16(水) 05:15:31.11 ID:6i8v7/1mO
( ^ω^)「貴様、満足か?」

( ゚∀゚)「あぁ!楽しいし金も入るし一石二鳥よ!」

( ^ω^)「流行り廃りのあるVIPでいつまで人気が持つかな?」

(;゚∀゚)「っ!」

( ^ω^)「ネット飽食が何を言う?中途半端に働いて、情けない」

( ゚∀゚)「…」

( ゚∀゚)「で?」

( ^ω^)「な…拙者の言葉責めが効かない?」

ξ゚听)ξ「…」

( ^ω^)「…(なる程、普段からネットで叩かれ慣れているためかなり打たれ強いのか)」

( ^ω^)「…(いや、それにしても顔色1つ変えぬとは…天性の打たれ強さだ…)」

( ゚∀゚)「で?」

28:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2009/12/16(水) 05:20:31.30 ID:6i8v7/1mO
( ^ω^)「ツン殿」

ξ゚听)ξ「何?」

( ^ω^)「この男は強い。本気を出すから心を強く持つお」

ξ゚听)ξ「…えぇ」

( ゚ω゚)「親になんて仕事だって言ってるお?」

( ゚ω゚)「ねぇ、一日中パソコンにへばりついてんの?」

( ゚ω゚)「保険は?」

( ゚ω゚)「運動は?」

( ゚ω゚)「将来は?ねぇ?ニートのがすがすがしいよ?」

(  ∀ )「グァァァァァァァァァァ!」
( ゚∀゚)「マシンガンの用な早口……これが人雇い内藤…」

( ゚ω゚)「ねぇ?ねぇ?これからどうすんの?拙者?関係ないよね?ねぇ?」

(  ∀ )「だが…だが…」

(#゚∀゚)「俺は負けられねぇんだよぉ!」

( ^ω^)「なっ!」

31:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2009/12/16(水) 05:22:13.57 ID:6i8v7/1mO
( ^ω^)「なんて打たれ強さだお…」

( ゚∀゚)「俺は…俺ら…赤痢隊の生き残りなんだ!負けられねぇんだよぉぉぉ!」

ξ゚听)ξ「赤痢隊?」

( ^ω^)「拙者がまだ人雇い内藤だった頃の有名な部隊だお」

33:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2009/12/16(水) 05:29:56.40 ID:6i8v7/1mO
( ゚∀゚)「赤痢隊。赤痢を理由に生活保護を受けてる連中の事だ」

( ^ω^)「…(あ、説明役取られた)」

( ゚∀゚)「赤痢である限り生活保護でお金が舞い降りてくる。そう信じていた」

( ゚∀゚)「あの日までは」

( ^ω^)「…」

(  ∀ )「ある日、みんなで赤痢の移しあいっこをしてたとき、来たんだ。政府の奴らが!」

( ;∀;)「そして!みんな強制入院だ!治ったらみんな住み込み労働をさせられた!」

( ;∀;)「俺はまだ子供だったから働かずにすんだ!だがみんなは!まだ国の為に道を作っている!」

( ;∀;)「俺だって働きたくねぇ!だけどみんな働いてるのに俺だけニートだなんて!」

( ;∀;)「出来ねぇ!絶対に出来ねぇ!」

ξ゚听)ξ「…アフィ飽食が何言ってんだか」ボソッ

34:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2009/12/16(水) 05:33:22.51 ID:6i8v7/1mO
( ^ω^)「…そうか。だがお主、お主は何も分かっていない」

( ゚∀゚)「…何でだ?」

( ^ω^)「赤痢隊のみんなはお主が働く姿を見たくないはずだ」

( ゚∀゚)「…」

( ^ω^)「その背中の下痢一文字が泣いてるお」

( ゚∀゚)「みんな…」

( ^ω^)「みんなはきっとお主の通帳にお金を振り込んでるお?」

( ゚∀゚)「…あぁ毎月中々貰ってる」

( ^ω^)「責任を感じるなお。胸を張ってニートになるお」

( ゚∀゚)「だが…」

( ^ω^)「拙者が許す」



35:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2009/12/16(水) 05:34:14.64 ID:jA+jgK8W0
下痢一文字で安部元総理の「責任…ですかね」を思い出した



36:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2009/12/16(水) 05:39:53.13 ID:6i8v7/1mO
( ゚∀゚)「…なぁ、俺、働かなくていいのか?」

( ;∀;)「なぁ!」

( ^ω^)「いいお。だから今からお主のお金で寿司を食いに行くお」

( ゚∀゚)「…」

( ^ω^)「いや、赤痢隊みんなのお金だお。パーッと使うお」

( ^ω^)「世越しの金は持たない。それがるろうニートだお」

( ゚∀゚)「…あぁ!」

ξ゚听)ξ「…(下痢一文字のツッコミを>>35に先にされたわ。過疎スレなのに…)」

( ^ω^)「ツン殿も行くお!」

ξ゚听)ξ「私いくらね!」

( ^ω^)「はいはい、ツンも少しは遠慮するおwwwwww」

38:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2009/12/16(水) 05:42:58.68 ID:6i8v7/1mO
3日後

( ゚∀゚)「よぅ」

ξ゚听)ξ「どうしたのよ?」

( ゚∀゚)「俺もこの学校に居座るぜ」

ξ゚听)ξ「なんで?」

( ゚∀゚)「ニートだから、さ」

ξ゚听)ξ「…」

( ゚∀゚)「じゃあ邪魔すんぜぇ」

ξ゚听)ξ「どっひゃー」

39:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2009/12/16(水) 05:43:40.46 ID:6i8v7/1mO
第二話 完




( ^ω^)はるろうニートなようです 第三話へ

( ^ω^)はるろうニートなようです 目次へ

*前へ | 次へ#

コメントを見る(0)
コメントを書く
トラックバック(0)
line BlogTOP
ログイン
i-mobile

Powered by FC2 Blog
footer