header
ひとくちlw´‐ _‐ノvくりぃむ
記事の内容
*前へ | 次へ# line
icon( ^ω^)は現実的ヒーローのようです 第七回1/2
2010/05/30 00:10
1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/05/29(土) 20:57:21.57 ID:Rk7vEYGq0
このスレッドは

ひとくちlw´‐ _‐ノvくりぃむ ttp://potenta.blog13.fc2.com/blog-entry-182.html

ブーン芸VIP ttp://boonsoldier.web.fc2.com/genzituteki.htm

さんのまとめ提供でお送りします

( =☆=)「部屋を明るくしてパソコンや携帯から離れて乾布摩擦しながら読んでくれよな!」








4:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/05/29(土) 21:00:00.97 ID:Rk7vEYGq0
スタスタ

( ^ω^)「……」

スタスタ

( ^ω^)「……」

スタスタ

( ^ω^)「……?」

(^ω^ )「……」

( ^ω^)「はて…」

( ^ω^)「(…誰かに見られているような…?)」

6:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/05/29(土) 21:04:36.71 ID:Rk7vEYGq0
│  │
│電│
│  │д川
│柱と /
│  │


         ( ^ω^)「(気のせいかな…?)」


川д川「…うふ…うふふふふ…」

川д川「うふふふふふふふふふふふふふふふふふふふふふふふふふふふふふふふふ」

川д川「見つけた…見つけた…うふふふふふふふふふふふふふふふふふふふふふふふふふふふふ」

川*д川「うふふふふふふふふふふふふふふふふふふふふふふふふふふふふふふふふふふふふふふふふ!」

*(‘‘)*「ママーあの人なんであんなに笑ってるのー?ふがゲシュタルト崩壊しちゃうよー」

(*‘ω‘ *)「しっ!多分アンパンでもキめてるんだっぽ!」

7:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/05/29(土) 21:08:16.43 ID:Rk7vEYGq0
 川д川「……」
つ[ジャポニカ]と

川д川Φ「……」

パラッ

△月△日

今日もあの人を見つけた。やっぱりかっこいい。
ビシッと決めたスーツがとても似合っている。
お話したいけど…きっと、嫌われちゃうから止めておこう。

川д川「……」

川*д川「うふふ…うふふふ…」

( ^ω^)「(なんだか寒気が…)」

11:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/05/29(土) 21:12:31.27 ID:Rk7vEYGq0
('、`*川「…ってわけなのよー」

ミセ*゚ー゚)リ「へー…前回絶対ペニちゃんが死んで私一人で驚く役になると思ってたのにそんなことがあったんだー」

('、`*川「お前マジで友達止めるぞ」

ミセ*゚ー゚)リ「あら?何してるのかしら、あの人」

川*д川「うふふふふふふふふふふふ」

('、`;川「な、なんか…死に装束みたいの着てない…?」

ミセ;゚ー゚)リ「そ、そういえば…何か、一点を見つめてるみたいだけど…」

('、`*川「…あ。ジャスティスカイザーだ。あれ見てるんじゃない?」


         ( ^ω^)


ミセ;゚ー゚)リ「ほんとだ…もしかして…ストーカー?」

川;д川 ギクッ!!

13:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/05/29(土) 21:16:52.54 ID:Rk7vEYGq0
('、`;川「ギクッて音したけど…」

ミセ;゚ー゚)リ「ど、どうしよう…117番したほうがいいのかな…」

('、`;川「時報聞いて何するつもりよ…」

川;д川「あ、あのあの、あの!」

('、`;川「ゲゲェーッ!!話しかけてきたーッ!!」

川;д川「ち、ちち、違うんです…ストーカーとかそういうのじゃないんです…」

ミセ*゚ー゚)リ「じゃあジャスティスカイザーの住所は?」

川д川「VIP区4-2-2エイユウマンションの302号室で一人暮らし、趣味は自分の出演した番組の視聴です」

('、`;川「やっぱストーカーじゃねーか!!趣味とか聞いてねぇし!!」

川;д川「ち…違うんです!!本当ストーカーとかそういうのじゃなくて!!」

15:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/05/29(土) 21:21:27.45 ID:Rk7vEYGq0


川;д川「私ただの怪人なんですーーー!!!」


               川д川

            追跡尾行貞子


('、`;川「二つ名が完全にストーカーだーーー!!!」

ミセ;゚ー゚)リ「ていうかストーカーの上に怪人とか手に負えないよ!!!」

川;д川「ち、ちちち違います!!怪人の上にストーカーです!!」

('、`;川「どっちも同じだよ!!変なこだわり持ちやがって!!」

川;д川「う、うう…さようなら!!」

タタタタタ…

ミセ*゚ー゚)リ「あ、逃げた」

19:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/05/29(土) 21:26:35.30 ID:Rk7vEYGq0

                   │
     タタタタタ!!             │か
                   │
    ┏川;д川┛       │べ
 三    ┛ ┓             │


('、`;川「ちょ、ちょっと!!そっちは行き止まり…え!?」


                   │
             ヌルッ    │か
                   │
               ┏川;д│べ
            三  ┛  │


ミセ;゚ー゚)リ「か…壁にめり込んだ!!」

('、`;川「いやどっちかっていうとすり抜けてる感じだけど…」

22:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/05/29(土) 21:31:13.58 ID:Rk7vEYGq0
川;д川「はぁ…はぁ…」

川;д川「ここまで逃げてくれば大丈夫だよね…」

川д川「まさか普通の人に見つかっちゃうなんて…追跡尾行の名が泣いちゃうよ…気をつけなきゃ…」

川д川「…えっと…ジャスティスカイザーさんはどこ行っちゃったかな…」

( ・3・)「あるぇ?こんなところに女の子いたっけぇ?」

(’e’)「うわ〜〜〜なかなか可愛い女の子だよ〜〜〜」

川;д川「え…いや…ちょっと…?」

( ・3・)「まぁいいやぁ…ちょっと体貸してくれよぉ」

(’e’)「ね〜〜〜せっかくだしね〜〜〜」

川;д川「や…やめ…」

( ・3・)「えぇ?聞こえないよぉ?」

25:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/05/29(土) 21:34:19.84 ID:Rk7vEYGq0


    川゚д゚川「止めてください」


(;・3・)「え…うおおおおお!!!」


        カチン (::::::::3::::) コチン

     ぼるじょあ ステータス 石化


(;’e’)「う…うわわ〜〜〜!!この女やばいよ〜〜〜!!」

川;д川「また力無駄遣いしちゃった…こんなことしてる場合じゃないのに…!」

ヌルッ

(;’e’)「あ、あれれ〜〜〜消えたよ〜〜〜!!ぼるじょあどうしよう〜〜〜!!金の針持ってないかな〜〜〜!?」

27:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/05/29(土) 21:38:33.95 ID:Rk7vEYGq0

(^ω^ )


川;д川「ああ…良かった…見つけた…あれ…?」


ξ゚听)ξ (^ω^ )


川д川「……」


ナゴ  ξ゚听)ξ (^ω^ )  ヤカ


川д川「……」

川д川「…うふ…うふふ…」

29:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/05/29(土) 21:42:48.67 ID:Rk7vEYGq0
( ^ω^)「じゃあそういう感じで…」

ξ゚听)ξ「はいはい。考えとくわ」

スタスタ…

ξ゚听)ξ「…うーん…またお色気役か…いやいいんだけど…ボンテージ新しく買いに行こうかしら…」

川д川「すいません…」

ξ;゚听)ξ「うおっ!びっくりした!だ、誰よ?」

川д川「いえ…名乗るほどの怪人ではないんですけど…ツンさんですよね…?」

ξ゚听)ξ「なんだ、同業者さんか…道理で面白い格好してると思ったわ」

川д川「(ボンテージに言われたくない…)」

ξ゚听)ξ「それで、何か用かしら?」

川д川「ええ…あの…ジャスティスカイザーさんとはどういう関係なんですか…?」

川д川「…ずいぶん仲が良さそうでしたけど…」

32:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/05/29(土) 21:46:42.52 ID:Rk7vEYGq0
ξ゚听)ξ「どういうって…まぁ、一回倒されたぐらいだけど…」

川д川「…へぇ…そうなんですか…一回『押し倒された』ぐらい…」

ξ゚听)ξ

ξ゚听)ξ「えっ」

川д川「ツンさんって旦那さんいらっしゃるのに…積極的なんですね…」

ξ;゚听)ξ「いや押し倒されてないからね!?普通に殴られただけだからね!?あと旦那は別れたからね!?」

川д川「…ああ…怪人として倒されたと…?」

ξ;゚听)ξ「そ、そうよ…当たり前じゃない…」

川д川「…私も倒されたことないのに…ツンさんはあるんですね…羨ましいです…」

ξ゚听)ξ

ξ゚听)ξ「ちょっと何言ってるかわからないです」

36:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/05/29(土) 21:51:05.81 ID:Rk7vEYGq0
川д川「私…決めてるんです…初体験はジャスティスカイザーさんに捧げようって…」

ξ;゚听)ξ「何その誤解しか呼びそうにない発言は…」

川д川「神聖な儀式ですから…撃破したり…されたりって…」

ξ;゚听)ξ「儀式って…」

川д川「だから…他の怪人さんには…邪魔されたくないなぁ…って…」


ξ;゚听)ξ  川д 川... スタスタ…


ξ;゚听)ξ「ちょ…ちょっと…?」

川д川「ね…ツンさんもわかりますよね…同じ女性なら…この気持ち…」

ドン!

ξ;゚听)ξ「(う…壁があって…もう下がれない…!)」

川д川「…うふふ…」

40:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/05/29(土) 21:54:49.06 ID:Rk7vEYGq0


    川゚д゚川「さよなら」


ξ;゚听)ξ「…!!」


        カチン ξ::::::)ξ コチン


川д川「…うふ…うふふふ…」

川д川「正義の味方に…こんな変態さんな格好は…似合わないですよ…」

川*д川「あ…追いかけなきゃ!また見失っちゃう!」

タタタタタ…

43:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/05/29(土) 21:57:01.19 ID:Rk7vEYGq0
川д川「……」


<ヽ`∀´>  (^ω^ )


川д川「……」


<*`∀´>  (^ω^ )


川д川「…男でも…何があるかわからないものね…」

川д川「……」

川д川「…うふふ…」

46:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/05/29(土) 22:01:11.08 ID:Rk7vEYGq0
( ^ω^)「じゃ、失礼します」

<ヽ`∀´>「ニダニダ。了解したニダ」

スタスタ…

<ヽ`∀´>「いやー、仕事の斡旋までやってるとは…流石ウリの認めたヒーローニダ」

川д川「…こんにちは…ニダーさん…」

<;`∀´>「うおっ!びっくりしたニダ!誰ニダ!?」

川д川「名乗るほどの怪人ではありませんから…」

<ヽ`∀´>「あ、そうニダ?最近人の名前を忘れやすくなってたからありがたいニダよ」

川д川「(…この憎めない感じ…さすがベテラン…)」

<ヽ`∀´>「それで、その怪人さんがウリに何の用ニダ?」

50:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/05/29(土) 22:04:08.74 ID:Rk7vEYGq0
川д川「いえ…ジャスティスカイザーさんとお話しているのが見えたものですから…」

<ヽ`∀´>「お、あいつを知ってるニダ?」

川д川「(…あいつ…)」

<ヽ`∀´>「いやー、あれはなかなか将来有望ニダ!礼儀ってもんを弁えてるニダ!」

川д川「…それだけですか…?」

<ヽ`∀´>「ニダ?」

川д川「…性的に好きとか…思ってませんか…?」

<;`∀´>「ええ…ウリに同姓愛思想はないニダよ…」

川д川「本当に…?じゃあなんでさっき頬を染めていたんですか…?」

<ヽ`∀´>「いや、あれは…」

55:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/05/29(土) 22:08:41.48 ID:Rk7vEYGq0
<ヽ`∀´>『…そうそう、そういえば。今日のウリは一味違うと思わないニダ?』

( ^ω^)『あ、わかりますよ。チーク変えたんですよね?いつもよりエラが強調されてますし』

<*`∀´>『ホルホルホル!さすがにしっかり見ているニダね!』


<ヽ`∀´>「という具合に褒められたもんだからちょっと照れたニダ」

川д川

川д川「…ジャスティスカイザーさんが…そんなことまで…」

<ヽ`∀´>「怪人にとってメイクは命ニダ!あんたも気をつけるニダよ!」

川д川「ええ…ご忠告、ありがとうございます…あ、せっかくですから…」


川д川「私のマスカラの具合を見ていただけませんか…?」


<ヽ`∀´>「ニダ!そんなのお安い御用ニダ!どれどれ…」

59:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/05/29(土) 22:11:10.42 ID:Rk7vEYGq0


    川゚д゚川「綺麗ですか?」


<ヽ`∀´>「おお、おメメパッチリ…ニダ…ッ!?」


        カチン <ヽ:::∀:::> コチン


川д川「…うふふ…」

川д川「ダメじゃないですか…怪人が油断しちゃ…」

川*д川「さて…また見失っちゃった…」

スタスタ…

<ヽ:::∀:::>「……」

63:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/05/29(土) 22:15:46.05 ID:Rk7vEYGq0

      ヒョコ

    <;`∀<ヽ:::∀:::>


<;`∀´>「あ、危ないとこだったニダ…この『石像ニダーくん 1/1スケール』がなかったらどうなっていたことか…」

説明しよう!
ニダーはやられ役のベテランかつ天才であるため、相手の技にかかった振りをすることが異常に上手いのだ!
今までもこうして数多のヒーローや一般人の攻撃を巧みにかわしてきたぞ!

<ヽ`∀´>「こんなこともあろうかと携帯しておいて良かったニダ…」

<ヽ`∀´>「それにしても、今の子…一体何が目的ニダ…はっ!」

<;`∀´>「そういえばジャスティスカイザーがどうとか言ってたニダ…もしかして、内藤さんが狙いニダ…?」

<;`∀´>「こうしちゃいられんニダ!連絡して注意を促すニダ!」

プルルルルル

<;`∀´>「ニダ!内藤さんニダ!?実は今そっちに怪人が…え?もう知ってる!?マジニダ!?」

68:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/05/29(土) 22:21:31.45 ID:Rk7vEYGq0
川д川「……」


川 ゚ -゚)  (^ω^ )


川д川「…うふふ…」

川д川「さすがジャスティスカイザーさん…どこに行っても…人気者なんだから…」

川д川「…だけど…」


川#゚ -゚)  (^ω^;)


川д川「きっと…そんなうるさい女…嫌いだよね…」

川д川「…うふふ…」

71:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/05/29(土) 22:25:09.75 ID:Rk7vEYGq0
川#゚ -゚)「…というわけでな、また腐ったヒーローが…」

(;^ω^)「わ、わかりましたから…今度私からも言っておきます」

川 ゚ -゚)「ああ、よろしく頼む」

(;^ω^)「じゃあまた…戦い、楽しみにしてますので…」

川 ゚ -゚)「そのときが来ればな…首を洗って待っていろ」

スタスタ…

川 ゚ -゚)「…さて…」

川 ゚ -゚)「私に用があるのだろう?」

川д川「…うふふ…さすが…実力だけは若手ナンバーワン…気付くのが早いのね…」

川 ゚ -゚)「ふん…体中から殺気を出しておいてよく言う」

ξ゚听)ξ<ヽ`∀´>←それでも気付かなかった人たち

74:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/05/29(土) 22:30:21.94 ID:Rk7vEYGq0
川 ゚ -゚)「手短に頼むぞ。私はこれから修行があるんでな」

川д川「…ねぇ…ツンデレって…まだ、流行ってるの…?」

川 ゚ -゚)「唐突だな…何故そんなことを聞く?」

川д川「だって…ジャスティスカイザーさんのこと…好きなんでしょ…?それなのに…あんな態度取っちゃって…」

川 ゚ -゚)「…本気で言っているのか?」

川д川「ええ…遠くから見てて…」


川д川「憎らしいったらなかったわ…うふふ…」


川 ゚ -゚)「……」

川д川「…そんなに構えないでよ…同じ怪人じゃない…あ、これ…ジャスティスカイザーさんが鬼面ドライバーさんに言ってた台詞ね…」

川 ゚ -゚)「知るか」

77:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/05/29(土) 22:36:14.50 ID:Rk7vEYGq0
川 ゚ -゚)「はっきり言っておこう。確かに。私はあの男を尊敬している…ある一部においてのみ、な」

川д川「…へぇ…一部…」

川 ゚ -゚)「ああ。あの男の『強さ』…それは紛れもなく本物だと、肌でわかった。だが、それだけだ」

川д川「…そこだけ…なんだ…うふふ…」

川д川「…ふざけてるの…?」

川 ゚ -゚)「何?」

川д川「ジャスティスカイザーさんの良さ…それだけなわけないじゃない…」

川д川「語り尽くそうとしても語り尽くせないぐらいあるじゃない…わかってないんだから…本当、わかってない…」

川 ゚ -゚)「…なるほど…お前はあの男が好きなわけか」

川д川「うふふ…そうよ…大好きなの…あなたや、他の人たちなんかと違って…」

川 ゚ -゚)「とんだ怪人もいたものだな」

川д川「……」

79:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/05/29(土) 22:43:22.08 ID:Rk7vEYGq0
川 ゚ -゚)「怪人の本分を忘れ、ヒーローとの恋路に走るとは…恥を知れ」

川д川「……」

川 ゚ -゚)「胸に手を当てて考えてみろ。お前はそんなことをするために怪人になったのか?」

川д川「……」

川 ゚ -゚)「ヒーローは倒すべき相手だ。それを思い出せ」

川д川「…誰が決めたのよ…そんなこと…」

川д川「ヒーローだとか…怪人だとか…どうでもいいじゃない…彼は男で…私は女なの…それ以上の理由なんていらない…」

川 ゚ -゚)「…どうあっても持論を曲げないようだな」

川д川「うふふ…曲げられるような持論なら最初から持たないわ…」

川 ゚ -゚)「その点だけは同意しよう…だが」

川 ゚ -゚)「お前のような腐った怪人に用はない。一生そこで凍りついていろ」

川д川「…うふふ…うふふふふ…こっちの台詞…」

86:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/05/29(土) 22:50:34.31 ID:Rk7vEYGq0


    川゚д゚川「一生そこで石になっていて」


川 ゚ -゚)「『氷鏡』」

パキィッ!!

川;д゚川「…かが…み…!!」

川 ゚ -゚)「お前のことは知っている…追跡尾行貞子。見た相手を石化させる、『ゴルゴンの目』を持っていると」

川 ゚ -゚)「だが、その弱点は単純明快…鏡だ。自分を石化させてしまうから、な」

川;д゚川「…う…!!」

川 ゚ -゚)「前言を訂正しよう。一生そこで石になっていろ」

川;д゚川「…あ…う…!!」

89:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/05/29(土) 22:55:30.35 ID:Rk7vEYGq0
川゚д゚川「…なんちゃって…」

川;゚ -゚)「…な…!?」

川;゚ -゚)「私の手足が…石に…!?」

川д川「ごめんなさい…その弱点、古い情報なの…」

川д川「確かに今も、威力は減らされちゃうけど…もう、その弱点は克服したから…」

川;゚ -゚)「馬鹿な…怪人の弱点は、生まれた時から克服などできないはずだ…!」

川д川「…そうね…普通はそう…だけど、愛の力はね…どんな難関でも乗り越えるのよ…」

川;゚ -゚)「ふざけたことを…!」

川д川「わからないわよね…あなたみたいな生真面目な怪人に、わかるはずない…いいえ、わかってほしくない…」

川д川「じゃ…」


    川д川「今度こそ、終わり」


川; - )「…!!」

96:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/05/29(土) 22:59:56.47 ID:Rk7vEYGq0
( ^ω^)「待てい!!」

川д川「…え…」

川;д川「じゃ、ジャスティスカイザーさん…!?どうして…!?」

川;゚ -゚)「お前、帰ったんじゃなかったのか!?」

( ^ω^)「話は後だ!」

サッ

( ^ω^)つΦ「変・身!!とうっ!!」

(::::::::::::::) フォワワワワワ

川*д川「う、嘘!?ジャスティスカイザーさんの生変身!?しゃ、写真撮らないと!!」

川 ゚ -゚)

川 ゚ -゚)「おい…私の石化解けてるぞ…いいのか…」

100:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/05/29(土) 23:04:22.17 ID:Rk7vEYGq0
スタッ!!

(::::::::::::::)「…天下無双のヒーロー…」


ドカーーーー   ( =☆=)「ジャスティスカイザー!!ここに見参!!」   ーーーーン


川*д川「す、すごい…!!こんな至近距離で見たの初めて!!」

川д川「あ、そうだ!ちょっといい?」

川 ゚ -゚)「…何だ…」

川д川「これ」

川 ゚ -゚)「カメラ…?」

川д川「2ショット撮ってもらえる?」

川 ゚ -゚)

103:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/05/29(土) 23:10:09.11 ID:Rk7vEYGq0
( =☆=)「こんなポーズでいいですか?」

川*д川「大丈夫です!」

川 ゚ -゚)「じゃあ撮るぞー。はい、チーズ」

川#゚ -゚)「って撮るかアホオオオオオオオオオオオ!!!」

バキイッ!!

川;д川「ああああああ!!!マイメモリイイイイイイイイイ!!!」

( =☆=)「(乗りツッコミだ…)」

川#゚ -゚)「はぁ…はぁ…貴様ら…本当ふざけるのも大概にしろよ…」

川#゚ -゚)「大体ジャスティスカイザー!!貴様何しに来たんだ!!今私たちは決闘とも呼べる戦いをしていたんだぞ!!」

川д川「そ、そうだった…ジャスティスカイザーさんの真の愛怪人はどちらかを決めるためにね…」

川#゚ -゚)「違うわ!!お互いの曲げられない信念のために戦っていたんだろうが!!」

川;д川「あ、ええ…まぁ、そうとも言えるわね…」

109:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/05/29(土) 23:15:28.89 ID:Rk7vEYGq0
川 ゚ -゚)「その戦いを邪魔しに来たんだ…覚悟はできているんだろうな…」

( =☆=)「……」

川;゚ -゚)「な、なんだその目は」

( =☆=)「今の君ではまだ私には勝てない。そこの怪人…貞子にも負けそうになっていたぐらいだしな」

川#゚ -゚)「ぐ…くそっ!!」

川д川「うふふ…面白…」

( =☆=)「話は大体聞かせてもらった…貞子、君は私に恋をしていると…」

川*д川「そ、そうです!きゃっ言っちゃった!」

川#゚ -゚)「(こいつ…機会があればマジで凍結してやる…)」

( =☆=)「…その気持ちはとてもありがたい…だが…私はその好意に応えることはできないんだ…」

川д川「…ヒーローと…怪人だから…?」

110:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/05/29(土) 23:18:57.39 ID:Rk7vEYGq0
( =☆=)「ああ…そうだ」

川д川「でも…そんなの、どうだっていい…!私は、あなたの傍にいたい…!」

( =☆=)「…すまない…」

川д川「…そう…」

川 ゚ -゚)「……」

川д川「わかった…それじゃあ…」


    川゚д゚川「路線変更…」


川;゚ -゚)「…!!逃げろ、ジャスティスカイザー!!」

( =☆=)「!!」



次へ

( ^ω^)は現実的ヒーローのようです 目次へ
*前へ | 次へ#

コメントを見る(0)
コメントを書く
トラックバック(0)
line BlogTOP
ログイン
i-mobile

Powered by FC2 Blog
footer