ひとくちlw´‐ _‐ノvくりぃむ

ブーン系作品まとめブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

物語が終わるようです

214:物語が終わるようです :2010/09/04(土) 03:24:36.81 ID:U83AyvGm0

物語の終末は、切ないほどあっさりしている。

これが小説であったならば、その終わりに満足感を得ることができただろう。
これが劇であったならば、その終わりに幸福感を得ることができただろう。


(´<_` )


けれど、これは現実である。
残ったものは虚無感と憎い男の一部だけだ。


弟者は一人墓標の前にたたずむ。


思い出すのは物語が終わったあの瞬間のことだ。

215:物語が終わるようです ※グロ注意 :2010/09/04(土) 03:27:23.80 ID:U83AyvGm0


(,,゚Д゚)「ようやく見つけたぞゴラァ」


屈強な男が睨みつけているのは、細い体をした男だ。


( ゚∀゚)「あー。お前は確か……」

(,,゚Д゚)「てめぇの足の弟だ」


ジョルジュは己の足を見た。


( ゚∀゚)「ああ、これか。
     お前の兄貴の足、すげーぞ」

(,,゚Д゚)「うるさい!」


怒りに任せて一歩踏み出す。
土が蹴り上げられ、ギコの体はジョルジュへと近づいていく。

216:物語が終わるようです ※グロ注意 :2010/09/04(土) 03:30:24.28 ID:U83AyvGm0

( ゚∀゚)「お前も速いな」


でも、とジョルジュは薄ら笑いを浮かべながら続ける。


( ゚∀゚)「お前の兄貴の方が速い」


ギコがジョルジュの顎に拳を当てる前に、ジョルジュは先ほどと同じだけの距離をあけて立っていた。
小さく舌打ちをする。

数年前の兄の足に、自分はまだ届いていない。
屈辱を感じると同時に喜びも感じた。

尊敬していた兄は、まだ兄として己の前に存在しているのだ。
忌々しい男の足としてではあるが。


(,,゚Д゚)「ああ、そうだな」


不敵に笑い、ジョルジュの体を見る。
細い体ではあるが、その体は妙なバランスだ。

217:物語が終わるようです ※グロ注意 :2010/09/04(土) 03:33:26.37 ID:U83AyvGm0

一瞬だけならば、違和感を持たない。
しかし、観察するようにその体を見れば奇妙な違和感を持つ。

ギコはその違和感の理由を知っていた。


(,,゚Д゚)「また誰かの体を奪ったか」

( ゚∀゚)「あれからもたくさん貰ったし、捨てたさ」


元々、ジョルジュが持っていた体など、心臓しか残っていないだろう。
彼は人の一部を己の体にすることができるのだ。

強い体を求め、今の部位よりも良い性能を持つ者を見つければ殺し、奪う。


( ゚∀゚)「オレもずいぶんと最強に近づいたものだ」

(,,゚Д゚)「己の体を捨てた奴が何を言う」

218:物語が終わるようです ※グロ注意 :2010/09/04(土) 03:36:19.85 ID:U83AyvGm0

( ゚∀゚)「ヒャヒャヒャ。そうだな。オレの最強はオレの力じゃねーもんな」


無論、ジョルジュが今の体を鍛えればさらなる強さを得ることもできる。


( ゚∀゚)「でもさ、オレって努力とか嫌いだし」


強くなるための修行や努力がジョルジュは嫌いだった。
怠けものではあったが、強くなりたいという思いが人一倍強かった。

ジョルジュは自分の力を神からのプレゼントだと言う。
力を得たために怠けるようになったのか、怠けていたから力を得たのか。

堂々巡りの疑問にギコは鼻を鳴らす。


(,,゚Д゚)「どーでもいいさ」


目の前にいる憎い男が死ねばそれでいい。
尊敬していた兄を、誰よりもつよいと信じていた兄を殺した男だ。

そいつを殺せばギコの中で全てが解決する。

219:物語が終わるようです ※グロ注意 :2010/09/04(土) 03:39:33.24 ID:U83AyvGm0

( ゚∀゚)「来いよ」


挑発に乗り、再びギコが駆け出す。
相手も、次は回避などという面倒なことをする気はないようだ。

剣が抜かれる。
生身の体で剣と戦うというのは無謀にしか見えないが、ギコには絶対の自信があった。

今の自分ならば剣を砕くこともできる。
刃が肉を裂く前に敵の骨を砕くことができる。


できないのであれば、死ねばいい。


その程度の覚悟はとうの昔にしていた。


(,,゚Д゚)「覚悟しろ!」


今まで修行を重ね続けていたギコの目が、一瞬の線を捉えた。
ジョルジュが放った剣筋ではない。
むしろ、線はジョルジュの心臓を狙っている。

222:物語が終わるようです ※グロ注意 :2010/09/04(土) 03:42:48.74 ID:U83AyvGm0

( ゚∀゚)「うおっと」


線をあっさりと避ける。
地面には矢が刺さっていた。どうやら、線の正体はこの矢だったようだ。


「流石だな」


( ゚∀゚)「今日は客が多いな」


落ち着いた声が聞こえた。
余裕を見せつけるようにジョルジュはギコから目を離す。

この隙をギコが逃すはずもなく、一瞬で間合いを詰める。
狙うは内臓だ。


( ゚∀゚)「おっと。こっちのお客さんも放っておいたら失礼だよな?」


顔の向きはそのままで、ギコの拳を受け止めていた。

目の前にある現実が信じられなかった。

224:物語が終わるようです ※グロ注意 :2010/09/04(土) 03:45:19.25 ID:U83AyvGm0

積み上げられていた自信が崩れていく。
自慢の拳が片手で受け止められてしまった。それも他の者を気にかけながらだ。


(,,゚Д゚)「くそっ……!」

( ゚∀゚)「んで、そちらのお客さんは?」


(´<_` )「…………」


現れたのは細目の男だ。
冷静そうに見えるが、体から抑え切れぬ殺気が溢れている。

おそらくは、彼も身内の体を奪われた者なのだろう。


(,,゚Д゚)「こいつはオレが倒す!」


拳は未だに掴まれたままだが、新たに現れた男へ吼える。
冷たい視線が返された。

227:物語が終わるようです ※グロ注意 :2010/09/04(土) 03:49:36.33 ID:U83AyvGm0

(´<_` )「無理だろ。
       たぶん、オレだけでも無理だろうけど」


殺気を放っているわりに、弟者は冷静だった。
淡々と言葉を紡ぎ、矢をジョルジュに向ける。


(´<_` )「だから、協力しようじゃないか」

( ゚∀゚)「おー。怖いねぇ」


弟者の放った矢が、ギコの拳を掴んでいた手へ向かって飛ぶ。
ジョルジュは手を離し、後ろへさがる、その間に弟者はゆっくりとギコの方へと歩み寄った。

細い目の奥にある感情は読めない。だが、ジョルジュへ対する憎悪は同じなのだろう。
心の中で天秤が揺れた。

プライドを取るのならば、弟者の手を払わなければならない。


(,,゚Д゚)「……協力させてもらう」


これまでの自信は脆くも崩れ去った。
残された手段があるのならば、無様に手を伸ばさずにはいられない。

229:物語が終わるようです ※グロ注意 :2010/09/04(土) 04:00:06.39 ID:U83AyvGm0

(´<_` )「なら、作戦はこうだ」


男は冷たい言葉で作戦を紡ぐ。
ギコはそれを黙って聞いていた。


(,,゚Д゚)「わかった」

( ゚∀゚)「作戦会議は終わったかー?」

(´<_` )「ああ」


静かに頷く。
ギコが駆けだした。弟者は矢を引く。

繰り出される拳をあっさりと避け、右足でギコの腹を蹴り上げる。
小さなうめき声の向こう側から、風を裂く音が聞こえた。

片足を上げている状態だ。簡単には避けられないだろうと思った。


( ゚∀゚)「よっと」


予想ははずれ、もう片方の足でさらに矢を蹴り砕く。

230:物語が終わるようです ※グロ注意 :2010/09/04(土) 04:03:16.42 ID:U83AyvGm0


矢を蹴り砕く際の脚力で宙で一回転する。
地面に着地したジョルジュが見たのは、苦悶の顔をしながらも拳を握っているギコの姿だった。


( ゚∀゚)「うおっ」


始めて一発の攻撃を喰らう。
受けたのは腹でも顔面でもなく、足だった。

バランスを崩し、地面へと近づいていく。
どうにもできなくなった瞬間に、目に映ったのは矢の先端だった。


231:物語が終わるようです ※グロ注意 :2010/09/04(土) 04:06:16.74 ID:U83AyvGm0

( ゚∀+)「あー。死ぬんじゃねーの」

(,,゚Д゚)「死ね」

( ゚∀+)「手厳しいねぇ」


ジョルジュの体は最強だった。
最速の足と、豪腕の腕。鋼鉄の体に先読みの瞳。それら多くを持っていた。


(,,゚Д゚)「あいつのおかげさ」


足がギコの兄から奪われたものならば、そこには鋼鉄の防御力などないだろうと告げた。
あの瞳は弟者の兄のものらしい。


(´<_` )「オレはお前の目を兄者の墓前に供えれたらいい」


矢が刺さったまま地面に倒れているジョルジュへと近づく。


( ゚∀+)「手荒な真似はやめてくれよー」

(´<_` )「だが断る」

232:物語が終わるようです ※グロ注意 :2010/09/04(土) 04:09:28.45 ID:U83AyvGm0

目に突き刺さっている矢に触れる。
痛みを感じていないのか、ジョルジュはヘラヘラと笑ったままだ。


(,,゚Д゚)「…………」


殺すということにためらいはなかった。
そのために今まで生きてきた。だが、これは望んだ結末ではない。
自分の手で兄の仇をとったわけではない。


(,,゚Д゚)「……こんなんで諦められねえよな」


横目で見た弟者には迷いがなかった。
諦められないのはどちらも同じだ。ここで退いてしまえばすべてが無駄になる。
それが何よりも怖かった。


( ゚∀+)「実はさぁ」


矢が抜かれる。
目があった場所は空洞になり、赤い液体がわずかに流れている。

234:物語が終わるようです ※グロ注意 :2010/09/04(土) 04:12:27.03 ID:U83AyvGm0

( ゚∀ )「いつかはこうなるってわかってたんだよな」


望んでいたと言い代えてもいい。
努力することが嫌いだった。努力しなくてもいい力があった。
退屈な時間が過ぎていく。泣きたいくらい何もない時間だ。

弟者はもう片方の目を取ろうと矢を握る。


( ゚∀ )「殺されるときにさ、何か言おうってずっと思ってたんだ」


例えば、呪いの言葉。
例えば、祝福の言葉。
例えば、命乞いの言葉。

( ゚∀ )「だけどさあ」


矢がぷつりと刺さる。


(  ∀ )「台詞は思いつかなかった、本当にゴメン」


両目を失った男は小さく呟いた。

236:物語が終わるようです ※グロ注意 :2010/09/04(土) 04:15:19.82 ID:U83AyvGm0

(´<_` )「構わんよ」

(  ∀ )「そうか。それはよかった」


二人の言葉をギコは横で聞いていた。
兄の足を持って帰ろうとは思えない。そのためにここまできたわけではない。

ただ兄の影を追ってきただけだ。
なんとも虚しい結末だ。


(,,゚Д゚)「諦めていれば」


何か変わったのだろうか。
始めの一歩を諦めていればよかった。諦めは人生の毒だと言われるが、ギコはそう思わない。

追ってくるべきではなかったのだろう。
今ならばまだ人生をやり直せる。自分に言い聞かせた。

異常な二人を置いてギコは去って行った。

237:物語が終わるようです ※グロ注意 :2010/09/04(土) 04:17:24.91 ID:U83AyvGm0

物語の終末はあっさりしていた。
何も残らず、何も得ることができなかった。


(´<_` )「ま、取り返せたな」


腐りそうな瞳を見ながら小さく呟いた。
物語は終わってしまった。

何も映さないその瞳と同じ方向を向きながら、物語を閉じた。



スポンサーサイト
  1. 2010/09/04(土) 17:43:39|
  2. 総合作品まとめ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<(  ∀ )雨は止まないようです | ホーム | ( ゚∀゚)夕凪天下一武闘会のようです>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://potenta.blog13.fc2.com/tb.php/280-c3a9168f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。