ひとくちlw´‐ _‐ノvくりぃむ

ブーン系作品まとめブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

( ^ω^)はるろうニートなようです 第一話

2:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2009/12/16(水) 03:55:27.11 ID:6i8v7/1mO
 「もう。働かないと言うのか?」

( ^ω^)「はい」

 「だが…」

( ^ω^)「拙者は今までのことを悔い改めニートになるお」

 「…そうか。ならば好きにしろ」

( ^ω^)「すいません…」

( ^ω^)「師匠」

3:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2009/12/16(水) 04:01:41.45 ID:6i8v7/1mO
10年後

ξ゚⊿゚)ξ「見つけたわぁ!」

( ^ω^)「お?」

ξ゚⊿゚)ξ「あなたね!ここ最近夜中に人に履歴書を押し付ける奴は!」

( ^ω^)「人違いだお」

ξ゚⊿゚)ξ「その右手にある紙が何よりの証拠よ!」

( ^ω^)「見てみるお」

ξ゚⊿゚)ξ「白紙…?」

( ^ω^)「これは拙者のお絵かき帳だお。これでは履歴書なんて書けまい?」

ξ゚⊿゚)ξ「…」

4:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2009/12/16(水) 04:05:10.37 ID:6i8v7/1mO
ξ゚⊿゚)ξ「…ごめん」

( ^ω^)「謝らなくてもいいお。ではこれで」

ξ#゚⊿゚)ξ「なんて言うと思った!?廃紙令が出てて紙なんか持ってるあんたが悪いのよ!ばーか!」

ξ#゚⊿゚)ξ「廃紙令が出たんだからこれからは全部パソコンでしなさい!」

( ^ω^)「…すまん」

ξ#゚⊿゚)ξ「あ~も!やっと人雇いホライゾンを見つけたと思ったのに!」

( ^ω^)「!」

5:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2009/12/16(水) 04:09:44.13 ID:6i8v7/1mO
( ^ω^)「人雇い内藤だと…?」

ξ゚⊿゚)ξ「そうよ。それが私の学校の名を語るからほとほと困ってるのよね」

( ^ω^)「学校とは?」

ξ゚⊿゚)ξ「ニート養成所よ」

( ^ω^)「ニート養成所?」

ξ゚⊿゚)ξ「ほら、今の時代就職なんて御法度でしょ?だから気高いニートを作る為の学校を私のお父さんが作ったのよ」

ξ゚⊿゚)ξ「まぁお父さんも死んだから今は私が指揮をしてるんだけどね」

( ^ω^)「まだ若いのに立派だお」

ξ゚⊿゚)ξ「…は?」

ξ;゚⊿゚)ξ「ば、馬鹿ね!普通よ!普通」

( ^ω^)「ふふ…」

7:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2009/12/16(水) 04:18:19.32 ID:6i8v7/1mO
ξ゚⊿゚)ξ「で、ニート養成所の名をかたって履歴書を押し付ける奴が現れたから大変なのよ」

( ^ω^)「ふむ…」

( ^ω^)「ところでお主の学校ではどんな授業を?」

ξ゚⊿゚)ξ「ツン」

( ^ω^)「お?」

ξ゚⊿゚)ξ「私の名前はツンよ」

( ^ω^)「お。そうか。拙者の名前はブーンだお」

ξ゚⊿゚)ξ「ブーンね。よろしく」

( ^ω^)「よろしくだお」

9:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2009/12/16(水) 04:22:34.65 ID:6i8v7/1mO
ξ゚⊿゚)ξ「授業はただ延々とテトリスをしたりYouTubeでアニメを見るだけよ」

( ^ω^)「ほぅ…」

ξ゚⊿゚)ξ「まぁいいわ。これから人雇い内藤を探すから邪魔しないでね。バイバイ」

( ^ω^)「…分かったお」

( ^ω^)「…」

( ^ω^)「人雇い内藤か…探すか」

10:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2009/12/16(水) 04:25:12.88 ID:6i8v7/1mO
その日の夜

ξ゚⊿゚)ξ「夜ね…」

(-@∀@)「…」ニタァ

ξ゚⊿゚)ξ「あら、あなたは?」

(-@∀@)「お嬢さん。職はあるかい?」

ξ;゚⊿゚)ξ「まさか…人雇い内藤!」

(-@∀@)「ふふふ…さぁ!この履歴書を書いて貰おうか!」

ξ;゚⊿゚)ξ「くっ!」

12:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2009/12/16(水) 04:33:20.98 ID:6i8v7/1mO
ξ;゚⊿゚)ξ「…」

(-@∀@)「さぁ!速く!職歴がないなら簡単だろう?」

ξ;゚⊿゚)ξ「…」

(-@∀@)「ほら!特技は」

ξ;⊿;)ξ「どうしよう…なすがままに履歴書を書かされてる…」

ξ;⊿;)ξ「だって凄い威圧感なんだもん…」

(-@∀@)「お前は可愛いからどこかの受付の派遣に推薦してやろう」

(-@∀@)「おっと。派遣と言っても保険もボーナスもあるぜ。へへへ…」

ξ;⊿;)ξ「誰か…助けて…」





( ^ω^)「その辺にしておくお」

13:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2009/12/16(水) 04:35:07.86 ID:6i8v7/1mO
(-@∀@)「お前は?」

( ^ω^)「ブーンだお」

(-@∀@)「ほぅ…貴様、職は?」

( ^ω^)「るろうニート。よって職はないお」

(-@∀@)「職歴は…」

( ^ω^)「…」

( ^ω^)「ある。お」

ξ;゚⊿゚)ξ「っ!」

14:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2009/12/16(水) 04:39:10.99 ID:6i8v7/1mO
(-@∀@)「ふふふ…どんな職だ?」

( ^ω^)「ところで貴様、人雇い内藤と言ったお?」

(-@∀@)「そんなんじゃ面接に落ちるぜ?まぁいい、そうだ。一昔前に社会を豊かにするために一肌脱いだ。それが俺だ」

( ^ω^)「最高何時間働いたお?」

(-@∀@)「…」

(-@∀@)「15時間」

ξ;⊿;)ξ「っ!」

(-@∀@)「くくく…あまりの凄さに嬢ちゃんが泣いてるぜ?」

( ^ω^)「いいことを教えてやるお」

(-@∀@)「なんだ?」

15:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2009/12/16(水) 04:42:36.49 ID:6i8v7/1mO
( ^ω^)「まず1つ」

( ^ω^)「人雇い内藤は最高24時間働いている」

(;-@∀@)「っ!貴様!まさか!」

( ^ω^)「そして2つめ。人雇い内藤は今るろうニートになり…」

( ゚ω゚)「母親を泣かせている!娘っ子1人泣かせたくらいで調子にのるな!」

(;-@∀@)「っ!ひぃ~!」

( ^ω^)「…貴様、今の職は?」

(;-@∀@)「…」

( ゚ω゚)「言え」

(;-@∀@)「ハロワ相談員です」

16:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2009/12/16(水) 04:44:31.98 ID:6i8v7/1mO
( ^ω^)「今回だけは許す。だが、次現れたら…分かるな?」

(;-@∀@)「は、はいぃ~!」

( ^ω^)「なら行け」

(;-@∀@)「はい~!」

スタコラサッサー

( ^ω^)「行ったか。大丈夫かお?ツン殿」

ξ゚⊿゚)ξ「…あんた、人雇い内藤なの?」

18:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2009/12/16(水) 04:48:15.42 ID:6i8v7/1mO
( ^ω^)「…」

ξ゚⊿゚)ξ「…いや、過去なんていいわ。私の学校の先生になってよ」

(;^ω^)「お?」

ξ゚⊿゚)ξ「だから先生になりなさい。あんた、なかなか腕の立つニートみたいだし」

( ^ω^)「しかし…」

ξ゚⊿゚)ξ「…」

( ^ω^)「仕方ない。拙者はるろうニート、いつ次の寄生先を見つけに行くかは分からんがしばらくお世話になるお」

ξ゚⊿゚)ξ「なら決まりね!じゃあ私の学校に行くわよ!」

( ^ω^)「お」

19:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2009/12/16(水) 04:49:25.60 ID:6i8v7/1mO
第一話 完




( ^ω^)はるろうニートなようです 第二話へ

( ^ω^)はるろうニートなようです 目次へ
スポンサーサイト
  1. 2009/12/16(水) 22:41:41|
  2. 長編まとめ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<( ^ω^)はるろうニートなようです 第二話 | ホーム | 川 ゚ -゚)は絶対の絶対にポケモンマスターになるようです 第一話2/2>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://potenta.blog13.fc2.com/tb.php/23-d4c2a0b6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。