ひとくちlw´‐ _‐ノvくりぃむ

ブーン系作品まとめブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

( ^ω^)は現実的ヒーローのようです 最終回2/4

135:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/06/15(火) 22:39:04.04 ID:UkZKvaDR0
                     _
                  ( ゚∀゚)「今度はこっちから行くぜ」
                __〃`ヽ 〈_
            γ´⌒´--ヾvーヽ⌒ヽ
           /⌒  ィ    `i´  ); `ヽ
           /    ノ^ 、___¥__人  |
           !  ,,,ノ爻\_ _人 ノr;^ >  )
          (   <_ \ヘ、,, __,+、__rノ/  /
           ヽ_  \ )ゝ、__,+、_ア〃 /
             ヽ、___ ヽ.=┬─┬〈  ソ、
        ド      〈J .〉、|   |, |ヽ-´   ン
               /""  |   |: |
               レ   :|:   | リ
               /   ノ|__| |
               | ,,  ソ  ヽ  )
              .,ゝ   )  イ ヽ ノ
              y `レl   〈´  リ
              /   ノ   |   |
              l  /    l;;  |
              〉 〈      〉  |
             /  ::|    (_ヽ \、
            (。mnノ      `ヽnm

  _、_
(;,_ノ` )「脱ぐのかよ…」




140:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/06/15(火) 22:44:09.84 ID:UkZKvaDR0
ゴォォォォォォ…

川 ゚ -゚)「……!!」


           !!
           .!
           l
    ゴォォォ    !l  ォォォ
          i!!i
          iil!l!!i
         l!!l。ll!l!


川 ゚ -゚)「あのエネルギー波…」

川 ゚ -゚)「勝負が決まったのか…!!」

川 ゚ -゚)「確認しなければ…どちらが勝ったのか…!!」

143:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/06/15(火) 22:49:47.93 ID:UkZKvaDR0
ダダダダダ…

川;゚ -゚)「…これは…!!」

                 、_
             . ,.'ニ.V(::::_ノ:::) ,==、、く`
           ,. /ァ'┴' ゞ !,.-`ニヽ、トl、:. ,
         rュ. .:{_ '' ヾ 、_カ-‐'¨ ̄フヽ`'|:::  ,.、
         、  ,ェr<`iァ'^´ 〃 lヽ   ミ ∧!::: .´
           ゞ'-''ス. ゛=、、、、 " _/ノf::::  ~
         r_;.   ::Y ''/_, ゝァナ=ニ、 メノ::: ` ;.
            _  ::\,!ィ'TV =ー-、_メ::::  r、
            ゙ ::,ィl l. レト,ミ _/L `ヽ:::  ._´
            ;.   :ゞLレ':: \ `ー’,ィァト.::  ,.
            ~ ,.  ,:ュ. `ヽニj/l |/::
               _  .. ,、 :l !レ'::: ,. "


川;゚ -゚)「…渋沢…!!」

「よぉ…お前も俺を倒しに来たのか?」

川;゚ -゚)「!!」

146:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/06/15(火) 22:53:19.47 ID:UkZKvaDR0
                     _
                  ( ゚∀゚)
                __〃`ヽ 〈_
            γ´⌒´--ヾvーヽ⌒ヽ
           /⌒  ィ    `i´  ); `ヽ
           /    ノ^ 、___¥__人  |
           !  ,,,ノ爻\_ _人 ノr;^ >  )
          (   <_ \ヘ、,, __,+、__rノ/  /
           ヽ_  \ )ゝ、__,+、_ア〃 /
             ヽ、___ ヽ.=┬─┬〈  ソ、
               〈J .〉、|   |, |ヽ-´
               /""  |   |: |
               レ   :|:   | リ
               /   ノ|__| |
               | ,,  ソ  ヽ  )
              .,ゝ   )  イ ヽ ノ
              y `レl   〈´  リ
              /   ノ   |   |
              l  /    l;;  |
              〉 〈      〉  |
             /  ::|    (_ヽ \、
            (。mnノ      `ヽnm


川 ゚ -゚)

川 ゚ -゚)「(何で裸なんだ…?)」

150:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/06/15(火) 22:57:31.10 ID:UkZKvaDR0
  _
( ゚∀゚)「んで?お前はなんてヒーローだよ?」

川 ゚ -゚)「…私はヒーローではない」
  _
( ゚∀゚)「何?…言われてみりゃ、空気が俺たち寄りだな」

川 ゚ -゚)「ああ。私は氷牙凍姫クー…怪人だ」
  _
( ゚∀゚)「なるほど。それで、俺様の加勢をしに来てくれたってわけか?」

川 ゚ -゚)「加勢だと?馬鹿なことを…『氷剣』」

スゥ…
  _
( ゚∀゚)「…わかんねぇなぁ。お前、怪人なんだろ?」
  _
( ゚∀゚)「どうして俺を倒そうとする?どうして世界を守ろうとする?」

川 ゚ -゚)「簡単なことさ」

157:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/06/15(火) 23:03:09.33 ID:UkZKvaDR0


川 ゚ -゚)「貴様のやり方が気に食わないんだよ」

  _
( ゚∀゚)「……」

川 ゚ -゚)「ただそれだけだ」
  _
( ゚∀゚)「…くくく。なるほどお前は怪人だ」
  _
( ゚∀゚)「世界のためでもなく、誰のためでもなく、自分のために戦う…」
  _
( ゚∀゚)「いいねぇ。そうでなきゃ強くはなれねぇ」

川 ゚ -゚)「大先輩にそう言ってもらえるとは光栄だ」
  _
( ゚∀゚)「そんじゃあよお…」

159:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/06/15(火) 23:06:35.78 ID:UkZKvaDR0
                     _
                  ( ゚∀゚)「せいぜい先輩を楽しませてくれや」
                __〃`ヽ 〈_
            γ´⌒´--ヾvーヽ⌒ヽ
           /⌒  ィ    `i´  ); `ヽ
           /    ノ^ 、___¥__人  |
           !  ,,,ノ爻\_ _人 ノr;^ >  )
          (   <_ \ヘ、,, __,+、__rノ/  /
           ヽ_  \ )ゝ、__,+、_ア〃 /
             ヽ、___ ヽ.=┬─┬〈  ソ、
               〈J .〉、|   |, |ヽ-´
               /""  |   |: |
               レ   :|:   | リ
               /   ノ|__| |
               | ,,  ソ  ヽ  )
              .,ゝ   )  イ ヽ ノ
              y `レl   〈´  リ
              /   ノ   |   |
              l  /    l;;  |
              〉 〈      〉  |
             /  ::|    (_ヽ \、
            (。mnノ      `ヽnm


川 ゚ -゚)「…そういえばもう一つあったな…戦う理由…」

162:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/06/15(火) 23:10:31.86 ID:UkZKvaDR0



川#゚ -゚)「貴様の格好も気に食わん!!!」


  _
(# ゚∀゚)「んだとコラふんどしは男の戦闘服だろうがあああああああああ!!!」

川#゚ -゚)「死ねえええええええええええ破廉恥眉毛ええええええええええええええ!!!」

ガガガガガッ!!!

167:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/06/15(火) 23:14:27.10 ID:UkZKvaDR0


               …………


│岩陰│「……」

│岩陰│`∀´> ヒョコ

<;`∀´>「(責任感じて見にきたらこりゃ大変なことになってるニダ…)」
  、_
(::::_ノ:::)と<;`∀´> ズリズリ

<;`∀´>「(とりあえず渋沢を連れて帰るニダ!そして…)」

171:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/06/15(火) 23:18:31.70 ID:UkZKvaDR0



             「あの男に応援を頼むニダ!!」


                    (  ω )



176:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/06/15(火) 23:23:51.60 ID:UkZKvaDR0
ドンドンドンドン!!

(‘_L’)「はーい、どちら様ですか?」
  、_
(::::_ノ:::)と<;`∀´>「大変ニダよ!!」

(‘_L’)「あ、ニダーさん。…?後ろのヤムチャみたいの、なんですか?」

<;`∀´>「お前んとこの社長ニダ!!ヤムチャとか言うなバカチン!!」

(;‘_L’)「えええええ!?このヤムチャみたいのが!?」

<;`∀´>「ニダ!渋沢はジョルジュにやられたニダ!」

(‘_L’)「ジョルジュ…?」

<ヽ`∀´>「ヒーロー連続襲撃事件の犯人ニダ!!」

(;‘_L’)「そ、そんな…あの事件の犯人に、社長が…負けた…!?」

<ヽ`∀´>「…ジョルジュは十年以上前に死んだはずの伝説の怪人ニダ…渋沢が負けたのも、頷ける話ニダ…」

181:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/06/15(火) 23:27:41.26 ID:UkZKvaDR0
<;`∀´>「っと、それより!!内藤さんはどこにいるニダ!?」

(;‘_L’)「な、内藤さんなら奥に…でも、どうして?」

<ヽ`∀´>「決まってるニダ!内藤さんにジョルジュを倒してもらうニダよ!」

(;‘_L’)「え…でも、内藤さんは…」

<ヽ`∀´>「それじゃ!渋沢に救急車呼んどくニダよ!」

(;‘_L’)「は、はい…あ、待ってください!!内藤さんは!!」

ダダダダダ…

(;‘_L’)「…行っちゃった…」

187:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/06/15(火) 23:32:50.40 ID:UkZKvaDR0
バタン!!

<ヽ`∀´>「内藤さん!!」

( ^ω^)「…ニダーさん…」

<ヽ`∀´>「事情は知ってるはずニダ。ウリがどうしてここに来たか、わかるニダね」

( ^ω^)「…社長が負けたんですね」

<ヽ`∀´>「そのとおりニダ。そして今、あのクーって若手の子が戦っているニダ」

<ヽ`∀´>「でもはっきり言っておくニダ…あの子じゃ、ジョルジュは倒せないニダ」

( ^ω^)「……」

<ヽ`∀´>「ジョルジュを倒すには、ヒーローの力が必要ニダ!!だから、内藤さん!!」

( ^ω^)「…でも、私は…もうヒーローではありません…」

194:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/06/15(火) 23:40:01.21 ID:UkZKvaDR0
<#`∀´>「そんなこと言ってる場合じゃないニダよ!!」

<#`∀´>「ジョルジュは…あいつは!!あんたにとって、倒さなければいけない相手のはずニダ!!」

( ^ω^)「…確かにそうです。でも、いいじゃないですか…」

( ^ω^)「私でなくても、誰か別のヒーローが倒せば、それで…」

<#`∀´>「…内藤!!」

( ^ω^)「!!」

<#`∀´>「何をうじうじしてやがんだ!!」

<#`∀´>「お前以外にまともに戦えるヒーローなんか、もうとっくにジョルジュに倒されてるんだよ!!」

<#`∀´>「お前が戦わないで、誰が戦うんだ!?誰が世界を救うんだ!?」

<#`д´>「…誰が…」

<#;д;>「…内藤の仇を討つんだ…!!」

( ^ω^)「…ニダーさん…」

206:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/06/15(火) 23:46:29.38 ID:UkZKvaDR0
<ヽ;д;>「あいつが…内藤が、自爆までして、守った世界を…」

<ヽ;д;>「こんなところで、終わらせるわけにはいかないだろ…!!」

( ^ω^)「……」

<ヽぅ∀と> ゴシゴシ

<#`∀´>「もういいニダ!!こうなったらウリがこの手であいつの息の根を止めてやるニダ!!」

(;^ω^)「ええ!?そんな無茶な!!ニダーさん自分の必殺技思い出してくださいよ!!」

<#`∀´>「離すニダ!!ゴミ漁りクローだって生臭さという名の傷跡ぐらいは残してやれるニダ!!」

(;^ω^)「それしか残らないじゃないですか!!」

ガチャ…

(‘_L’)「すいません、内藤さん。話、聞いちゃいました」

( ^ω^)「フィレンクトさん…」

<;`∀´>「いでででで!!後ろで腕極めるの止めるニダ!!」

217:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/06/15(火) 23:53:37.51 ID:UkZKvaDR0
(‘_L’)「内藤さん、戦ってください」

( ^ω^)「……」

(‘_L’)「自分がヒーロー最後の一人で世界の危機で相手は親の仇で…最高のお膳立てじゃないですか」

( ^ω^)「…しかし、私の変身アイテムは社長が…」

(‘_L’)「ファイスティックならここです」
 Φと

(‘_L’)「社長室から勝手に持ってきました。どうぞ」

( ^ω^)「……」
 つΦと

(‘_L’)「…ここで逃げたら、視聴率は最低ですよ」

( ^ω^)「……」

(‘_L’)「…内藤さん!!」

<;`∀´>「ギブウウウウウウウウ!!肘が折れるニダアアアアアアアアアア!!」

227:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/06/15(火) 23:59:54.50 ID:UkZKvaDR0
ザザザ…

川;゚ -゚)「ちっ…!!」
  _
( ゚∀゚)「どうした?これで終わりか?」

川;゚ -゚)「…『炸裂氷柱』ッ!!」

バババババ!!
  _
( ゚∀゚)「痒いんだよ」

バシッ!!

川;゚ -゚)「…クソ…ふんどしの癖に…!!」
  _
( ゚∀゚)「いつまで言ってんだよ…まぁいいや。それなりに楽しかったし」
  _
( ゚∀゚)「そろそろシメだな」

231:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/06/16(水) 00:04:08.91 ID:DdeukeeC0
  _と
( ゚∀゚)「よいしょ」

ブチッ

( ゚∀゚)つ-「『リボルアイブロウ』!!」

( ゚∀゚)つ┼──── グィーン

川;゚ -゚)「剣だったのか…」

( ゚∀゚)「まぁな。んじゃ、ふんどしの男の眉毛に斬られる屈辱を味わいながら死ね」

川;゚ -゚)「最低すぎる…!!」

( ゚∀゚)「じゃあな」

川; - )「クソッ…!!」

ブォンッ!!

244:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/06/16(水) 00:10:31.08 ID:DdeukeeC0
ゴゴゴゴゴ…

( ゚∀゚)「あ?なんだこの音」

ゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴ!!!


             │
             │
             │
            ,, ;;│ ∴
( ゚∀゚)つ┼── │ ;; ── バキッ!!
             │  `::
           V


(;゚∀゚)「ま…眉毛えええええええええええええええええええ!!」

川;゚ -゚)「…この槍は…!!」

「そう!!全てを貫く正義の槍、ジャスティスロンギヌスだ!!」

(;゚∀゚)「誰だ!?」

252:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/06/16(水) 00:12:50.40 ID:DdeukeeC0





            (::::::::::::::)「…天下無双のヒーロー…」





263:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/06/16(水) 00:14:48.06 ID:DdeukeeC0





        ド   ( =☆=)「ジャスティスカイザー!!!ここに見参!!!」   ン





281:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/06/16(水) 00:20:43.27 ID:DdeukeeC0
川;゚ -゚)「…ジャスティスカイザー…!!」

スタッ!!

(;゚∀゚)「てめぇ…何故…何故お前がここにいる…名前まで名乗って…!!」

( =☆=)「…お前は自爆したはずだ…か?」

(;゚∀゚)「そうだ…てめぇはあの時確かに、自爆したはずだ…!!」

( =☆=)「…それは私の父親だ」

(;゚∀゚)「何…?」

( =☆=)「流転魔王ジョルジュよ!!!貴様の悪行、断じて許すわけにはいかない!!!そして!!!」

(# =☆=)「世界を守って散っていった一人のヒーローのために!!!私は貴様を、倒す!!!」

( ゚∀゚)「…ふ…ふははははは!!!」

(#゚∀゚)「面白いじゃねぇか…親子揃って俺の邪魔をしようってわけだ!!!」

(#゚∀゚)「来いよジャスティスカイザー!!!てめぇを末代にしてやるぜ!!!」

285:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/06/16(水) 00:22:56.93 ID:DdeukeeC0

(# =☆=)「おおおおおおおおおおおおおおおおおおおオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオ!!!!!」

(#゚∀゚)「ああああああああああああああああああアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアア!!!!!」


                       バキィッ!!!

                  そ そ ∧∧∧ て て
                   _ _    _ _
             _ - ― = ̄  ̄`:, ,:` ̄  ̄= ― - _
         , -'' ̄    __――=,'=――__     ̄''- ,
        /   -―  ̄ ̄   ̄"'" . ゛'゛ ̄   ̄ ̄ ―-   \
       /   ノ        そ   YYYY  て        !、   ゙i
      /  , イ )                          ( ト ,  ゙i
      /   _, \                          / ,_   ゙i
      |  / \  `、                       /   / ゙i  |
      j  /  ヽ  |                        |  ,r'  ゙i  j
    / ノ   {  |                        |  }   !、 \
   / /     | (_                      _) |     \ \
  `、_〉      ー‐‐`                    `‐‐ー      〈_、`


297:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/06/16(水) 00:28:12.31 ID:DdeukeeC0
(#゚∀゚)「ちっ!!」

ザザッ!!

( ゚∀゚)「やるじゃねぇか…本気の俺とパンチで張り合うとはよ!!」

( =☆=)「違うな」

( ゚∀゚)「なにを言って…」

バキ

( ゚∀゚)「え?」

バキバキバキ!!!

(;゚∀゚)「ぐ…俺の拳が…割られたのか…!!!」

( =☆=)「お前が私と張り合っているんだよ」

川;゚ -゚)「…すごい…これが、ヒーローの本気なのか…」

( =☆=)「…済まなかった。氷牙凍姫クー」

川 ゚ -゚)「……」

303:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/06/16(水) 00:32:11.61 ID:DdeukeeC0
( =☆=)「私がもっと早く来ていれば…」

川 ゚ -゚)「よせ。ヒーローが怪人にそんなことを言うもんじゃない」

( =☆=)「…そうだな」

(#゚∀゚)「余所見してんじゃねええええええええええええええ!!!」

( =☆=)「お前もな」

(#゚∀゚)「んだと!?」

312:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/06/16(水) 00:36:40.57 ID:DdeukeeC0


  グサッ!!!
      ∴ . (#゚∀゚).∴;;・
三  ――― (   ──>
      .;


(# д )「がは…ッ!!!」

─―>『注意一秒怪我一生…ってな』

パシッ!!

( =☆=)「……」

(# д )「て…てめぇ…親子揃って…賢しい真似をしやがる…」

( =☆=)「ああ。それがジャスティスカイザー流の戦い方だ」

(# д )「知ってら…だから余計にムカつくんだよ…」

324:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/06/16(水) 00:42:21.77 ID:DdeukeeC0
ユラ…

(#゚∀゚)「ああ…マジムカつくぜ…こんな程度で俺が倒せると思ってんじゃねぇぞ…」

川 ゚ -゚)「…胸を貫いたのに…なんてタフネスだ…」

( =☆=)「…だろうな」

(#゚∀゚)「んだと…」

( =☆=)「だが、お前の動きは封じた」

( =☆=)「次の一撃は避けさせん」

(#゚∀゚)「はっ…また自爆でもしてみるか!?てめぇの親父のようによ!!!」

( =☆=)「……」

(#゚∀゚)「何故てめぇの親父が自爆を選んだか知ってるか!?それ以外に俺を倒せる可能性のある大技がなかったからだよ!!!」

(#゚∀゚)「俺の能力はこのタフネスだ!!!どれだけのダメージを受けても倒れない圧倒的な耐久力!!!」

(#゚∀゚)「どんな技でも出してみやがれ!!!俺は決して倒れねぇ!!!あの時のようにな!!!」

331:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/06/16(水) 00:46:21.74 ID:DdeukeeC0
( =☆=)「いいだろう」

( =☆=)「本当に倒れずにいられるか試してみればいい」

(#゚∀゚)「…てめぇ…」

( =☆=)「……」

(#゚∀゚)「クソ…クソックソックソックソッ!!!」

(#゚∀゚)「クソ野郎がああああああああああああああああああああああああああああ!!!!!」

ダッ!!!

( =☆=)「……」

334:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/06/16(水) 00:48:53.31 ID:DdeukeeC0





                     パキン!!!





335:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/06/16(水) 00:49:39.30 ID:DdeukeeC0



       +  ______
.        / //    /|
        | ̄/  ̄ ̄,:|//!
        |/    ./.!/|  +
        | (::::::∀/) :| .!
        |  /    .|  |
        |/      |/
          ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


川;゚ -゚)「…っ…はぁ…はぁ…」

( =☆=)「……」

   エターナルフォースブリザード
川 ゚ -゚)「…『永久凍結』…貴様は…死ぬ…」

( =☆=)「…確かに、倒れはしなかったな。流転魔王ジョルジュ」

341:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/06/16(水) 00:52:35.02 ID:DdeukeeC0
ガクッ!!

( =☆=)「大丈夫か!?」

川;゚ -゚)「あぁ…なんとかな…だが、これでエネルギー切れだ…」

( =☆=)「済まない…疲れているところに、こんな大仕事をさせて」

川 ゚ -゚)「いや…いいさ。それにしても、最後まで汚いやつだな…お前は…」

川 ゚ -゚)「とどめぐらい、自分で刺したらどうだ…」

( =☆=)「…残念だが、ジョルジュの言っていることは正しかった」

( =☆=)「私には、この男を倒せるほどの技はない…」

川 ゚ -゚)「……」

( =☆=)「だが、これでいい。戦いは終わった」



346:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/06/16(水) 00:55:25.87 ID:DdeukeeC0





                   ピキ






次へ

( ^ω^)は現実的ヒーローのようです 目次へ
スポンサーサイト
  1. 2010/06/16(水) 03:10:02|
  2. 長編まとめ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<( ^ω^)は現実的ヒーローのようです 最終回3/4 | ホーム | ( ^ω^)は現実的ヒーローのようです 最終回1/4>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://potenta.blog13.fc2.com/tb.php/226-ef59ae07
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。