ひとくちlw´‐ _‐ノvくりぃむ

ブーン系作品まとめブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ξ゚⊿゚)ξフリーター伝説ツンのようです 第一話2/2

90:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/06/12(土) 15:35:16.99 ID:szYYxl280
(*゚ー゚)(やば・・・なんか変な雰囲気)

ζ(゚ー゚*ζ「カゴ片付けてきたよー」

ζ(゚ー゚*ζ「って・・・なにごと?」

(;゚ー゚)「さ、さあ・・・私も今気づいて・・・」


ξ#゚⊿゚)ξ「私悪くないんですけど?」

/ ,' 3 「ふざけるな!」

バシッ

ξ゚⊿゚)ξ「っ!」

(*゚ー゚)ζ(゚ー゚*ζ「!」

('A(#)「すいませんでしたお客様」

95:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/06/12(土) 15:40:30.56 ID:szYYxl280
(*゚ー゚)「どっくん・・・」

/ ,' 3 「な、なんじゃいお前」

('A`)「申し訳ありません!まだ入ってばっかの新人なもので!」

/ ,' 3 「新人も糞もあるか!」

('A`)「申し訳ありません! すみません!すみません!」

ξ゚⊿゚)ξ(なにこいつこんな謝ってんの? なさけな)

ξ゚⊿゚)ξ(っていうか私の擁護しろって話でしょ)

('A`) ぴっぴっ

('A`)「失礼いたしました・・・350円のお買い上げになります」

99:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/06/12(土) 15:45:00.00 ID:szYYxl280
/ ,' 3 「ふざけるな、わしに金払わせるきかお前」

('A`)「・・・・・・」

('A`)「もうしわけございません」


ζ(゚ー゚*ζ「まずいよ、あの人一回怒ったらおさまんないもん。私店長よんでくる」

(;゚ー゚)「・・・う、うん」


ξ゚⊿゚)ξ「・・・だる」ボソ

('A`)「ツンさん!謝って!ほら」

ξ゚⊿゚)ξ「さーせんしたー」

102:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/06/12(土) 15:49:26.53 ID:szYYxl280
(´・ω・`)('、`*川  タッタッタッ・・・

(´・ω・`)「もうしわけありませんでした」

/ ,' 3 「お前んとこのバイトはどうなっとる」

(´・ω・`)「はい、私ども力不足で・・・すみません」


('、`*川 「ツンさん!ちゃんと謝って」

ξ゚⊿゚)ξ「・・・・・・」

('、`#川 「ほら!」

ξ;゚⊿゚)ξビク

ξ゚⊿゚)ξ「・・・す、すいませんでした」


103:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/06/12(土) 15:52:40.48 ID:szYYxl280
(´・ω・`)('、`*川 「もうしわけありません・・・」

(´・ω・`)「後は僕らでやるから、君はレジに戻りなさい」

ξ゚⊿゚)ξ「ふぁーい」


ξ゚⊿゚)ξ(まじ意味分からん)

ξ゚⊿゚)ξ(なんか私が悪いみたいな空気になってるし)


('、`*川 「どっくん、私の変わりに棚卸しおねがい」

('A`)「は、はい!」


(´・ω・`)「お客様・・・こちらへどうぞ」

105:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/06/12(土) 15:57:36.76 ID:szYYxl280
バイト終了後

従業員室

(´・ω・`)「で、原因は?」

ξ゚⊿゚)ξ「あの客が値札ついてない野菜とかもってきて・・・
      いきなり怒鳴り始めたんですけど?」

(*゚ー゚)(嘘だ・・・でもそれ言ったら私が最初から見てたことわかっちゃうしなあ・・・)

(´・ω・`)「値札・・・野菜と惣菜の説明ちゃんと聞いた?」

('、`*川 「どっくん?」

('A`)「あ、はい・・・ちゃんとξ゚⊿゚)ξ「初耳ですけど?」

('A`)「えっ」


110:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/06/12(土) 16:02:47.32 ID:szYYxl280
ξ゚⊿゚)ξ「店長、私そんな説明きいてません」

('A`)

(´・ω・`)「そうなの?ドクオ」

('A`)「え、いや俺・・・」

ξ゚⊿゚)ξ「いくら大学出とはいえ、聞いてないことは出来ません」

('、`*川 「まあ、どっくんも初めての新人指導だからね・・・しょうがないよ」

('A`)「あ、あ・・・」

(´・ω・`)「そうだな、ちょっとドクオに期待しすぎてた部分もあった。すまない」

('A`)「あの・・・」

('、`*川 「ん?」

('A`)「いや、その・・・すみませんでした」

118:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/06/12(土) 16:10:09.34 ID:szYYxl280
(*゚ー゚)(うわあ、きついなーこの空気)

ζ(゚ー゚*ζ「・・・どっくん」

(´・ω・`)「いいよいいよ、気にするなドクオ。そうだな、ツンの指導はペニサスに頼むよ」

('A`)「・・・はい」

ξ゚⊿゚)ξ「つーか最初からそーしとけって話でしょ」

ξ゚⊿゚)ξ「え?なに?もしかして私ドクオの実験台にされたわけ?」

ξ゚⊿゚)ξ「ありえんし、最初からまともな人が教えてくれたらこんなことならんかったのに」

(´・ω・`)「ごめんね、ツンちゃん」

ξ゚⊿゚)ξ「まあ私心広いけど?」

(*゚ー゚)(こいつ・・・)


122:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/06/12(土) 16:16:09.47 ID:szYYxl280
(´・ω・`)「よし、それじゃタイムカードおして帰るか」

(´・ω・`)「どうだ、ツンちゃんの歓迎会にラーメン屋いくか!ははは」

ξ゚⊿゚)ξ「おごり?いきますいきます」

('、`*川 「またラーメン鮫島でしょ?」

(´・ω・`)「それは言わない約束。ははは」

(*゚ー゚)ζ(゚ー゚*ζ「・・・」

(´・ω・`)「二人もいくでしょ?」

ζ(゚ー゚*ζ「・・・は、はい」

(*゚ー゚)「・・・いきます」
(*゚ー゚)(いきたくないけど、食費浮くしな)

('A`)「お、俺は遠慮しときます」

ζ(゚ー゚*ζ「え、どっくんいこうよ!」

('A`)「でも俺が行けば空気悪くなりそうだし」

128:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/06/12(土) 16:21:23.51 ID:szYYxl280
ξ゚⊿゚)ξ「確かにそうね。辛気臭いのがいてもあれだし」

(´・ω・`)「ドクオ、ほんとにいいのか?」

('A`)「気にしないでください。それに俺この後約束あるし」

('、`*川 「そっか、なら仕方ないわね」

(´・ω・`)「ドクオがこないなら僕ハーレム?なんてね。はははは!」

('、`*川 「もう、店長ったら。うふふ」

('A`)「はは・・・」

(*゚ー゚)ζ(゚ー゚*ζ「・・・」

ξ゚⊿゚)ξ「それじゃあ早くいきましょう」

129:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/06/12(土) 16:24:34.84 ID:szYYxl280
通り

('A`)「・・・・」 トボトボ


('A`)「はあ・・・モララーさんみたいに上手くいかないなあ」




( ・∀・)「ドクオ、ああいう話の通じない相手にはひたすら謝るしかないんだ」

( ・∀・)「たとえどんなに理不尽なことを言われても、怒ってしまったらこっちが負けだからな」



('A`)「それだけはちゃんとできてる・・・よな?」


('A`)ぎゅるるる


('A`)「・・・ラーメン」

133:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/06/12(土) 16:31:08.03 ID:szYYxl280
大通り ラーメン 鮫島 店前



(´・ω・`)「あ、ここだここだ」

ξ゚⊿゚)ξ(うわ、まずそ)

('、`*川 「私とんこつにしようかなー」

ζ(゚ー゚*ζ「どっくんこないの残念だったなー」

(*゚ー゚)「うん・・・」

プルルルル

(´・ω・`)「電話だ、ちょっとごめんね」



(´・ω・`)「あ、まり子? うんうん、今終わって・・・え?うんツンちゃんなら大丈夫。僕がちゃんと面倒みるから」

(´・ω・`)「じゃ、明日の夜は僕のマンションで。うん、それじゃ。あ、僕のこと・・・好き?」

(´・ω・`)「ふふふ・・・」

(´・ω・`)ピッ

140:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/06/12(土) 16:35:57.95 ID:szYYxl280
大通り 


( ^ω^)「ちっ・・・誰もキャッチひっかかんねーお」

( ^ω^)「こっちは来月の誕生日イベントまでにできるだけ客ひっぱんねーといけないのに・・・」

プルルルル

( ^ω^)「げっジョルジュ・・・無視無視・・・」

( ^ω^)「もうちょい向こうまで出張ってみるか・・・・ん?」


ζ(゚ー゚*ζ(*゚ー゚)


( ^ω^)「しぃだお・・・あいつ、ラーメン食う金あるなら俺に貢げお」

( ^ω^)「え?」


ξ゚⊿゚)ξ ブツクサブツクサ


( ^ω^)「・・・ツン」


142:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/06/12(土) 16:39:08.65 ID:szYYxl280






第一話  「モンスター店員」    











150:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/06/12(土) 16:44:46.28 ID:szYYxl280
人物

ξ゚⊿゚)ξ 32歳 実家暮らし  大学を出たことが自慢

J( 'ー`)し 50歳 ツンの母親

('A`)  21歳  VIPストア バイト

(´・ω・`) 47歳  VIPストア店長

('、`*川  27歳  VIPストア 社員

ζ(゚ー゚*ζ 16歳  VIPストア バイト

(*゚ー゚)   20歳   VIPストア  バイト

( ^ω^)  33歳   ホスト

( ・∀・)  23歳  元VIPストア バイト







152:ξ゚。゚)ξ◆ph2O.JlUMw :2010/06/12(土) 16:46:42.75 ID:szYYxl280
規制がとけたので
久々に投下・・・初めてPCで投下したw

いつまた規制になるかわかんないのでなるべく次早く投下します

質問あればどうぞー






次へ 目次へ
スポンサーサイト
  1. 2010/06/12(土) 17:14:05|
  2. 長編まとめ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1
<<( ^ω^)は現実的ヒーローのようです 第十四回 | ホーム | ξ゚⊿゚)ξフリーター伝説ツンのようです 第一話1/2>>

コメント

ドックンドックン~!ふぅん!にゃーんにゃーん
負けるなどっくん
  1. 2010/06/13(日) 14:23:44 |
  2. URL |
  3. 名のある名無し #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://potenta.blog13.fc2.com/tb.php/219-f9c9f49f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。