ひとくちlw´‐ _‐ノvくりぃむ

ブーン系作品まとめブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

( ^ω^)は現実的ヒーローのようです 第十回2/2

182:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/06/03(木) 23:01:41.03 ID:J/8xZl6I0
こうして、内藤は確信を持って決戦の地へと臨んだのだった――

( =★=)「…まさかこの悪事までバレているとはな…」

( =☆=)「マルタスニム…こんな悪事は、もう止めるんだ!!」

( =☆=)「こんなことをしたって…誰も救われない!!」

( =★=)「救い…?私はそんなことのためにソファーを占有していたわけではない…」

( =★=)「ただ…私は座ってみたかったのさ…」


( =★=)「『支配者』の席ってやつに…な…」


( =★=)「お前にはわからないだろうが…これが快感でなァ…くくく…」

( =☆=)「…貴様…外道が…!!」

192:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/06/03(木) 23:05:27.65 ID:J/8xZl6I0
( =★=)「さぁかかってこいジャスティスカイザー!!貴様の息の根を止め」

プルルルルルル

( =☆=)

( =★=)

プルルルルルル

( =★=)「…くくく…寿命がほんの少しだけ延びたようだな…」

ガチャ

( =★=)「あ、もしもし?大丈夫大丈夫、父さんちゃんと静かにしてるから」

( =★=)「え?ソファー?座ってないよ、当たり前でしょ…ブレイクダンスもしてないって。いいともより早く起きたし」

( =☆=)「(ここ、カットで)」

(‘_L’)「(了解でーす)」

196:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/06/03(木) 23:08:48.57 ID:J/8xZl6I0
( =★=)「うん、うん…お土産とかそんなに考えなくてから、楽しんできてね」

ガチャ

( =★=)

( =☆=)

( =★=)「さぁかかってこいジャスティスカイザー!!貴様の息の根を止め」

プルルルルル

( =★=)

ガチャ

( =★=)「何?月恋の録画予約?したってば…はい、はーい」

ガチャ

( =★=)

( =☆=)

202:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/06/03(木) 23:13:57.33 ID:J/8xZl6I0
(‘_L’)「カメラオッケーでーす」

( =★=)「さぁかかってこいジャスティスカイザー!!貴様の息の根を止めてやろう!!」

( =☆=)「それはこちらの台詞だ…!!これ以上の悪事を許すわけにはいかない!!」

( =★=)「ジャスティス!!!」

( =☆=)「ナッコォォォォォォォォォォ!!!」


      「「ウオオオオオオオオオオオオオオオオオオオ!!!」」


             ( =☆=)=つ  ⊂=(=★= )
             (っ   /          )  と
             ./   )          (   \
             ( / ̄∪          ∪ ̄\)

206:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/06/03(木) 23:18:53.62 ID:J/8xZl6I0
~後日~

( =☆=)『貴様…外道が…!!』

( ^ω^)「…やっぱりVS偽ヒーローは燃える展開が作りやすいな…」

( ^ω^)「(…それでも、絶頂期に比べれば視聴率は低くなっている…)」

( ^ω^)「(平均以上は維持しているけど…これじゃ、ダメなのか…?)」

ガチャ

(‘_L’)「お疲れ様でーす」

( ^ω^)「あ、どうも。やっぱりフィレンクトさんのカメラワークはすごいですね」

(‘_L’)「まぁそれが仕事ですからね。…ところで、聞いていいですか?」

( ^ω^)「何ですか?」

211:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/06/03(木) 23:22:11.49 ID:J/8xZl6I0
(‘_L’)「こないだ、マルタスニムさんと話していたとき…色々、聞いちゃって」

( ^ω^)「…まぁ、そうですよね。仕掛けていたわけですから」

(‘_L’)「…内藤さんの、お父さん…一体、何があったんですか?」

( ^ω^)「……」

(‘_L’)「長いことヒーローを続けてるわけ、気になっていたんです。…気に障ったならすみません」

( ^ω^)「いえ…構いませんよ。ただ、親父は関係ないんです」

(‘_L’)「…本当ですか?」

( ^ω^)「はい。その時も言いましたけど、私は現場にこだわっているだけですから」

(‘_L’)「…わかりました。じゃあもう聞きません。これからも頑張りましょう、内藤さん」

( ^ω^)「…そうですね。頑張らないと」








215:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/06/03(木) 23:28:32.07 ID:J/8xZl6I0
第十回登場怪人


擬態虚夢マルタスニム ( ^^ω)

擬態一筋二十年。ヒーロー人気のバロメーターとして、影で彼らを支えてきた怪人。
その擬態へのこだわりはすさまじく、触感まで完璧に仕上げている。ただしどこか一部だけわかりやすいところを変えておくのがポイント。
職業柄ヒーローの流行り廃りに詳しく、また厳しい。シビアな目線はまさにプロの職人といったところ。
家庭内のヒエラルキーも省みず、今日も彼はヒーローに化け続ける。
ちなみに名前はマルタスニムだったりマルタニスムだったり曖昧である。








221:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/06/03(木) 23:31:28.04 ID:J/8xZl6I0
( =☆=)「まさか偽者の僕が現れるなんて…」

( =☆=)「しかも力や技まで全く同じなんだ!全く、厄介な怪人だったぜ!」

( =☆=)「最後に僕が勝てたのは、やっぱり…正義の心のおかげ、かな…」

( =☆=)「そして忘れちゃいけないのがみんなの声援だ!いつも応援ありがとうな!」

( =☆=)「それじゃ、また次回!せーの!」

( =☆=)「いつも心に、ジャスティスを!!」


( ^ω^)は現実的ヒーローのようです

第十回 「偽者が現れること、それが一流のヒーローの条件なのだ!」

終わり







230:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/06/03(木) 23:33:24.54 ID:J/8xZl6I0
支援ありがとうございました
こうやって適度に伏線を散りばめるのが視聴率の鍵だ!と内藤が言っていました

( ^ω^)「ところで第十回記念質問コーナーとか開いたら視聴率出るかな…」






次へ

( ^ω^)は現実的ヒーローのようです 目次へ
スポンサーサイト
  1. 2010/06/03(木) 23:39:28|
  2. 長編まとめ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<( ^ω^)は現実的ヒーローのようです 質問コーナー | ホーム | ( ^ω^)は現実的ヒーローのようです 第十回1/2>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://potenta.blog13.fc2.com/tb.php/208-e289f1c3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。