ひとくちlw´‐ _‐ノvくりぃむ

ブーン系作品まとめブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

( ^ω^)は現実的ヒーローのようです 第五回

1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/05/27(木) 20:16:17.80 ID:6XC5nnV90
このスレッドは

ひとくちlw´‐ _‐ノvくりぃむ ttp://potenta.blog13.fc2.com/blog-entry-182.html

ブーン芸VIP ttp://boonsoldier.web.fc2.com/genzituteki.htm

さんのまとめ提供でお送りします

( =☆=)「部屋を明るくしてパソコンや携帯から離れてメダロットでもしながら読んでくれよな!」








5:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/05/27(木) 20:20:01.35 ID:6XC5nnV90
川 ゚ -゚)「……」

川 ゚ -゚)「どいつもこいつも、腐っている…」

( =☆=)『ジャスティスナッコォ!!』

川 ゚ -゚)「特にこいつだ…天下無双ジャスティスカイザー…」

パラッ

怪人Nさんの証言
「銀行強盗を止めて百万円貰いました」

怪人T.G,Vさんの証言
「怪人になったら百万円貰いました」

川 ゚ -゚)「…ふざけた真似を」

川 ゚ -゚)「待っていろ、ジャスティスカイザー…」

7:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/05/27(木) 20:23:56.03 ID:6XC5nnV90
( ^ω^)「ふぅ…今日も疲れた…」

川 ゚ -゚)「…待っていたぞ」

( ^ω^)「?ええと…どちら様でしょうか?」

川 ゚ -゚)「貴様のような腐ったヒーローに名乗る名はない!」

川#゚ -゚)「『氷弾』ッ!!」

バババババッ!!

(;^ω^)「うおっ!危なっ!」

(;^ω^)「きゅ、急に何を!?」

川#゚ -゚)「黙れ悪党が!神妙にお縄に付け!」

(;^ω^)「いや、何がなんだか…待てよ…どこかで見たことがあるような…」

川 ゚ -゚)「ふん…さすがに情報収集はお手の物らしいな。自分で考えるがいい」

12:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/05/27(木) 20:28:04.58 ID:6XC5nnV90
川#゚ -゚)「『炸裂氷柱』ッ!!」

(;^ω^)「くっ…くそっ!」

タタタタタ…
           アイススケート
川 ゚ -゚)「無駄だ!『氷滑』!」

(;^ω^)「な…足元を凍らせて…!?」

ザッ…

川 ゚ -゚)「さぁさっさと変身をしろ!生身の貴様を殺したところで何の意味もない!」

(;^ω^)「…断ります!」

川 ゚ -゚)「何故だ?命の危機を感じないのか?」

(;^ω^)「私にもポリシーがありますので…」

川 ゚ -゚)「ほう…言ってみろ」

13:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/05/27(木) 20:31:29.35 ID:6XC5nnV90


( ^ω^)「お金にならない変身はしません!!」


川 ゚ -゚)

川  - )「…どうやら…私が思っていた以上に腐った男のようだな…」

( ^ω^)「なんと思われても結構です」

川 ゚ -゚)「ならば死ね…『氷剣』!」

プルルルルル

( ^ω^)】「もしもし!?フィレンクトさん、大至急来てください!ええ!」

ダダダダダ!!

川#゚ -゚)「逃がすかあああああ!!」

( ^ω^)】「死にそうなんで!!はい!!」

17:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/05/27(木) 20:35:48.50 ID:6XC5nnV90
川#゚ -゚)「『氷斬』!!」

ブンッ!!

(;^ω^)「くっ!」

川#゚ -゚)「どうしたどうした!逃げるだけで精一杯か!」

川#゚ -゚)「やはり貴様はその程度のヒーローなのか!?」

(;^ω^)「だから言ったでしょう!金にならない変身はしないって!」

川#゚ -゚)「この期に及んでまだそんな口を…!」

キキーッ!!

(;‘_L’)「内藤さ…うお!誰ですかこの美人!?」

( ^ω^)「良かった!間に合った!」

川 ゚ -゚)「…貴様ら…内藤の仲間か?」

18:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/05/27(木) 20:38:28.38 ID:6XC5nnV90
(‘_L’)「仲間というか、同僚というか…」

川 ゚ -゚)「…まぁ、なんでもいい…この男に味方するなら、貴様らも悪人なのだろう…」

チャキ

川 ゚ -゚)「殺す」

(;‘_L’)「よし!撤収するぞ!」

( ^ω^)「待ってください!」

(;‘_L’)「で、でも!この人目がマジですよ!」

( ^ω^)「大丈夫!撮影ですから!この人役に入り込んでるだけですから!」

(‘_L’)「ああ…なるほど!じゃあすぐにカメラ回しますね!」

川 ゚ -゚)「…殺される覚悟はできたらしいな」

20:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/05/27(木) 20:41:42.92 ID:6XC5nnV90
(‘_L’)「オッケーです!変身どうぞ!」

サッ

( ^ω^)つΦ「変」

川#゚ -゚)「『氷弾』!!」

( ^ω^)つΦ「え」

バキィッ!!

(;^ω^)「ちょ…」

(;‘_L’)「へ…変身中に攻撃してきた…!!」

川 ゚ -゚)「ふん。変身中は攻撃無用だと…?馬鹿らしい」

川#゚ -゚)「真のヒーローならば!あらゆる状況に対応できなければいけないだろうが!!」

( ^ω^)「……」

(;‘_L’)「な、なんなんだこの人…もしかして、ガチンコなほうのヒーロー…?」

21:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/05/27(木) 20:44:59.99 ID:6XC5nnV90
説明しよう!この世の中には大きく分けて二種類のヒーローがいる!
一つは内藤のように『演じる』ことを中心とする役者ヒーロー!
もう一つは!この世に蔓延る悪鬼羅刹を退治するために生きる、『真の』ヒーローだ!

そして…彼女は!


(;‘_L’)「ガチンコの( ^ω^)「怪人…氷牙凍姫クー…!!」

(‘_L’)「えっ」


    ド    川 ゚ -゚)    ン

        氷牙凍姫クー


川 ゚ -゚)「その通り…よく調べているな…」

(;‘_L’)「怪人だったのおおおおお!?」

26:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/05/27(木) 20:50:47.60 ID:6XC5nnV90
(;‘_L’)「いやおかしいでしょ!この人さっき悪人なら殺すとかめっちゃ言ってたじゃないですか!」

( ^ω^)「そう…彼女の特徴は、その異常なまでの正義感…」

川 ゚ -゚)「異常…?ふっ…笑わせる」

川 ゚ -゚)「異常なのは貴様らヒーローの方だ!」

( ^ω^)「……」

川 ゚ -゚)「何かといえば怪人と癒着し!正義よりも人気を優先する!」

川 ゚ -゚)「変身中は攻撃無用?必殺技は必ず当たる?馬鹿げたことを!」

川#゚ -゚)「私はな…そういう腐った連中が許せないんだよ…怪人の側も含めてな…」

(;‘_L’)「ええ…なんで怪人やってんのこの人…」

川 ゚ -゚)「だから私は決意した!この氷の力で…貴様ら腐ったヒーローを、一人残らず凍結してやろうと」

川 ゚ -゚)「腐敗を止めるには…完全に凍らせることが一番の手段なんでな…」

27:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/05/27(木) 20:53:40.62 ID:6XC5nnV90
(;‘_L’)「く、くそぉ…なんかちょっと上手いこと言いやがって…」

川 ゚ -゚)「さぁかかってこい内藤…いや、天下無双ジャスティスカイザー!」

( ^ω^)「断ります」

川 ゚ -゚)「…金にならないから、か?」

( ^ω^)「ええ。あなたの今の台詞、到底放送で使えるものではありません」

( ^ω^)「子供たちに真っ黒な業界を見せるわけにはいきませんので」

川#゚ -゚)「真っ黒にしているのは貴様らヒーローだろうが!」

( ^ω^)「だとしても、私たちの仕事は夢を売ることです。これだけは譲れません。さぁ、お帰りを」

川 ゚ー゚)「…ふ。ふははははは!!」

(;‘_L’)「!?」

29:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/05/27(木) 20:56:39.32 ID:6XC5nnV90
川 ゚ -゚)「なるほど素晴らしいヒーロー様だ!」

川 ゚ -゚)「だが、本当にそれが理由なのかな…?」

( ^ω^)「と、言いますと…?」

川 ゚ -゚)「本当は…」


川 ゚ -゚)「私 に 負 け る の が 怖 い だ け な ん じ ゃ な い の か ?」


( ^ω^)

(;‘_L’)「な…何を言い出すんだこいつ!」

川 ゚ -゚)「自分の保身が大事なヒーロー様のことだからな…負ける戦いはしたくないのだろう」

川 ゚ -゚)「テレビでは勝てても、実戦ではどうだかわからないからな!」

(;‘_L’)「ば…バカヤロウ!!今のうちの取り消せ!!」

川 ゚ -゚)「取り消す?何故だ?私は事実を述べているだけだろう?」

32:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/05/27(木) 21:01:20.29 ID:6XC5nnV90
(;‘_L’)「違う!!内藤さんはそんなんじゃない!!」

川 ゚ -゚)「ああ、わかったわかった。お前たちがこいつを擁護するのは当然だろうな」

(;‘_L’)「だから違うんだって!!内藤さんは」

( ^ω^)「もういいお、フィレンクトさん」

(;‘_L’)「!!」

( ^ω^)「彼女の言い分も最もだお。ここはもう、どうあっても納得してもらうしかないお」

(;‘_L’)「な、内藤さん…語尾が…」

川 ゚ -゚)「ふ、もういいさ。どうやら貴様は殺すにも値しない男のようだからな」

(;‘_L’)「や、止めろ!!これ以上内藤さんを挑発すると取り返しのつかないことになるぞ!!」

( ^ω^)「フィレンクトさん」


( ^ω^)「カメラを止めてくださいお」


(;‘_L’)「!!!」

41:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/05/27(木) 21:03:49.44 ID:6XC5nnV90
(‘_L’)「…おい!カメラ止めろ!」

川 ゚ー゚)「ははは!敗北の映像を残したくないのか!?」

(‘_L’)「…一つだけ言っておくぞ、怪人」

川 ゚ -゚)「ほう?何だ?遺言でもする気か?」


(‘_L’)「後悔するなよ」


川 ゚ -゚)「…どういう」

( 川 ゚ -゚)「意味」

( =川 ゚ -゚)「だ」

( =☆川;゚ -゚)「……!?」

47:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/05/27(木) 21:07:50.31 ID:6XC5nnV90
バッ!!

川;゚ -゚)「貴様…いつの間に…!変身まで…!」

( =☆=)「おっと…言い忘れていた」

( =☆=)「天下無双のヒーロー」


    ド    ( =☆=)「ジャスティスカイザー、貴様の背後に見参だ」    ン


(‘_L’)「…だから言ったんだよ。後悔するなよ、って」

川;゚ -゚)「…変身する暇などなかったはずだ…!」

( =☆=)「知らないのか?ヒーローの変身は、0.1秒で完了するんだよ」

川;゚ -゚)「それは設定の話だろうが!!」

53:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/05/27(木) 21:12:38.10 ID:6XC5nnV90
(‘_L’)「違うね。それは『実測に基づく値』だ」

川;゚ -゚)「実測…だと…!」

(‘_L’)「…本当に何も知らないんだな。ヒーローのことを」

(‘_L’)「0.1秒で変身しろと言われれば0.01秒で変身する」

(‘_L’)「100mを5秒で走れと言われれば3秒フラットで疾走する」

(‘_L’)「パンチ力30トンと言われれば40トンを叩き出す」

(‘_L’)「それが『ヒーロー』って職業なんだよ」

川;゚ -゚)「く…だが、今まで私が倒してきたやつらは…」

(‘_L’)「もちろん全てのヒーローがそうとは言わないさ…中には本当にダメなやつらもいる」

(‘_L’)「ただ、それが受け入れらないうちは」


                       「彼に勝つことはできないよ」


                             ( =☆=)

63:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/05/27(木) 21:18:34.91 ID:6XC5nnV90
川;゚ -゚)「…出任せを!!どうせ何か小賢しい真似をしたに決まっている!!」

(‘_L’)「もう忠告はした。カメラも回してない。好きにすればいいさ」

( =☆=)「いいところを全て持っていかれましたね」

(‘_L’)「あはは、すみません…たまにはかっこいいこと言ってみたくて」

川#゚ -゚)「クソッ!!『炸裂」


                    ピタッ…
                   _ _
             _ - ― = ̄  ̄`:,     (゚- ゚;川「氷柱』…!?」
         , -'' ̄    __――=',r⌒>  _/ /
        /   -―  ̄ ̄   ̄"'" | y'⌒  ⌒i
       /   ノ             |  /  ノ |
      /  , イ )             , ー'  /´ヾ_ノ
      /   _, \           / ,  ノ
      |  / \  `、        / / /
      j  /  ヽ  |       / / ,'
    / ノ   {  |      /  /|  |
   / /     | (_     !、_/ /   〉
  `、_〉      ー‐‐`        |_/

67:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/05/27(木) 21:22:51.74 ID:6XC5nnV90
川;゚ -゚)「速い…!!」

( =☆=)「実戦なら爆発していたところだ…貴様がな」

バッ!!

川;゚ -゚)「……」

ドクン…ドクン…

川;゚ -゚)「(…恐怖しているのか…私は…!!)」

( =☆=)「やれやれ…」


( =☆=)「攻 撃 の タ メ だ  け は ヒ ー ロ ー 並 だ な」


川;゚ -゚)「……!!」

76:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/05/27(木) 21:27:27.67 ID:6XC5nnV90
川#゚ -゚)「うおおおおおおおおお!!!」

川#゚ -゚)「『氷柱吹雪』ッ!!!」


        ババババババババ!!

         =>
     =>  =>
川#゚ -゚)  =>   =>
         =>
      =>   =>


( =☆=)「氷柱の連弾か…大技らしいといえば大技らしいな」

( =☆=)「だが、荒削りすぎる」

81:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/05/27(木) 21:31:29.23 ID:6XC5nnV90


         ババババババババ!!

               _ー ̄_ ̄)’,  <=
            --_- ― = ̄  ̄`:,   <=
         , -'' ̄  = __――=', <=
        /  _-―  ̄=_  )":" .  <=
       /   ノ  ̄ ̄=_  ` )),∴.<=
      /  , イ )        ̄=
      /   _, \
      |  / \  `、
      j  /  ヽ  |
    / ノ   {  |
   / /     | (_
  `、_〉      ー‐‐`


川;゚ -゚)「…全弾…打ち落としたのか…!!」

(‘_L’)「それは正確じゃないな」

87:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/05/27(木) 21:35:59.71 ID:6XC5nnV90

  ヒュン…!!

 <== 川;゚ -゚)


川;+゚ -゚) ツー…

川;+゚ -゚)「……!!」

(‘_L’)「『一発だけ倍の速度で打ち返した』んだよ」

川;+゚ -゚)「……」

( =☆=)「勘違いするな」


( =☆=)「必 殺 技 は 必 ず 当 た る 技 じ ゃ な い」


川;+゚ -゚)「…何故…」

93:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/05/27(木) 21:39:52.69 ID:6XC5nnV90
川;゚ -゚)「何故!!それだけの強さを持ちながら、あんな真似をするんだ!?」

( =☆=)「……」

川;゚ -゚)「それだけの強さがあれば!!実力でヒーロー界を伸し上がることだってできるはずなのに!!」

( =☆=)「違うな」

川;゚ -゚)「……」

( =☆=)「こんなものヒーロー界では何の役にも立たないんだよ」

( =☆=)「どんなに技を鍛えたって実戦で使う技は一握りだけ」


( =☆=)
 つ◎と フォン…


( =☆=)「それも、こんな技だけだ…」

96:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/05/27(木) 21:42:23.67 ID:6XC5nnV90


     ヒュン!!

( =☆=) =◎    (゚- ゚;川
  と彡


川;゚ -゚)「うお!!」

ボン!!

川;゚ -゚)「…何…?」

( =☆=)「フローラルな香りがする。それだけだ」

川;゚ -゚)「…しかし、ニダーはこれで…」

( =☆=)「あれはあの人の技だよ。二十五年のベテランの技さ」

川;゚ -゚)「……」

103:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/05/27(木) 21:46:46.52 ID:6XC5nnV90
( =☆=)「常識的に考えればすぐにわかる。こんな小さな光の球で人は殺せない」

川 ゚ -゚)「……」

( =☆=)「だから鬼面ドライバーの必殺技は轢き逃げなんだ。圧倒的質量による突撃」

( =☆=)「鬼面ドライバーは、怪人を『殺す』必要があるから」

川 ゚ -゚)「……」

( =☆=)「怪人を後ろから不意打ちするヒーローがいて誰が喜ぶ?」

( =☆=)「怪人をただただ殴り殺すヒーローがいて誰が喜ぶ?」

( =☆=)「圧倒的な強さを見せ付けるだけのヒーローがいて、誰が喜ぶんだ」

川 ゚ -゚)「……」

( =☆=)「誰も喜ばないんだよ…そんなヒーローに、生きる場はない…」

109:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/05/27(木) 21:49:51.07 ID:6XC5nnV90
( ^ω^) シュン!

(‘_L’)「お疲れ様です」

( ^ω^)「ありがとうございます」

(‘_L’)「もういいんですか?」

( ^ω^)「ええ。お金にならない以上、短く切り上げるべきです」

(‘_L’)「わかりました。それじゃ、お先に失礼します」

ブロロロロロ…

( ^ω^)「…それでは。また、どこかで」

スタスタ…

川 ゚ -゚)「…待ってくれ!」

112:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/05/27(木) 21:53:13.69 ID:6XC5nnV90
( ^ω^)「…まだ、何か?」

川 ゚ -゚)「私は…確かにヒーローを誤解していたかもしれない…」

川 ゚ -゚)「でも、あなたのようなやり方はやはり許せない」

( ^ω^)「だったらどうしますか?ここで勝ち目のない戦いを続けますか?」

川 ゚ -゚)「…いや。私も馬鹿じゃない」

川 ゚ -゚)「私は強くなる。あなたに負けないぐらい、強くなる」

川 ゚ -゚)「だから、その時は…また、戦ってくれないか」

( ^ω^)「……」

川 ゚ -゚)「頼む…」

116:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/05/27(木) 21:57:37.84 ID:6XC5nnV90
サッ

( ^ω^)「どうぞ、これを」

┌─────────────┐
│全日本ヒーロー派遣(株)  ......│
│  ヒーローニ課         │
│                    │
│    内藤 ホライゾン     .│
│                    │
│電話番号 xx-xxxx-xxxx    .│
│ 住所   xxxxxxxxxxxx   .....│
└─────────────┘

川 ゚ -゚)「これは…」

( ^ω^)「その時が来たら、連絡をお願いいたします。特番を組んでお相手しますよ」

川 ゚ー゚)「…ふふ…ああ。全力で、番組ごと叩き潰そう」

120:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/05/27(木) 22:01:21.37 ID:6XC5nnV90
川 ゚ -゚)「それじゃ…また」

( ^ω^)「ええ。また」

スタスタ…

( ^ω^)「……」

( ^ω^)「…ふぅ…」

ブロロロロ…

(‘_L’)「お疲れ様でーす!」

( ^ω^)「ちゃんと撮れました?」

(‘_L’)「ええ、バッチリですよ!この『お蔵入り映像』、十年後なら絶対使えますって!」

( ^ω^)「でしょう?」

129:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/05/27(木) 22:05:42.15 ID:6XC5nnV90
(‘_L’)「しかしびっくりしましたよ…まさかあそこまで本気のキレ方するなんて」

( ^ω^)「あれぐらいしないと現実味がないですからね」

(‘_L’)「ま、確かにそうですね。これならお蔵入りになった理由もはっきり付けられますし」

( ^ω^)「近いうち特番も組めそうですし…」

(‘_L’)「でもあの子そんなに強くなりますかね?」

( ^ω^)「…あの真っ直ぐさが失われなければ、きっと。どこまでも強くなります」

(‘_L’)「そういうもんですか…あ、それじゃ。機材の片付けがあるんで」

( ^ω^)「はい。またよろしくお願いします」

(‘_L’)「はい!お疲れ様でーす!」

ブロロロロ…

134:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/05/27(木) 22:07:59.17 ID:6XC5nnV90
( ^ω^)「……」


川;゚ -゚)『それだけの強さがあれば!!実力でヒーロー界を伸し上がることだってできるはずなのに!!』


( ^ω^)「…僕だって、そう思っていたことがあったお…だけど…」

( ^ω^)「そんな上手く行く訳、ないんだお…」

( ^ω^)「……」

( ^ω^)「…怪人との禁断の恋っていう路線もありか…」








137:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/05/27(木) 22:11:34.58 ID:6XC5nnV90
第五回登場怪人


氷牙凍姫クー 川 ゚ -゚)

曲がったことが大嫌い。原田泰造のような新人怪人。
念願の怪人になれたはいいものの、業界の腐りっぷりを見て落胆。諸悪の根源であるヒーロー共を駆逐することを決意した。
すでに何人かのヒーローは彼女によって永久凍結の目に遭っている。
内藤との戦いを通し、自分の未熟さを痛感。以来、日夜修行に励んでいる。








144:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/05/27(木) 22:14:05.41 ID:6XC5nnV90

[天下無双ジャスティスカイザー VS 氷牙凍姫クー]

[お蔵入りに付き、お別れの挨拶未撮影]


( ^ω^)は現実的ヒーローのようです

第五回 「将来設計はとても大事なのだ!」

終わり






147:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/05/27(木) 22:15:42.67 ID:6XC5nnV90
支援ありがとうございました
内藤がかっこいいと一瞬でも思ったあなた!彼の思う壺ですよ!
それではみなさん、いつも心にジャスティスを!






次へ

( ^ω^)は現実的ヒーローのようです 目次へ
スポンサーサイト
  1. 2010/05/27(木) 22:24:23|
  2. 長編まとめ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<( ^ω^)生活習慣日誌のようです | ホーム | ( ^ω^)は現実的ヒーローのようです 第四回2/2>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://potenta.blog13.fc2.com/tb.php/196-c96ce771
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。