ひとくちlw´‐ _‐ノvくりぃむ

ブーン系作品まとめブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

( ´_ゝ`)と(´<_` )はスパイのようです

161:いやあ名無しってほんとにいいもんですね :2010/02/13(土) 19:32:20 発信元:122.102.231.42


( ´_ゝ`)「もう少しだ」

(´<_` )「ああ、もう少しだな」


顔のよく似た2人が橋の上を走る。
2人とも手に剣を持っており、ただの一般人ではないとすぐにわかる。


( ´_ゝ`)「オレ達は解放される――」


163:いやあ名無しってほんとにいいもんですね :2010/02/13(土) 19:35:36 発信元:122.102.231.42


( ゚∀゚)「って、んなわけねーだろ?」


2人の前に立ちはだかったのは、戦いのためだけにつけられた筋肉を持つ男。
身の丈ほどもある大きな剣を担ぎ、2人を見ている。


( ´_ゝ`)「しまった!」


慌てて戻ろうとするが、後ろには甲冑に身を包んだ者達が行く手を塞いでいる。


(´<_` )「兄者……」

( ´_ゝ`)「大丈夫だ。大丈夫……」


兄者の言葉は自分に言い聞かせるようだった。
瞳は不安げに揺れながらも、自分達の前に立ちはだかる男を見据えている。


( ´_ゝ`)「そこをどけ……ジョルジュ!」

剣を構え、ジョルジュを威嚇する。

164:いやあ名無しってほんとにいいもんですね :2010/02/13(土) 19:38:38 発信元:122.102.231.42

( ゚∀゚)「はい。どーぞ。
     って、言うわけねーだろ?」

( ´_ゝ`)「もっともだな」


切先を兄者に向け、ジョルジュも戦いの意思を示す。


( ´_ゝ`)「だが、我ら兄弟が」

(´<_` )「貴様を倒す!」


兄者と弟者は横に並び、ジョルジュに向きあう。


( ゚∀゚)「お前ら、手ぇ出すなよ」


ジョルジュが2人の後ろに控えている兵士達へ声をかけた。
その顔には強者が弱者を見下すときの笑みを浮かべている。


( ゚∀゚)「いっちょ、教育してやるか」


166:いやあ名無しってほんとにいいもんですね :2010/02/13(土) 19:41:29 発信元:122.102.231.42


( ´_ゝ`)「その口」

(´<_` )「すぐに開けられなくしてやる!」


2人は同時に地を蹴り、2手に別れる。


( ゚∀゚)「オレに勝てるとでも?」


鼻で笑い、弟者の方へ一気に跳躍する。

(´<_` )「早っ――!」

一瞬で詰められた間合いに、弟者が目を見開く。
目前まで迫った大剣を防ぐため、剣でなぎ払おうと腕を動かす。。

( ゚∀゚)「甘いな」

だが、そこにあったのは圧倒的な力の差。
金属同士がぶつかりあう高い音がした後、地面に落ちたのは弟者の剣だった。

無防備になった弟者の体をジョルジュの大剣が狙う。

169:いやあ名無しってほんとにいいもんですね :2010/02/13(土) 19:44:31 発信元:122.102.231.42

( ´_ゝ`)「させてたまるか!」


大剣が弟者の体を2つにする前に、兄者がジョルジュの背中をとった。
突き刺そうとする兄者の剣を、ジョルジュは体を2人に対して横にすることであっさりと避けてしまう。

しかも、ジョルジュは大剣を片手に持ちかえ、あまった手で兄者の頭を鷲掴みにした。


(´<_`;)「兄者!」

(;´_ゝ`)「っく……。離せ!」


( ゚∀゚)「えー。ヤダ」


ニヤケた笑みで、兄者の頭を掴む手に力をこめていく。
伊達に戦いを経験してきたわけではないらしく、その力は兄者を確実に苦しめる。

ジョルジュが兄者に気を取られているすきに、剣を取り戻そうとしてみるが、
弟者も大剣を突きつけられており、動くことができない。

171:いやあ名無しってほんとにいいもんですね :2010/02/13(土) 19:47:25 発信元:122.102.231.42

( ゚∀゚)「だからさ、大人しく戻ってこいよ」


(  _ゝ )「あ……うっ……」


呻きながらも、兄者は剣を離さない。


( ゚∀゚)「せっかくオレが拾ってやって、育ててやってんだしさ」


ニヤケた笑い。
2人の間にこみ上げてくるのは怒り。

172:いやあ名無しってほんとにいいもんですね :2010/02/13(土) 19:50:29 発信元:122.102.231.42


(´<_` )「兄者! 恨むなよ!」


弟者が叫び、一歩退いて剣を取りに走る。


( ゚∀゚)「ほぉ。さすがオレの生徒」

(  _ゝ )「ああああああ!!」


ジョルジュは走っていく弟者を眺めながら、兄者の頭を潰そうとする。


( ゚∀゚)「戦場で孤独に生きていたお前達にオレは居場所をやった」

(´<_` )「無理矢理つれてきたの間違いだろ!」


弟者が剣を手に取り、ジョルジュへと突っ込んでいく。
左手しか使えない今ならば、どうにかなるかもしれない。
仮に、右手を使ってきたとしても、兄者が解放される。

弟者にとって、この攻撃は良い方向にしか転ばない。

174:いやあ名無しってほんとにいいもんですね :2010/02/13(土) 19:53:25 発信元:122.102.231.42

( ゚∀゚)「稽古もつけてやった」

(´<_` )「拷問だろ?!」


剣と剣が再びぶつかりあう。

ジョルジュの利き手は右だと弟者は知っている。
左手で扱われる大剣は、先ほどのような力もキレもない。


( ゚∀゚)「何故、オレから逃げる?
     敬愛すべき王に牙を向ける?」

(  _ゝ )「憎いからだよ」


呻くばかりだった兄者が言葉を紡いだ。
握られていた兄者の剣が一線を描く。

( ゚∀゚)「っちぃ!」


兄者は自分を苦しめている右手ではなく、
大剣を奮っている左手を傷つけた。

176:いやあ名無しってほんとにいいもんですね :2010/02/13(土) 19:56:29 発信元:122.102.231.42


(´<_` )「流石だな!」


左手に気を取られている隙に、弟者がジョルジュの右腕を切り落とした。


(;゚∀゚)「な、にぃ……っ」


( ´_ゝ`)「助かった。ありがとう弟者」

(´<_` )「こっちこそ」


互いに支えあい、剣を構える2人を前に、ジョルジュは混乱していた。

いくら予想外の攻撃だったとはいえ、弟者ごときに右腕をやるほど自分は弱くない。
あの瞬間、自分の体の動きが鈍かったのだ。

178:いやあ名無しってほんとにいいもんですね :2010/02/13(土) 20:02:50 発信元:122.102.231.42 [猿怖いよ!]


( ´_ゝ`)「オレ特性の痺れ薬はどうだ?」

(´<_` )「即効性だぞ」


立場が逆転した。

弱者を見下すニヤケた笑みを浮かべるのは双子の兄弟。
唇を噛み、死を間近にするのはジョルジュ。

兵士達がどうするべきかと、後ろのほうでざわついている。


( ゚∀゚)「オレに恥かかせんじゃねーぞ!」


ジョルジュが叫ぶ。
暗に手を出すなと言い、剣を構える。


( ゚∀゚)「右腕? いらねーよ」

痺れている左手で大剣を振りかざす。

( ゚∀゚)「痺れ? ハンデだろ?」

180:いやあ名無しってほんとにいいもんですね :2010/02/13(土) 20:05:50 発信元:122.102.231.42

不敵な笑みに、兄弟は背筋が凍った。


不本意ではあるが、何年もこの男と生きてきたのだ。
諦める男ではないし、弱い男でもない。

向かってくるからには、相手を殺す気でくる。


( ´_ゝ`)「さよならだ」

(´<_` )「あんたとも、この国とも……」


2人は剣を握りしめた。

ジョルジュから学んだことだ。
戦うならば、必ず殺せ。それがマナーだ。

聞いたときは、なんと凶悪な男だと思った。
けれど、ジョルジュは自分が殺される立場であっても、自論を崩さない。

ならば報いてやらねばならぬだろう。

183:いやあ名無しってほんとにいいもんですね :2010/02/13(土) 20:08:34 発信元:122.102.231.42

兄者が剣を振りかざしながらジョルジュへ向かっていく。

( ゚∀゚)「あ、まい!」

その剣を弾き、兄者を足で蹴り飛ばす。
兄者の腹を踏みつけ、弟者のほうへ目を向ける。

(´<_` )「甘いのはお前だ!」

突き刺すように剣を構えながら、とっしんしていく。
単純に向かってくるだけならば、リーチの長いジョルジュの大剣の方が有利だ。

弟者に大剣の切先を向ける。

( ´_ゝ`)「それですむとは思ってないだろうな!」

踏みつけられていた兄者が、剣をジョルジュの足に突き刺した。

( ゚∀゚)「あ……ぐっ」

足を突き刺した剣を握る兄者の腕を、ジョルジュの大剣が貫いた。

( ´_ゝ`)「――――っ」

(´<_` )「終わりだ」


兄者の腕を犠牲に、ジョルジュの大剣が封じられた。

185:いやあ名無しってほんとにいいもんですね :2010/02/13(土) 20:11:46 発信元:122.102.231.42


(  ∀ )「――――」


弟者の剣がジョルジュの体を突きぬけた。
赤い血が流れ、ジョルジュの体が崩れる。

(´<_` )「…………」

( ´_ゝ`)「……行こう」


貫かれた腕を抑えながら、兄者が先を促す。

後ろに控えている兵士達は、どのような行動をとれば、
ジョルジュの意思に一番かなっているのかと考えているようだ。


(´<_` )「ああ。そうだな」


憎かったし、嫌いだった。
それでも、ずっと一緒だった。


(  ∀ )

187:いやあ名無しってほんとにいいもんですね :2010/02/13(土) 20:14:27 発信元:122.102.231.42

殺したのは自分達なのだ。
後悔はしていない。
ただ、少しだけ虚しい。


( ´_ゝ`)「なあ、弟者」

(´<_` )「……そうだな」


アイコンタクトで全てが通じる。
2人は協力して、ジョルジュを持ち上げた。

( ´_ゝ`)「重いな」

(´<_` )「でかいからな」

引きずられていく上司の姿を、兵士達が見ている。


( ´_ゝ`)「さよなら」(´<_` )

190:いやあ名無しってほんとにいいもんですね :2010/02/13(土) 20:18:33 発信元:122.102.231.42

ボチャン。と、水の中に沈む音がした。


水は一瞬だけ赤く染まり、すぐにもとの色に戻った。


2人はそれを見届け、立ち去った。


(兵・A・)「ジョルジュ様!!」

(兵゚Д゚)「誰か! 引き上げろ!!」


そんな雑音も2人の耳には入ってこない。
2人は赤い道を作りながら、因縁の国を出た。

もう、二度とこの国に足を踏み入れることはないだろう。

193:いやあ名無しってほんとにいいもんですね :2010/02/13(土) 20:23:24 発信元:122.102.231.42

( ´_ゝ`)「まあ、ジョルジュも死んだし、あの国はもう大したことないぞ」

川 ゚ -゚)「そうか。ありがとう」

(´<_` )「まったく。幼くて可愛いオレ達をスパイにするとは……」

lw´‐ _‐ノv「何を言う。米よりも可愛いものがあるものか」

ξ゚⊿゚)ξ「あんた、ちょっと黙ってなさいよ」


今、2人がいるのはジョルジュがいた国と敵対している国の会議室。
兄者は片腕を失っていた。


(*゚ー゚)「ま、ジョルジュに対して腕一本ですんだのはラッキーよね」

( ゚д゚ )「片方は死ぬと思ってたしな」


( ´_ゝ`)そ「ええっ?! 初耳だよ!」

(´<_`;)「恐ろしい計算をされていたのだな……」

195:いやあ名無しってほんとにいいもんですね :2010/02/13(土) 20:26:41 発信元:122.102.231.42

ミセ*゚ー゚)リ「ま、まあ、結果オーライってことで。ね?」

( ´_ゝ`)「ミセリさんがそう仰るのなら!」

(´<_` )「……はぁ」


【+  】ゞ゚)「ジョルジュも、人の子だった……というわけか」

川 ゚ -゚)「どういうことだ?」

【+  】ゞ゚)「おおかた、2人に情が移ったのだろう」

ξ゚⊿゚)ξ「てか、それを狙ってたんじゃないの?」

川 ゚ -゚)「……そうだ」

(*゚ー゚) 「嘘つきー」

川;゚ -゚)「う、嘘じゃないぞ!」



( ´_ゝ`)と(´<_` )はスパイのようです

~完~
スポンサーサイト
  1. 2010/02/14(日) 21:45:10|
  2. 総合作品まとめ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<( ^ω^)は新商品を作り出すようです | ホーム | バレンタインイブのようです>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://potenta.blog13.fc2.com/tb.php/100-cdf101d8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。